ワラブキPのブロマガ

春日未来でもわかる!かなしほ史②(成長期)

2016/05/11 01:22 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターミリオンライブ!
  • 矢吹可奈
  • 北沢志保
  • かなしほ
  • ミリオンライブ

(春日未来は「黎明期「履修」の時点で読めないのではないか?という指摘をいくつかいただきました。申し訳ありません!黎明期の読みは「れいめいき」,スタートってことです。履修の読みは「りしゅう」,つまりこの記事を見てくれてありがとうってことです!未来ちゃん,分かったかな?)





ワラブキPです。



ではさっそく講義に入りましょう!
今日はかなしほ成長期を簡単に解説していこうと思います。
かなしほがお互いのことを思い合う関係になった「夏到来!アイドル水上運動会」までをかなしほ成長期と定義させていただき,解説をしていきますね!
(この分類だと最後の成熟期が一番長くなるかもしれないです……)









2014 3/13 大合奏!アイドルシンフォニー



『志保さん、また可奈さんと一緒にいる。なんか変わったよね…桃子も変わらないと。』


矢吹可奈といえば歌よりクラリネットが上手い(ただし魚には歌の評判が良い)と評判であるが,今回のイベントではその設定がかなしほに大きく貢献することとなる。桃子はリズム隊のリーダーとして育をはじめとした個性的なメンバーを纏める事に悪戦苦闘するのだが,そのコミュの中で上記の台詞を述べている。志保の心境が今までのイベントを通じて実際の距離に表れるようになったのだろう。

そしてまた重要なテキストとして,瑞希のコミュでは,可奈が志保に対してバイオリンを厳しく指導していたことが言及されている。同じ仲間としてちゃんと志保を見つめ時には厳しく接するという,いわば,
甘いだけでは無いかなしほを見せつけられた瞬間であり,かなしほ愛好家はまさしく瑞希の言う,
「…新鮮だな。私も、心を新たに」
という気持ちを植え付けられたのだった。かなしほの存在が他のアイドルたちの奮起を促しているところも重要なポイントであるだろう。かなしほは相乗効果なのだ。








2014 6/6 集え!NAMCOアイドルサッカーフェス2014


『志保ちゃんが、最高のタイミングでパスをくれるんですよ~!私のコト、見てくれてるんだーって。私も、志保ちゃん見てるからかなー。てへっ。』


サッカーでもかなしほジャパンは留まることを知らない。
志保は体を動かすことが苦手なため目立った活躍は出来ない一方,可奈は男子に交じってサッカーをやってたほどのサッカー好きで,ノーコンながらヤブキシュートという必殺技を持っている。
ここでも対照的な2人だが,志保は可奈がパスをしやすいところにいるところを,可奈は志保が最高のタイミングでパスをくれることそれぞれ褒めあってる。可奈曰く,
「私と志保ちゃんのシンクロ率、上昇中ですよー!」
とのこと。志保も可奈との連携で点数に貢献できたことが嬉しいようだ。可奈→志保の傾向がこの段階では高め。





2014 8/8 納涼!アイドル夏祭りin港町


『ううっ、志保ちゃんのいじわる!』


このイベントのオフショット(アイドル毎のテキストをすべて見ると,特定のキャラ3人の組み合わせで特別ストーリーが見れるというもの)は千早と志保と可奈の三人。

志保が可奈の音痴を指摘して千早が慰める,という内容だが…注目すべきなのは,可奈と志保が(千早も同伴ではあるが)一緒にカラオケに行った,という事実だろう。いつの間にかかなしほの関係はここまで進展していたのである。
しかもこのオフショットはイベントに正直関係のない内容だ。
それほどまでに運営が推したがっているかなしほに全力で乗っかっていくのが我々かなしほ愛好家である。

千早が不協和音ってほどではないとフォローしているため,実際そこまで酷いものでもなかったのかもしれない。志保が可奈の声を不協和音と称したのも,志保の冷たさ100%というわけではなく,どこか可奈をからかう志保の茶目っ気によるものも少なからずあったのではないだろうか。
可奈が千早を憧れにしてるのと同時に,志保も千早とLive The@ter Performance 04のボイスドラマで密接に絡んだため,ベクトルは違えども同じ憧れの対象と組んだという関連性も注目しておくべきだろう。






2014 8/18 矢吹可奈の誕生日

『やぶ…えっと、可奈、お誕生日おめでとう。』


ミリオンライブでは誕生日のアイドルがいると,3人のアイドルがお祝いを言い,その台詞を返すというシステムがある。2014年矢吹可奈の誕生日には,可奈の心の歌姫如月千早,劇場版繋がりの天海春香ときて我らが北沢志保である。不器用ながらも友のことを祝う姿は何とも微笑ましいものではないだろうか。



