結城・八尋の外食レポート

2016年12月14日 於福の花

2017/01/02 11:07 投稿

  • タグ:
  • 食レポ
  • 日本酒
  • 山口県
新年あけましておめでとうございます。結城・八尋です。
昨年は読者の皆さんにかなりお世話になりました。今年も一年よろしくお願いいたします。
と言いつつ昨年12月の分の記事を書いておりますが。

今回紹介するお店は、四ツ谷駅から新宿通り沿いを歩いて3分のところにある「福の花」さん。
山口県の郷土料理と山口県の地酒を数多く取り揃えている、山口県にクローズアップしたお店です。
ここのお店の瓦そばはまた絶品でして、日本酒との相性が……おっと。


本日のお通しと、山猿 特別純米。
すっとした辛味とくせのない風味が心地よく、鼻に抜ける米の香りもさわやかな感じ。
今日はいまいち体調が思わしくないので、日本酒はこの一合で抑えました。
お猪口が大きいから、一気に飲みすぎないようセーブするのが大変でした……


盛りっと揚げ芋。その名の通り、サツマイモを棒状にカットして素揚げにしたものです。
塩が振られている上で一緒にハチミツも付いてきており、そのまま食べるもよし、ハチミツに付けて食べるもよし、な一品。
このハチミツの甘さが、サツマイモの甘さによく合うんです。
日本酒との相性もなかなかいいので、一度お試しあれ。


出汁巻き玉子。いやー綺麗な表面ですこと。
テーブルの上に置かれている醤油をかけて口に入れると、玉子の旨味と醤油のコクが見事に調和して口の中に広がります。
安心して食べられる出汁巻き玉子って、こんな感じのものを言うかもしれません。


本日のメイン、長州どりの溶岩焼き。
焼き石の上にカットされた鶏肉と野菜が載せられ、傍らにはタレが二種類。味噌ベースとごま油……だったかな?
アツアツの石の上でしっかり熱せられ、脂が程よく落ちた鶏肉はまさに絶品。皮もパリッとして美味しいです。
添えられた野菜もいい具合に柔らかくなっていてホクホク。
おかわりが欲しくなりましたが、腹具合とも相談してぐっとこらえました。


〆の料理はお茶漬け。山口県の郷土料理、糂汰味噌を乗せた出汁茶漬けです。
この味噌のコクと混ぜられた魚のほぐし身の味が、出汁と絡んじんわりお腹を満たしてくれます。
名物瓦そばもいいですが、こちらもなかなか侮れない〆の一品ですね。

というところで本日はここまで。
お酒をそんなに飲んでいないので大体3,000円ほどとなりましたが、次はもうちょっと体調のいい時に来たいところです。

それでは皆さん、また次の機会まで!

============
福の花 四谷店
住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-9 三宅ビル2F営業時間:(月~金)ランチ/11:30~14:30 (月~日・祝前日)ディナー/17:00~23:30
電話番号:03-3351-0949

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事