有栖川研究室。

仁王はなぜパクリと蔑まれるか。

2017/04/08 23:25 投稿

コメント:17

  • タグ:
  • 仁王
  • てちゅがく
  • 硬派厨
  • 意識高い系
なぜ仁王はパクリ呼ばわりされるのか考えていきたい。

実際のところ、パクリで終わらせられない
十分に良い部分があり、
むしろダークソウル3より
仁王のほうがマップ探索は面白いし
雑魚戦が本当に楽しい(しかしボス戦は明らかにソウルの方が上だ)。
(ザコ戦に関する考察はこちら。)

そうではあるけれども、ここでは「パクリである」と
レッテルを貼られるに十分な理由を考えていきたい。

デモンズの新規性
デモンズソウルの特徴の一つとして「死んで覚える」ことがある。
だがこれはデモンズソウルが初出の事柄ではない。
またもう一つの特徴として、そのアイテム配置や隠し道、敵の配置がある。
敵の配置は何を参考にしているか分からないが
アイテム配置や隠し道はFFにかなり近い。

何を言いたいかというと、デモンズも面白い要素の寄せ集めであり
パクってきたものであるということだ。
しかしながらデモンズは~のパクリだ、ということは言われない。
デモンズを新規たらしめているのは
それを上手に組み合わせた点だ。
羽生 そんなことが! 僕は、世の中のアイデアの大部分は「過去に存在するものの、従来になかった組み合わせ」なんじゃないかと思いますね。

【第1回 羽生善治さん×濱口秀司さん対談】喜怒哀楽の感情は思考やアイデアにどう影響するのか

組み合わせをパクっている
海外大手Wiki である Fextralife では、サイト主FEXELEAが考察をしている。
「仁王がダークソウルのパクリではない理由」
Why Nioh Is Not A Dark Souls Clone
仁王がソウルシリーズとどう違っているか
・・・
「高難易度である」ことがソウルコピーであると考えるかもしれない。
しかしそれはNINJA GAIDENシリーズの特徴であり、
ソウルシリーズよりずっと前からあるものだ。
経験値を死んだ場所で取り戻すことがソウルの特徴だと言うかもしれない。
しかしそれもディアブロ以来の主流であり、これもソウルに先立つものだ。
・・・

仁王とソウルシリーズの決定的な差異リスト
1. 固定キャラクター、固定ストーリー、固定の展開。
エンディングもストーリーも1つしかなく、「関ヶ原の戦い」という史実に基づいている。
2. ストーリーが明文化されている。アイテムの表記の中に隠されていない。
・・・
ソウルシリーズには新規性がない、と要素を羅列している。
だが問おう。
その要素をすべて組み合わせた作品はデモンズ以外にあったのか?と。
それを組み合わせられたのがデモンズであり、
他にも同じように組み合わせられた作品がもしあったとしたら
それは「その作品をデモンズがパクった」と言えるだろう。

そして「仁王はソウルシリーズをパクった」と言えることも、ここから分かる。
仁王はソウルと同じように同じ要素を組み合わせたものだからだ。

物語の欠如
また、もう一つ「パクリ」と蔑まれる要因がある。
それは作品の魂だ。
ソウルは、どんな作品にしたいか、世界を作りたいかという
宮崎の目指す方向性がある。
それは宮崎独自のもので、宮崎にしか作れない世界観だ。

仁王はどうだろうか。
仁王は何か独自の世界を作りたかったのか。
違うな。
仁王は「和風ダークソウル」を目指した。
全く新しい、作者が心から作りたいと願う独自の世界観じゃない。

FEXは仁王がソウルと違う点として
ストーリーが固定であり、明文化されていることを挙げているが
むしろこれはソウルに劣る点だろう。
戦闘やマップ、アイテムの配置、敵の配置は形式的に真似をすることができた。
ただそれだけだ。
それを超えて、独自の、新規性のある物語が存在しない。
ダークソウルの形式的な面白さを「パクった」だけにとどまっている。
単なるコピーではなく、「伸張/拡張(Extention)」ではあるのだけど。

ソルトアンドサンクチュアリはその点違っているように思う。
自身のサンクチュアリを築く、という一文だけでその世界観に惹きこまれる。
ダークソウルのゲーム性を借りて、自身のゲームとして昇華させている。
仁王は自身のゲームではなく、そのゲーム性を深化させた。
そのゲーム性はもちろん賞賛すべきところであり、仁王の価値であるのだが
それにとどまっているために誹りを免れないと言える。

単純に知名度や、時間経過による標準化
スーパーファミコンと PlayStation のコントローラーを考えよう。
十字キー+ABXY 4つのボタン。
明らかにパクリだ。
当時としては自分の中に「PSのコントローラーはSFCのパクリ」意識があった。
今となってはPSのほうが知名度やシェアで上だ。(たぶん)
そのせいでPSの方がむしろスタンダードという意識が強く
今となっては過去の「パクリ」意識は全くない。

時間が経って、SFCやPSなどの区別より
コントローラーとはそういう物だと固定化された気もする。
これが"標準"であって、標準にのっとって作るのはパクリではない。
RPGの基本、「敵を倒して経験値を得てボスを倒す」という流れが"標準"であって
それを初めて作ったのが誰かなんて気にしない。

デモンズソウルは、標準化するにはまだ早い
今ソウルライクなゲームとして色々出てきているのは
その標準化への道の途中にあるのかもしれない。
SFCを真似して色々なゲーム機が出てきたように
デモンズソウルを真似して色々なゲームが出てきている。
そして、うまくいけば、今後デモンズソウルが"標準"になるかもしれない。
http://dengekionline.com/elem/000/001/523/1523637/

――本作を作るうえで他の“死にゲー”は参考にされていますか?