……ではあるのだが,「黎明期」の講義を受けて下さった生徒の方々はご存知かと思うが,志保が同年1月のアイドルスペースウォーズ以降,ずっと「可奈」呼びで統一されている。
……なぜ今になって「矢吹」→「可奈」呼びを誕生日にアピールしたのか?というのは結構物議を醸しだしている。

個人的な妄想ではあるが,2つの論が考えられる。
一つは志保が「可奈」呼びに統一したという事実を広く認知させる
ためではないかということだ。劇場版からミリオンライブに入った層はアイドルスペースウォーズをギリやってるかやってないかくらいのタイミングだっただろう(筆者もそうである)。そのため「矢吹さん」→「可奈」呼びというプロセス自体を知らないのだ。可奈志保美奈子以外のPでイベントそのものに触れていないPもいたのではないだろうか。
誕生日バナーはマイページを開いた瞬間誰でも目にすることになる。そこで志保が矢吹可奈と関係を強めるうえでこのような尊い経緯があったのか,と広く認知させるためにあえて持ってきたのではないか,というのが一つ目の論である。

二つは,これは「矢吹さん」と言おうとしたのではないということが挙げられる。
つまり志保が「矢文で可奈へのお祝いを伝えようとしたがやっぱり可奈に直接伝えることにしたわ」とでも言いかけて,やっぱりやめたのかもしれないということだ。


とにかく,真相は分からないが,大事なかなしほの一ページであることには変わりない。









2014 10/10 昂れ!アイドルファイト

『可奈が相手なら,何も気にすることなく戦えます。あの子なんだか,頑丈そうですし。』


前回のオフショット可奈いじり説を裏付ける証拠となるイベント。
鉄拳とのコラボで,アイドル同士が割とガチなプロレスをするという少し頭のおかしいイベントである。ここでは島原エレナの股ドヤ顔志保が注目されがちであるが,ちゃんとかなしほも織り込まれてある。
アイドルフィーリングとは別に,point獲得時にイベントのキャラが出てきて個別の台詞を言うのだが,その中に上記のものがある。


これは一応前提となる台詞がある。志保は今回ヒール役のレスラーを完璧に演じようとするのだが,対戦相手はなんと中谷育(10)。流石の志保も,
「い、育を相手にどう戦えっていうんですか!?プロデューサーさんの人でなし!はぁ、どうしよう…。」
と動揺する。
前述した可奈に対する台詞は,この台詞と対になっているのである。『頑丈そうだから』と照れ隠しするその裏には,『何も気にすることなく戦える』強い信頼が伺える。志保の可奈いじりは,可奈に対する信頼が土台となっていることがわかる。





2015 1/18 北沢志保の誕生日

『ちょ、ちょっと! また抱きついて…もうっ!』



可奈の誕生日のお返しとばかりに,志保の誕生日会話に可奈が登場。可奈はお祝いのハグをしている。アイドルスペースウォーズからの癖だろうか,可奈はプロデューサーや他のアイドルに結構な頻度で抱きついてくる。(一応キャラバンにて,寒がりであるという理由付けのようなものはある)
『また』というのはアイドルスペースウォーズのことか,それとも日常的にこうしてるのか。
かなしほハグ,是非とも映像で見たいものだ。







2015 2/10 甘ふわ♪ショコラハウス





『えへへ~、志保ちゃん、照れない照れない~。』
『て、照れてなんか…!ちょっと、可奈!べたべたするからあんまりくっつかないで!』



かなしほ愛好家に大量の砂糖を吐かせたイベントである。



年が明け誕生日などでちょこちょこかなしほは見られたものの,イベントではご無沙汰だと思っていたかなしほ愛好家の間に衝撃が走った。
チョコの甘さもなんのその,運営のかなしほ
爆撃にかなしほ愛好家はなすすべもなく溺れるほかなかった。
可奈と志保が,水着で一緒の浴槽に入り綿あめ風呂を満喫するという,想像するだけで糖尿病になりそうな甘さに
満ちたシチュエーションをぶち込んできたのである。

「志保ちゃんと体を洗いっこ~♪楽しさあふれてにっこにこ~♪ふたりそろって綿あめみたいにふわふわ~♪」

と台詞の一つ一つの破壊力が凄まじいことになっている。

また今回のかなしほの特徴として,可奈が結構志保に対して小悪魔的であるというものがある。
「わたわた
お風呂に志保ちゃんご招待~♪恥ずかしがってる理由が知りたい~♪どうして恥ずかしがってるのかな~?」
と見事な天然ジゴロっぷりを見せる。これは案外知られていない可奈の魅力の一つだったりする。
この小悪魔可奈ちゃんのスタンスが次のEHイベントにも繋がってるように見受けられる。
また志保側も,
「綿あめのお風呂…。可奈らしいといえば、そうかもしれませんね。」

と可奈の趣味に対して理解を示している。
オフショットは星梨花と可奈と志保で,上記の引用台詞もここから。「仲良し」という言葉に照れているようだ。照れるってことは,志保も少なからず可奈のことを意識してるってことだろう。






