ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

きせのんのブロマガ

需要と供給 vol.2を終えて その3

2015/09/15 20:02 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
どうも、きせのんです。

ライブの振り返り、今回は13日分です。
長いです。気を引き締めてどうぞ。


■13日について

帰宅して準備やらなにやらで寝たのが3時でしたがばっちり8時に目が覚めました。
二度寝しましたけど。
準備をして昼ごはんを考えてながらTL監視をしていると、
ろらくんが渋谷のスタバで暇している模様。
昼食を済ませ差し入れを購入してスタバへと向かったところ、
入り口でterryさんと遭遇。ろらくんとも合流して別のカフェへ。
ろら「生姜って喉にいいけど炭酸って良くないよね。ジンジャーエールだとプラマイゼロ?」
のん「蜂蜜レモンソーダもあるよ。これもプラマイゼロかな」
なんて与太話をしているとどうやら入場可能な時間になったようでぷらぷらと向かいました。
gee-geに入ると、あみ、のぶたろさん、シャネルくん、と子さん、おにーさんが到着済み。
若干遅れてじんたんさんが合流。
こちらからなにもいっていないのにバンド構成表を記入し、リハがスタート。
なにも言わなくても時間通りにリハを終えていただいて…
前日のあの慌しさはなんだったんだ。
まぁこちらの準備不足が原因ですね。反省してますよホント。
17:30に開場したはいいけれどお客様のイリがあまり芳しくないため
5分ほどスケジュール調整をいれました。
17:50あたりからどかどかと来場が増え、17:55時点で40人程度でした。
MCを済ませ、一番手シャネルくんへパス。
夜咄ディセイブで歌詞を間違ってしまったことがきっかけで少しずつミスが現れ始めました。
二曲目はまさかのR.Y.U.S.E.I。ホント楽しかった。PAさんもリハからノリノリで。
それでもステージ終了後、彼は控え室で震えていました。悔しさで。
あれが本当に印象的で。
それだけステージを真剣に捉えているんだ、
やりたいことがあって、それを実現しようとしたんだ。
きっとそれは次につながる悔しさで、
それを昇華させた素晴らしいステージをどこかで見せてくれるんだと思います。
一観客としてでもいいのでそれを見たいです。

二人目はと子さん。
事前に「MCできないですけど頑張ります」とおっしゃっていましたがなんのことはない。
我々ネタに走った関西人のように笑いをとることはなかったですが、
「ライブはコミュニケーション」という言葉は
出演陣にもお客様にもしっかりと刻まれたと思います。
そして場慣れしているな、と感じました。
動画だけで満足せずにライブに呼んで本当によかったです。

三人目はろらくん。
ろらくんだけじゃないんですが、MCの反省点として。
僕とたそだがMCで何を話すかというのはほっとんど決まっていません。
もちろん言うべきことは言いますが。
なのでだいたいその出演者とのエピソードになるんですが、
直前に話していたことなども含めるため、
出演者自身のMCの話題を奪っちゃったかも、と思うことがしばしば。
ろらくんのステージの記憶の大半はみみめめMIMIですよね。言えるようになりました。
三曲目のモザイクカケラは本当に思い入れが強い曲だったので歌ってもらえて嬉しかった…
四曲目のGood Morning, Polar Nightの作者であるyukkedoulceさんは
僕が最も好きなボカロPさんなのでこれまた嬉しかった。
ましてやあの曲難しいから自分で歌っても満足できないんで…

休憩です。許してください。ごめんなさい。放送で話します。
でも会場の雰囲気は良くなったでしょ?次回はまた別のゲームやりたいなぁ。

休憩明けの四番手はじんたんさん。
リハではがっちがちに緊張していた彼女ですが、
本番前に「靴脱いで歌っても大丈夫ですか」と聞かれ
(なんのこっちゃ)と思っていましたが
「普段と同じスタイルで」ということだったんですね。
リハより断然うまかったですね。
たぶん次どこかのライブに出られる際はまた上手くなっているんじゃないかな。
話してみると芯の強そうな雰囲気を感じさせる彼女、
北海道から関東へ出てこられたことですし今後露出が増えていけばいいな、
そのたびに成長したパフォーマンスになるといいな、と思います。

五人目はterryさん。
前回に引き続き、トリ前でした。
まずなにより選曲がいい。ニコ系のライブにしては年齢層が高めな出演陣にはたまりません。
リハ中もろら、電ぽ、僕が合わせてハモったりして遊んでいましたが、
思わず一緒に歌いたくなる雰囲気でした。
出番以外でも見知ったメンバーが多かったためか、
前回よりも気さくな対応になっていました。
すごく嬉しいです。
電ぽが本番前にterryさんをライブに誘ったりしていましたが、
別にterryさんは需要と供給専属、というわけでもないので
この先もっと大きな舞台であの歌声が聴けるといいな、と思っております。ファンなので。
最後、大トリを飾るのは安海ひつじ。
今回はサポートにのぶたろ氏を呼んでのパフォーマンスでした。
うまいのなんのって。下手したら過去見た中で最高の出来かもしれません。
「もういいよ」は本当に初めて聞いて以来ずっとはまっています。
彼女が言っていたように僕自身が根暗で、
親に言わせれば「世界を憎んで生きている」らしいですが
そういう自分のもつ「罪の意識」やら「疲れ」に対して「許容」してくれる曲なんです。
「夢」も好きですがあれは安海ひつじが歌う夢が好きなのであって、
自分で歌うとどこか違うんですよね。
「もういいよ」はいつか自分で自分に向けて歌ってみたいなぁ。

全パフォーマンスが終了して締めのMC。
あれはちょっとずるかったな、と反省しています。
出演者への対価はもちろん、スタッフに対してねぎらいは当然アリですが、
「次への期待」を上乗せてしてもらうのは違いましたね。
でもそのおかげで黒字になりました。責任を負ったと受け止め、頑張ります。

これにて2日間の感想は終了です。最後はきせのんの思いをつらつらと書きます。

では。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事