 大成功を収めているタイトルなので、もちろん意識しています。そのジャンルに我々が挑んで、どのような結果を出せるのか、考えました。
仁王の安田文彦ディレクターは「ジャンル」と言っているが
まだジャンルと言えるほど古典化していないのではないだろうか。


蛇足:

面白ければいいのか

仁王はダークソウル3より面白い。
だが、プレイが面白ければそれで良しとは言えない。
「品」が必要だ。
宮崎の「教養」から来るダークソウルの世界観は上品だ。

仁王は、と考えると一つ気になることがある。
血刀塚に出てくる「Jozunweinn(ヨツンヴァイン)」だ。
血刀塚に「シブサワコウ」は良い。
「おのれ邪鬼王」も良い。
だが「ヨツンヴァイン」はダメだ。
これが面白いと思うのって、幼稚じゃないか?
(それとも僕がこれを面白いと思えないのがおかしいのかな?)

いくらゲームが面白くても、ストーリーやその他テキストで一気に価値が落ちる。
まだ本当に一部であって、全然大きくはないから良いけれど
これが全体にしみ出てくるようだと、僕はもう絶対に買わない。
こういう点もあって、仁王はキッズが多いんだろうなぁ、
キッズ向けなんだろうなぁと思う。

唐突にファイアーエムブレムの話になるけれど
ファイアーエムブレムも、加賀昭三の教養に基づくストーリーがあってこそだった。
加賀のFEはゲームバランスはある意味悪く、
剣槍斧とある中で、斧が非常に弱い。
序盤のザコ敵・蛮族の持つ武器が斧で、味方には斧使いがいない。
それでもストーリーは深く、感慨がある。

加賀が去った今のファイアーエムブレムは、非常にバランスが良く
マップや戦術システムも加賀が作ったものより面白い。
だが次回作は僕はもう絶対に買わない。
出てくるキャラクターが男の娘、腐女子であったり
「ブノワがくしゃみをすると火山が噴火する」などイチローコピペ。
ネットに毒された中学生が作ったかのような設定、文章。
そして、結婚してタッチペンでキャラの顔を撫でまわす。
わざと?
わざとでもそんなものを入れる下品さに驚く。
このファイアーエムブレムの対比が
仁王とダークソウルにそっくりで、仁王もそうなるのだろうなと思ってしまう。

仁王はこうした作品の品・質という点でダークソウルに敵うことはないだろうな。


PUBG と Fortnite という同様のパクリ問題について。
http://jp.gamesindustry.biz/article/1806/18060601/
最終的に,成功したゲームをコピーしようとするデベロッパが突然現れたときに
どうしたらいいのかの対しては非常に単純な答え
―すべてを満足させるものではないかもしれないが― になる。
それを競争相手として扱うことだ。

もしあなたがピザ屋を開いて順調にやっていたとしよう。
その近くに誰かがピザ屋を開いたとしても,
その町でピザを売るというアイデアは自分のものだと
裁判官を説得したりはしないだろう。
競争するだけだ。

あなたはよくやっており,オリジナルかつ最高であることを下取りしてもらい,
同じコンセプトを採用した者が出てきても,
思いのままにツールを使ってゲームを成功に導いている。
ほとんどの場合,クローンを作ろうとするような奴は劣化コピーになる。
先行者利益は大きく,裁判沙汰にするよりも
自らの競争力で解決すべきものである。
引用した以外の部分でも面白いことが書かれていますね。
法律による線引きでどこまでパクリとできるかが難しいとか
ゲームの基盤となる部分を特許と認めるとゲームの発展を大きく阻害するとか。
結論の「市場が決める」というのも、いいですね。

コメント

A.
No.20 (2019/11/13 07:30)
パクリだから言われるんだよ。パクリばっかりだったら新しいものは生まれない。
仁王だけじゃなくて、スクエニに対しても思うんだけど、パクったくせに、自分達が作りました!みたいな感じが嫌。ダークソウルの影響をうけましたっていってゲームだしてる外国人は自分は好きですよ。オマージュとパクリは違う。パクりは盗作だよ。自分にオリジナルの創造力がありませんていってるみたいなもん。
尊敬してるから真似したっていうならよくわかるけど。

パクるのはいいけどってよく聞くけど、そういう人達って、日本のドラえもんやおやつがパクられてもいいんですよね?(実際パクられてます)
日本人の画家が外国人の絵をパクって作品として出してたのをニュースでやってましたけど、そういうのもいいって思うんですよね?
小さい頃から三國無双やFFで遊んでたのに、まさか盗作するとは思ってなかった。幻滅。オマージュだったらよかったのに。
ゲスト
No.21 (2020/03/18 21:48)
仁王はパクリゲー、つまりクソゲー。 これだけで仁王についての全てが語れるね。
さん
No.23 (2020/07/30 02:41)
>>20
結局そういう感じで、どこがパクリなのか言えない辺りがダメなんじゃないの?
FFがどうの言ってるけどDQとかパクりの塊みたいなものだけど昔からあるから許してるでしょ?君
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事