リョウタのダストシュート

ミリクロ回想日記:篠宮可憐にエレガントミズギを(前編)【ミリシタ】

2020/11/15 18:00 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターミリオンライブ!
  • 篠宮可憐
  • ミリクロ
  • シアターデイズ
  • ミリシタ

この記事は、アプリゲーム「アイドルマスターミリオンライブ!シアターデイズ」(ミリシタ)にて昨年11月に開催された投票イベント「MILLION LIVE CLOSET!」(ミリクロ)について、当時の行動や感想を思い出しつつ、日記の体裁で綴ったものです。

2019年11月13日

今日、ニコニコ生放送でミリクロが発表された。アイドルに着てもらう衣装を5種類の中から投票によって決める企画なのだが……担当の篠宮可憐にどうしても着せたい! と思うものは特にないな……まあ、ワンピース・チャイナ・水着は着ているカードがあるし、ウェイトレスに近いメイド服のカードもある(かつて配信されていたGREE版ミリオンライブ、通称グリマスにのみあったものを含む)から、選ぶとすればセクシースパイかな。

そもそも開催はまだ何週間か先だろうし、本腰を入れて考えるのはまだ先でいいだろう。

11月16日

全く予想外なことに、早くもミリクロが開幕した。公式ブログでも記事が上がっている→BLOG│THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト (idolmaster.jp)
今の状況は、

・プリティウェイトレス、セクシースパイが1位のアイドルはそれぞれ数名

・その他のアイドルの約3分の2はピュアワンピース、約3分の1はフレッシュチャイナが1位(目算)

といったところ。その中で、可憐についてもワンピースが1位だが……それがベストの選択だとは私には思えない。

元々ミリクロ開催が発表された時から、投票形式のリアルイベントということで、THE@TER ACTIVITIES , BOOST! , CHALLENGE!! と続いてきたキャスティング投票を私は連想していた。グリマス時代のTAでは可憐は役を勝ち取ることができたものの、以降のTB,TCでは残念ながら存在感を示すことができなかった。

もう一つ、衣装を決める企画と聞いて連想したものに、グリマス時代から存在する可憐のセリフがある。

「同じ衣装で並ぶと、地味な私なんて埋もれちゃいますよね……?」

こうした連想から進んで、一番希少な衣装を着せることで可憐の注目度を上げたい、という心持ちに私はなっている。

それでは、選んでいるプロデューサーが少ないという点でワンピの対極に位置する衣装は何かといえば……それこそがエレガントミズギだ。なにしろこの初動の時点では、真美陣営がチャイナとミズギとで拮抗しているのを除けば、ミズギが当選圏内にある陣営は皆無といっていいレベルだから。

また、可憐自身との相性を考えても、この衣装はかなり適しているのではないか。可憐の上品な所作はエレガントと言うにふさわしいし、グリマス時代のカード群が示すように、水着を着れば可憐のプロポーションの良さがさらによく映える。

こうしたことを踏まえて、私は「可憐にエレガントミズギを着せること」をミリクロの目標に定めた。

さて、ゴールは決まったのだから、あとはそこに向けて進んでいくわけだが、今重要なのは明日17日(日)の15時という時刻。そこでガシャが更新され、「企画書100枚付きSSRマスターピース付き10連ガシャ」が利用できるようになるのだから(ついでに、1日1回60ジュエルガシャにも企画書1通が付く)。なにしろそれまでに獲得できる企画書(投票券)は、ログインボーナスとデイリーミッション達成報酬をそれぞれ2日分で、合計たったの6枚。文字通り桁違いの企画書が供給される前に、急いで広く宣伝をして、できるだけ多くの人をミズギ派に引き込んでおく必要がある。

とはいうものの、実際私はそこまで大したことはできていない。

①篠宮可憐コンベンションセンターに以下のような提案を書き込んだ。

「ちょっと待ってください。あえて珍しい衣装を選ぶことで、可憐の注目度を上げるという方法はどうでしょうか。要するに、ミズギだ!」

上述の自分の方針を示したわけだが、この書き込みはあまり注目されなかった。

(後日の視点から思えば、結論だけでなく、そこに至った理由をよく述べて他の可憐Pに丁寧に訴えなければならなかった……。また、この書き込みは豊川風花によく掛けられる「よし、水着だ」というコメントを意識したものだったが、奇しくもその風花の投票はこの後、ミリクロの中で最も白熱した様相を呈することとなった)

②「エレガントな可憐にエレガントミズギを!」というスローガンをゲーム内のプロフィールコメントに掲げ、同僚さん全員にフラスタを配って回った。

③同僚さんの中で、プロフコメでミリクロに言及している可憐Pの方が2人いたのでダイマをしてみた。うち1人はミズギ派になってくれた。もう1人はワンピ派を譲らなかったものの、これをきっかけに色々な話題について楽しく文通することができた。

