Wispのブロマガ

けものフレンズ2の感想「第5回」

2019/07/14 19:10 投稿

  • タグ:
  • けものフレンズ
  • けものフレンズ2
  • アニメ
  • 雑記
  • 感想
動画も一段落したのでこっちも再開。

というわけで今回も注意点。

今回の感想などは5話放映当時に書き留めていたもので、
以降の話が放映前のためその情報などが含まれていません。



#05ひとのちから

いやいやまさかの「かばんちゃん」登場。
しかもなんか大人っぽくなってるし。

フレンズは成長しないはずなので1期の最後で
ヒトに戻ってからしばらく過ごしたってことだよね?

現在はどうなんだろう?

今までの会話の様子とか、周りの雰囲気からすると
かばんちゃんの成長から推察できる以上の時間が経過してるように感じるので
今回登場したかばんちゃんも今はフレンズの状態なのかな。


あともう1つ大きな点。

1話で登場した影の正体が判明しましたね。
あのシーンでキュルルちゃんの瞳にトラ柄が写っていましたし
「アムールトラ」で間違いないでしょう。

しかし、唸り声をあげて黒いオーラを纏い手かせをはめてる様子からして
普通のフレンズではない模様。

しかも火のついた紙飛行機を「追っていった」という
1期の黒いセルリアンを思い出させるような行動。

なんだろう?
フレンズの姿をしたセルリアンはアプリ版にいたし1期でも会話に出てきたけど
セルリアン化したフレンズみたいなのは今までになかった要素だよね…
っと思ったけど、これもアプリ版に「ガオガオ病」ってのがあった!!

感染すると喋れなくなって徐々に理性も失っていくというもの。

これ、アムールトラの様子に合致しない?

あと、アプリ版で思い出したけど、アムールトラってリデザインされてるんですよね。
前デザインの時には火の輪を持ったサーカスのトラ的なデザインでした。

火を見て追いかけたのはもしかしたら
「サーカスで調教されたトラの習性」を表してたのかも。

今回の話のキーワードで出てきた「ヒトは動物を思いのままに操ろうとした」
ってのもサーカスの猛獣ショーとか、3話で出てきたイルカ、アシカショーとか
そういうのを指してるワードだったり?

けもフレ2のストーリーのバックボーンには「人と獣の関係」みたいなものがある気がする。

1期では「ヒトも動物の一種」として描いてたけど
2期では「ヒトを自然界の一員に含まない」っていう考えを元に作られてるのかな。

キュルルちゃんの「ボクはケモノじゃないよ」っていうセリフも
それを表してたように感じる。


いやー、次回はかばんちゃんが本格的にストーリーの関わってきそうなので楽しみです。

っと、ここで終わったらちょっと寂しい。
今回登場した他のフレンズなどにも触れていきます。


まず気になったのがラッキービースト。

キュルルちゃん達の会話に自然に参加してましたね。
もうちょっと詳しく言うと、カラカルの問いに自然に答えてましたね。

1期では通常時はフレンズの言葉には全く反応せず
かばんちゃんが聞き直してたシーンがありましたが
2期ではそういう事って今までなかったよね。

無視って良い印象じゃないですから、お客さんがいるときは
状況によってフレンズとも会話するようになってるのかも。


今回登場のフレンズ、ヒョウとクロヒョウ姉妹&イリエワニ、メガネカイマン。
日本だとアリゲーターもクロコダイルも「ワニ」でくくられてますよね。
生息してないからかな。

ヒョウもデザイン変わりましたね。
自分の知ってるヒョウはボブカットでしたが、今回登場したヒョウは
妹のクロヒョウにデザインを寄せた形に。

どっちかといえばこっちのほうが好き。

この4人、今までにないくらい争い合うフレンズでしたね。
野生だとワニとヒョウって食ったり食われたりの仲だって聞いたことありますし
群れで生活する動物じゃないですし、あの縄張りの近さも相まって喧嘩になるんでしょうね。

で、この4人を群れの仲間として治めようとする親分の「ゴリラ」。

このゴリラ、すごくいいデザインですよね。
しっぽとか耳とか模様とか動物を象徴するアイコンがあまりないですが
特徴をしっかりととらえてフレンズのデザインに落とし込んでる点。
すごい。

しかもタンクトップとパンツは白。
これは群れのリーダーであるシルバーバックを表してるものですね。

デザインといえばワニの2人も良かったですねぇ。
どこがとは言いませんが。


「強さ、怖さ」で仲間をまとめようとするゴリラですが
自然界じゃヒョウに狩られることもあるそうで、そこらへんもあって
ヒトのは怖い生き物だと言ってその威を借りてたのかな?

4人を統率して争いをやめさせたいゴリラ
相手を支配下において縄張りを自分たちのものにしたいヒョウとワニ。

それぞれ「人が動物を操れた」という情報を知り
キュルルちゃんからその方法を聞き出そうとしてたわけですが
人が動物を操る方法としてパッと思いつくのが
3話のときに書いた「ごほうびとその行動が楽しいものだと教える」方法。
あとは今回の「人は怖い生き物だと教える」方法ですね。

「従わないと罰を受ける」という調教は昔から行われて
最近じゃあーだこーだと風当たりが強くなってますね。

先に書いた「人と獣の関係」をストーリーに織り込むなら
ここら辺の表現は欠かせないテーマの1つでしょう。

いやあ、思いのほか重たいところに切り込んでいこうとしてるね。



今回はストーリー上重要であろう情報が盛りだくさん
かばんちゃんも登場したし、ストーリーの主題も見えてきて
これからの展開も目が離せません。



今回のお気に入りのシーン

ちゃばんちゃん

それではまた次回。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事