ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

きせのんのブロマガ

需要と供給 vol.2を終えて その1

2015/09/15 19:57 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
どうも、きせのんです。

収支報告は読まれましたか。
まだの方は読んでから来てください。

はい。
なんとか次回に繋げられそうですね…

まずはご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
皆様からいただいた評価を出演者、スタッフ一同しかと受け止めさせていただきました。

感想については
・ライブ前日まで
・12日
・13日
・全体を通して
の四記事にまとめる予定です。
たぶん非常に長くなりますのでさらーっと読み流しつつ、
「あぁ、こいつこんなこと考えてたんだな」と思っていただけると幸いです。

それでは始めていきましょう。


ライブ前

ぼんやりと「次のライブいつやろうか」と考え始めたのが
2014年末、つまり第一回が終わるや否やの頃だったと思います。
もちろんどこで誰を呼んでどんな内容で、ってのは全くの未定でしたが。
第一回の打ち上げの解散間際に出演陣から
「次があるなら出演を前向きに検討したい」と言ってもらっていたこともあり、
個人的に好きなパフォーマーでもあることから全員呼びたいという思いはありました。
しかし全く同じメンツだと僕自身はともかく
出演者間の横のつながりが増えないというデメリットが浮かびました。
それに前回誘って予定が合わなかった方にも声をかけたい、とのことで
出演枠を5,6枠と考えたとき全く絞りきれませんでした。
そんな中、確か安海ひつじとの通話中だったかな、
「2daysとか面白くね?」と適当な発言をしたところ、
思いのほか感触が良く、またその方向で検討を始めるとスムーズに構想が固まり始めました。
確かこれが2015年2月あたりだったかな…で、そこからは箱探しでした。
条件はキャパが100程度、
オケライブも楽器使用(ギター、ピアノ)ができて、
アクセスがよいところ。都内。
僕自身都内のライブハウス事情に明るくないため、
友人であり今回の出演者兼スタッフである電ぽなどに相談しつつ、
今回使用させていただいた渋谷gee-geさんを選択しました。
日付を9月12日-13日としたのは、あまりしっかりした理由はなくて、
前回クリスマスというイベント直前にやって集客に若干響いたので
シルバーウィークは避けたいな、くらいの気持ちでした。
くそ暑い8月にライブハウスに行きたくないし
10月だと下半期に入って仕事が忙しくなるのが目に見えていたこともありますが。
日程が決まってからは出演者集めでした。
まず前回の出演陣に声をかけたところ、
sacle(業務都合のため辞退)以外から快諾をいただけましたので5枠分決定。
残り7枠は本当に苦労しました。
MCでも触れましたが自分の引き出しの少なさったら…
方々の数少ない友人を頼り、「オススメはいないか」と聞きまくりました。
その一方で前回別ライブの都合でお断りをうけたアルティメット・ハイさんにも声をかけ、
深夜DMで承諾いただいたときは喜びで気持ち悪い動きをしていました。
電ぽ主催のライブに足を運び、泣ユたさんに声をかけたり、
同じライブで見かけたSurfさんにDMを送り、
安海ひつじの紹介で陽蒼空さんに声をかけたり。

出演者ひとりひとりについてエピソードがありますがここでは割愛。放送で話そうかな。
意外と困ったのがスタッフ集め。
僕自身がMCをやる以上、少なくとも1人は必要でした。
しかし前回お願いしたきのころいどがまさかの妊娠。
出産予定が9月末から10月と聞いていたのでどう考えても無理。
そこでgee-geに詳しい電ぽや会計に明るいマンディをスタッフとして召喚しました。
そこからはクロスフェード動画を作ったり、告知枠をしたり、集客したり。
集客自体も思うように伸びず、前回同様難しさを感じていました。
お盆前の時点で友人から心配されるほど…
そんななか異常なまでの集客力を見せたのが電ぽと安海ひつじの両名。
電ぽ「1位目指してるから。集客も。評価額も」
安海ひつじ「前回関西であんまり呼べなかったから今回頑張るね」
とか言っていたような…たぶん。
Surfさんやterryさんは淡々と数を増やしていましたね。
アルハイさんは8月26日時点で4枚だったのに
「やっべ!俺すっくね!頑張ります!」から始まり、
あれよあれよとその枚数を増やしていかれました。
そんなこんなで初日が完売(というかオーバー)、
2日目は残席4まで予約数を確保できました。
ちなみに僕は9月10日(木)に仕事を早上がり、
20時前に出発し1時に関東入りという気合の入れっぷりでした。

前日までの感想はこの程度で。
ここに書かなかった話や思い出しきれていない話題については放送にて。

では。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事