ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

Y’s(ワイズ)のブロマガ

生放送レビュー:ドラえもんカート

2017/12/30 11:21 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • GB
  • ドラえもん
  • クソゲー
  • ゲームレビュー
  • レトロゲーム
<概要>
ドラえもんのキャラでマリカーができる…?
常に点滅する画面
効果不明のアイテム
まるで落書きのようなコース
アクセル全開!
クソ四駆



<長所>
①原作に沿っている場面がある
使うと左右が反対になるアベコンベや画面がひっくり返るころばし屋など。

②コースアウトしても安心
減速することがない上に一定以上のコースアウトにはならないので初心者に優しい。
アクセル全開で問題ないのでテクニックなど不要!レースゲームとしては完全に破綻しとる。

③BGMは良好
軽快な音楽で結構良曲揃い。
ただしSEはほとんど存在しない。


<短所>
①点滅
画面が常にちらついて非常に醜い。画面上にプレイヤーだけでもカーブの度に点滅する。2人以上のキャラが映ると点滅が止まらなくなりステルスカートと早変わり。

②アイテムの効果
効果がよくわからないアイテムが多い。説明書がないため未だによくわからないアイテムが蔓延している。とりあえず相手を大幅に減速させる「こけおどし手投げ弾」が一番強い
また、アイテムは上書きされるので温存しておくより使った方が良い。

③むちゃくちゃなレイアウトのコース

まるで子どもが10秒で描き上げたかのようなコース。こんなにカーブが多いのでは走っていても楽しくないのは勝負前から明らかである。

④キャラ性能がない
厳密にはあるみたいだが体感できるものではない。一応ドラえもんとドラミは性能が低い代わりに道具が自動的に補充されるシステムになっているが、性能を体感できるわけでもないので実質一番高性能キャラ。
※ただしレビューサイトに書いてある通りだと任意で使い放題と思っている人が多い。実際は補充するまでに時間がかかるため任意のタイミングでは使えず1周で4回くらいが限度である。アイテムを取る手間が省けると言った方が感覚的には近い。発言する際は注意!

⑤CPUとコースのバランス崩壊
CPUはカーブの度に大幅に減速するのでカーブが多いほどコース攻略が楽になる本末転倒なバランスになっている。
※ただしレビューサイトにはわかりやすく伝えるために一番最初ののび太コースが一番難しいと書いてあるが、実際は最初のコースなのでCPUはさすがに弱い。次の静香コースが最難関である。発言する際は注意!

⑥キャラアイコンの表情とセリフが合っていない
バリエーションが少なすぎるために起こってしまう悲劇。

つまんなそう…


テンション低すぎない…?


<その他>

①シナリオモードをクリアするとドラミが使用可能



<生放送>
ドラえもん(FC)がなかなか面白く、GB系のドラえもんも2本放送して盛況だったので期待して購入する。いざ放送してみると(2017年8月31日)点滅がひどく接触が悪かったのか不良品だったのかと思ったらまさかの仕様だったという事実。マリオカートとはまたく違う操作性とシステムでひょっとしてこれってクソg…と嫌な予感しか頭をよぎらず見事その予感は的中することになる。

幸いCPUがそこまで強くないのとテクニックが必要ないので2時間ほどでシナリオクリアや隠しキャラも含め遊び尽くせる。放送タイトルに【きえる快速車】と銘打ち藤子AだがFだかややこしいタイトルになってしまったが、その名の通りのゲームであり、時代を越えてのコラボである。



2時間程度の放送にもかかわらず来場者数は100人に300コメを越えてなぜか異常なほど盛り上がり(主に悪い意味で)。以降、現在でも語り草になるほどの破壊力を持った1本であり、ゲームショップで見かけたら対に買わないことを強く勧める

のび太の顔アイコンが何気にジワる。

<豆知識>
この作品の舞台である「箱庭カート」は原作では未収録作品も含めて確認したところ一切登場しないが、似たような箱庭シリーズは何種類も登場しているのでその派生形の道具かと思われる。





そんなワケねーだろ!

コメント

Y’s(ワイズ) (著者)
No.4 (2018/01/05 02:18)
というわけで久々に更新です。楽しんでいただけたなら何よりです。
クソゲー被害者を減らすこともこの記事の目的ですw
エゾヒグマ
No.5 (2018/01/18 00:31)
まさか買うやつなんて……。
Y’s(ワイズ) (著者)
No.6 (2018/01/19 17:39)
こうしてここに新たな犠牲者が誕生した・・・
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事