2015 3/1 北沢志保【ソウルメイト】



『このユニットで歌うの、何度目かな。ふたりと一緒だと、すごく楽しいんです。これからもずっと…一緒に、歌っていけたらと思います。』


かなしほが出会った最初の場所。アイドルユニットトーナメントの3人は紅白歌祭りを経てみたび結成し,一枚の写真となった。
といっても志保の台詞からするとどうやらこの3人で幾度となく歌っていたようである
可奈,志保,亜美の3人はいつしかお互いにかけがえのない存在となっていたようだ。
志保が見せた純粋な喜びの感情から,かなしほならぬかなしほあみの絆の貴さを我々は見たのである。また,ここで志保からの歩み寄りの片鱗が見えるのも重要なポイントの一つだ。
なお,12/18の復刻ガシャでは可奈,亜美の立ち絵も追加された。
これにより,この三人の立ち絵でユニットを組むことが可能となった。







2015 5/29 ENJOY H@MONY!!



『う…まあ、可奈のこういう態度は、慣れてるから。もう怒ってないわよ、星梨花。』


ミリオンライブ2ndライブに連動したイベントEHでは,幕間でかなしほ+星梨花の会話が見られる。
本番に向けて神経を張りつめている志保の緊張をほぐそうと,志保の脇腹を可奈がつんつんしたことで志保が激怒する。小悪魔可奈ちゃんも調子に乗りすぎたのか必死で謝る。その光景を想像するだけでニヤニヤモノなのだが,星梨花が泣きそうになることでかなしほはお互いに和解し,三人は手をつないでライブに臨む…という微笑ましい幕間が見られる。
上記の台詞からはかなしほがもつ熟年夫婦のような安心感が見てとれるだろう。これこそ,私が分類する「かなしほ成熟期」の芽吹きの瞬間といえよう。
既にこの頃になると様々なアイドルの組み合わせが存在しているが,「我らこそかなしほだ!」という重厚感をミリオンライブ2周年という機に強く見せつけられた瞬間であったといえよう。


実はこのかなしほ,1年後の3rdライブイベントに向けた壮大な伏線であった。詳細は次回のかなしほ成熟期にて。








2015 6/9 夏到来!アイドル水上運動会2015


『志保ちゃんが私のこと頼りにしてくれるなんて、あんまりないから…えへへ♪』


アイドルスペースウォーズに次ぎ,かなしほにおいて外せない転機となったイベントである。

今までのかなしほはほとんど可奈からアプローチをかけていたのだが,遂に志保側からのアプローチがかけられることとなった。遂に「しほかな」を見ることができたのだ。
水上騎馬戦の騎手となった志保は,『志保ちゃん奈奈奈』(矢吹可奈,横山奈緒,望月杏奈)を結成し,優勝を狙って奮闘する。
指揮官の志保に猪突猛進馬の可奈は非常に相性が良かったのか,見事優勝する(これを最初のアイドルユニットトーナメントの可奈と比較すると非常に感慨深い)
このイベントで志保は幕間でもワンマンプレーでは勝てないことを永吉昴に説くなど,団結の重要性を強く意識している。かなしほを始めとする多くの絆に触れ志保が大きく成長したことを示しているのだろう。

その時のオフショットの台詞が上記のものであり,志保も,
「あなたがいなくちゃ、私たちの作戦は成り立たないんだから。」
とはっきりと可奈を頼りにしてる発言をしている。

サッカーイベのようにこの可奈超助かる!とかじゃない。
可奈じゃないといけない,そう志保が言ったのである(やや曲解?だが意味は間違ってないはずだ)

可奈はそれがよっぽど嬉しかったのか,なんとイベント内の台詞は8つのうち6つが志保に関するものとなっている。
矢吹可奈が北沢志保を必要とし,北沢志保が矢吹可奈を必要とする。
かなしほが相思相愛となった記念日に多くのかなしほ愛好家は涙し祝杯を上げたのだった。







今日の講義はここまで!
明日は最終日の「かなしほ成熟期(安定期)」,結構詰め込むことになるかもしれないけど頑張ってね!
ピロシキ~





コメント

とーしば
No.2 (2016/05/12 00:45)
泣いた
ワラブキP(2代目) (著者)
No.3 (2016/05/12 19:32)
>>とーしば様
コメントありがとうございます!かなしほ史の経緯は聴くも涙語るも涙,ドラマに満ち溢れております……
運営の供給をしっかりと受け取った後,そこから先は我々の仕事です!
二人の活躍を広げていけるよう広報創作を頑張っていきましょう~
ゴリラステーキモアイ
No.4 (2018/01/14 23:44)
矢文で大草原

去年始めたと思ったらサービス終了で悲しいです
とりあえず全イベント読んできます
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事