結城・八尋の外食レポート

2016年12月24日 於5バル

2017/01/02 11:53 投稿

  • タグ:
  • 食レポ
  • ワイン
  • 塊肉
こんにちは、結城・八尋です。
昨年のクリスマスイブ、目論見が外れて一人になってしまったところ、友人から飲みに行かないかと誘われまして。
男二人でのクリスマスディナーと相成りました。
……さ、寂しくなんかないんですからね。

ということでやってきたのは高田馬場にある「Meet Meets 5バル」。



塊の肉と一緒にワインをガブガブ飲める、がウリのバルです。
この日は大学生と思しき集団がワイワイガヤガヤと飲んでいましたが、店内の雰囲気はしっぽりと飲むのにも適した風合い。
落ち着いた日にはデートに使うにもいいかもしれません。


クリスマスイブということで、まずはスパークリングで乾杯。
チリのラ・パルマです。


お通しはチリコンカン。小さなカップに入れられて供されますが、結構ボリュームありますね。
程よい辛味とひき肉の味わいがなかなか美味。残ったソースはポテトサラダと絡めても美味しかったです。


ポテトサラダ二種盛り。左が普通のゴーバルポテサラ、右がハーブポテサラ。
このハーブポテサラ、7種類のハーブが混ぜ込まれたかなりハーブ強めの味わいなのですが、これがなかなかに美味しい。
クミンシードと思しき種っぽい食感が嫌でなければ、頼んでみるのもありかと思います。


牛肉のアヒージョ。バゲットが添えられて出てきます。
この分厚いバゲット、ちぎって使うのですがこれにアヒージョの油を浸すと非常に美味しかったです。
アヒージョの具を乗せるのも勿論ですが、分厚いとこういう使い方もできるのがいいですね。


厚切りアンチョビポテト。
厚さ5mm程度とほんとに分厚い。ところどころにガーリックのチップも乗せられています。
アンチョビの塩味がしっかりついていて、そのままで充分ワインのつまみになりますね。


さて、本日のメインの牛肉塊。
このお店で出される牛肉は「しんたま」という一つの部位を、さらに脂の乗り具合で四つに分けているのですが、その中で一番脂が乗っている「ともさんかく」という部位を200gお願いしました。
いやー、もう脂がじゅわっと染み出てきて甘くてとろけるよう。それでいてしつこく残らないのが嬉しいところ。
非常に上質なのが食べるだけで分かります。


牛肉には薬味が付いてきます。
左から竹炭塩、わさび、ワイン塩。
右のワイン塩、最初の説明がいまいち要領を得ないものだったのでなんだか分からず、舐めてもかけても正体が掴めず、結局店員さんに話を聞いて正体が判明しました。
最初舐めた時、紫蘇のような風味を感じたのですが……後で考えたら赤ワインのタンニンだったのだろうなと思います。






あとはもう満腹になってきたということで、飲み物を追加注文。
上からチリのタクン・セレクション、ボタニカルスプモーニとサングリア、がぶ飲みワインの白です。
がぶ飲みワイン、氷を入れて出されるのですが、水が加わることでワインのもったりした重みが軽くなり、確かにぐいぐい飲めてしまいますね。
出されるにあたって銘柄の説明もあったのが好印象でした。

というあたりで今回はここまで。
二人合わせて9,000円程度と、思ったよりもお金がかからなかったかなと思います。
機会があったらもっとじっくり、別のお肉を食べに来てみたいですね。

それでは皆さん、また次の機会まで!

=============
Meet Meets 5バル 高田馬場店
住所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-15-7 03ビル1F
営業時間:ランチ/11:00~14:00 ディナー/17:00~23:00
電話番号:050-3365-5308

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事