④可憐のエレガントさが感じられるようなMVのスクショをツイッターに上げた。

こんな些細な活動でも、成果につながってくれればいいのだが……。

11月17日

今日は激動の一日だった。

まず行ったのは昨日の活動の続き。

⑤昨日のスクショツイートをRTするとともに、可憐が次回の水着の仕事に向けた意気込みを語るコミュのスクショを撮ってツイートした。

⑥エレガントミズギは、PS3用ソフト「ワンフォーオール」に存在した衣装「アビサルマジェスティ」によく似たデザインなのでは? と仮説を立て、デザイナーさんのツイートを検索&リツイートした。

このようにちまちまと活動していたわけだが、ここで驚くべき追い風が吹いた。グリマス時代からこの界隈にいる、ある同人作家さんが私のツイートを目に留め、RTしてくれたのだ! これは間違いなく、非常に大きな助けになった。

(1月18日現在――この時にこの記事を書こうとして一度挫折したのである――自分のツイートの下方にある棒グラフを描いたボタンからツイートアナリティクスを表示してみると、投票期間中の私のツイートが見られた回数は基本的に300回弱といったところで、多くても600回程度。それがかの作家さんがRTしてくれたものとなると、2000回~3000回強まで跳ね上がる)

そうこうするうちに、とうとう時計が節目の15時を指した。それを見るや私は企画書&マスピ付きガシャと60ガシャを回し、直後に手持ちの104通を「篠宮可憐 エレガントミズギ」に投票した。TCの頃この界隈で何度も叫ばれた、いわゆる「おブッパ」である。

自分のメモによれば、15時4分時点では可憐の枠で1位だったのはピュアワンピースであり、得票率は45%。対して水着の得票率はわずか9.2%だった。それが私が投票を終えた15時5分になると、ミズギが一気に15.2%まで上昇し、ワンピが42%までダウンするという状況に。

この後しばらくは野暮用で票の推移を見られなかったのだが、16時56分に再度確認すると、ワンピ27%、ミズギ25.1%まで差が詰まっていた!

しかし意外なことに、19時25分に見ると、なんとセクシースパイが30.2%の得票率で1位に躍り出る一方、ワンピは28.4%、ミズギは18.6%まで後退する状況に。これを見て一瞬だけ私には迷いが生じた。そもそもミズギを推し始めた理由は可憐にレアな衣装を着せたいという思いなのだから、スパイであってもその目的は達せられるのではないか。スパイが1位になりそうならば、口実を付けてその勝ち馬に乗る方が得策ではないかと。

しかし先述したように、私のダイマを受けてミズギ派になってくれた人がいる。私からは確認できなくても、私のツイート等を見てミズギに投票してくれた人もきっといる。ここで私が乗り換えては、その人たちを放り出すことになる……やはり初志貫徹、ミズギ推しに全力を尽くすことにしよう。

11月18日

プラチナスターツアー「Cherry Colored Love」が開幕した。新キャラクター・セクシービーストのセクシーオーラで突風が吹くなど、コミュは尖り気味だが、歌とMVは年長の2人ならではのムードがあってとても良い。ミリクロ共々楽しむことにしよう。

一方そのミリクロは、23時5分時点でワンピが1位(28.1%)、ミズギが2位(26.3%)に復帰している。スパイは3位(18.3%)までダウン。

(それにしても、この時はメインコミュとソロ曲の実装、それに連動したガシャの開催という形であずささんが強力にフィーチャーされていたのだが、ほぼ1年が経過した今も同様の状況になっているのは、運営の計らいを感じずにはいられない。しかもあずささんが2度目のソロ曲で立つステージは、1年前にこのみや莉緒、詩花が立ったクラブミリオンである。)

11月19日

やった! エレガントミズギが、とうとう可憐の枠の1位まで上昇した!
あまりにも当然だが、この状況は私一人の力によるものではない。先述の作家さんが目に留めてくれたこともそうだが、私の行動など何ら関係なく、ミズギのデザインを想像し、素敵なイラストを仕上げた何人もの絵師さんの力だってあるのだ。投票してくれた方は、むしろその経路で来た人が多かったとしてもおかしくないな……。

とはいえ、23時17分現在、ミズギは32.4%、追走するワンピは30.8%と、まだまだ簡単にひっくり返る差でしかないし、投票期間もまだ半分も過ぎていない。

むしろここからが、この投票で肝心になるという予感を覚えている。
(後編に続きます→ミリクロ回想日記:篠宮可憐にエレガントミズギを(後編)【ミリシタ】:リョウタのダストシュート - ブロマガ (nicovideo.jp)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事