Shuo のコメント

Shuo
No.1 (2019/12/09 06:14)
自分が最初に勘付いたのはPrelude視聴後に継弓の事前紹介のブロマガ読み返した時でした

茜に向かって使用した〈拳銃〉、怪盗に扮するための〈変装〉、その他〈鍵開け〉〈忍び歩き〉等怪盗なら持ってそうな技能各種、とウィッチの想定される技能構成と一致しそうな部分が多かった点
紹介でも「シーフというかニンジャ」「キャラ設定そのものはこいつが一番ぶっ飛んでる」とかなりストレートにほのめかしてる部分もありましたし

例が出てますが主人公カップルの片方が探偵でもう片方が怪盗とか多分普通にありそうな設定ですし「正体不明」の妖怪ぬえが「正体不明」の怪盗を演じるのも自然な話

そう仮定するとPrelude前半部も、相川先生無断でバイトの予約を入れる(=無断でウィッチの犯行予告を出す)→菖蒲がその情報を入手→対決へ、という流れだったんじゃないかと解釈できましたし、対決から逃げる時も大事な茜に弾を当ててしまって今まで饒舌だったのが焦って口上も述べずに退散してしまったととれました

この推理の問題は「どうやってPLの一人が同じテーブルの他PL5人に隠れてNPCを演じるか?」という点だったのですが、もしかして最初から知っている設定だったのですか?

長文失礼

このコメントは以下の記事についています