おっさんのちょっと聞いてや!

配信のビットレートはいくつが最適か?

2016/04/08 09:06 投稿

  • タグ:
  • 配信
  • ニコ生
  • 配信設定
今は配信ブームと言っても過言ではないくらいに配信サイトが多数存在します

そのどれもがそれぞれ特徴があり一長一短

配信者が配信するときに設定で悩むのはやはりビットレートだと思う

「ニコ生」のように上限が決まっていれば決められた範囲で設定するのである程度の定番の数値がある

では、その他の外部ではどうか?

他サイトは明確な上限がない所が多い

そこでやってしまいがちなのが

とりあえず

高いビットレート

にしちゃう!

一概にダメではないけどそれぞれのメリットとデメリットを知っていて欲しい

まず

高くした場合
メリット
①画質が良い

…だけである

デメリット
①通信データが大きいので回線の弱い人はptptになる

②モバイル環境からの視聴はすぐに制限に引っ掛かるので避けられやすい

③限定数の視聴者しか集まらない

④ラグが生じやすい

になる

少しでも多く人に見て欲しいはずの配信の入り口が高く設定したことで狭き門になる

この点では「ニコ生」はどの環境でも視聴できる数値になっているので安心できる

でも、やっぱり画質はそんなに落としたくない!高画質が良い!

そんな方に是非お奨めしたいのが

配信ツールの設定をいぢる

これだ

例えある程度ビットレートを落としても画質を安定させることが出来る

例えるならキャンパスを画面、液体をビットレートとしよう

設定をいぢってないのが

キャンパスにジョウロを使って塗り潰している

のに対して

設定をいぢっているのが

ローラーで丁寧に塗り潰しているイメージ

同じキャンパスを塗り潰すのにどちらが液体を節約して塗り潰せるか分かるはず!

それだけ設定で雲泥の差がでる

現に「ニコ生」の限られたビットレートでもかなりの高画質で配信してる人達がいるのが証拠

ここでは本当に少ないビットレートで配信をやっているので設定の改良などが常に行われてそれを公開してる人達もいる

先人になる「ニコ生」の設定を自分の環境に改良して色んな人が視聴できる高画質配信を目指した方がいいと個人的にだけど思ったりする



じゃあどこをいぢればいいの?となると思う

XsplitやOBSならプリセットを触る!

これだ!

検索したら想像以上に色んなプリセットが出てくるので有効活用して人気配信者を目指して欲しい!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事