Y’s(ワイズ)のブロマガ

生放送レビュー:クロックタワー

2017/02/19 01:25 投稿

  • タグ:
  • クロックタワー
  • ホラゲー
  • レトロゲーム
  • バロウズ
  • SFC
  • ゲームレビュー
<概要>
ヒューマンより発売されたホラーアドベンチャー。
孤児院で育ったジェニファーをバロウズ邸で起こる事件から逃がすことが目的。
恐怖の殺人鬼シザーマンから逃れる手立てはあるのか…?
シャキーン!


<長所>
①シザーマンの恐怖!
神出鬼没でBGMやSEはトラウマもの。ホラーをうまく表現している。
しかもただ逃げるだけでなく戦う選択肢もあり、理不尽にはならない配慮が素晴らしい。

②シザーマンだけでない恐怖!
鏡から手が伸びてきたり、人形が襲い掛かってきたりシザーマンだけが恐怖の対象でなく多種多彩。あの鏡の手は一体何者…?ある意味シザーマンより謎。

③物語の設定
シザーマンの正体からその誕生の経緯やジェニファーとの因縁などストーリが凝っていて丁寧。続編にもつながるところが多い。さらに物語を深めた小説版もある。

<短所>
①全員生存ルートが存在しない
特にロッテに至っては生存ルートが存在しない(涙)

②ジェニファー謎の体力
とにかく移動が遅い。すぐ疲れる。でもシザーマンは撃退できる。飛び乗れないと言いながらシザーマンを見かけたときは瞬時に飛び乗る。壁を壊れかけとはいえモップ1撃で破壊など謎のステータスが多い。

③謎解きが難解
しかも時間経過でシザーマンが出現するわけではないため詰まれば永遠に館を巡りまわるゲームになってしまう…。さらに鍵の位置などランダム要素があるので一度完璧にプレイしても迷う可能性が高い。

<その他>
①ジェニファー以外は助かった?
続編を見てみるとSランクエンドではなくAランクエンドが正史となっている。
助かった人物はジェニファーのみというのが公式見解。

②RSIシステム
本作独自のシステムでこれってなんだ?と思うが「連打せずにはいられない」の頭文字…

<生放送>

初のホラゲー放送(2016年12月3日)だったが安定して人数とコメ数が多く、とにかく盛り上がった。基本的にホラーゲームは怖くてやらないのでかなり異例の放送と言える。
当初は車エンドで無事脱出!1枠で終わりラッキーと思いきやどうしてこうなった
無事クリアしたかと思えばメアリー先生が最後に襲ってきて不意を突かれデッドエンド…
ローラが最後でいきなりメアリー先生に投げ飛ばされ衝撃を受け、なんとかローラを救おうと必死にプレイするがシザーマン退治にカラスを召喚してしまいSランククリアならず。
その後もう一度やり直しついにSランククリアを達成する!

<豆知識>
①本シリーズは「フェノミナ」という映画をモチーフに作られている
→ジェニファーの名前もモデルもこの映画の主人公から。


②シザーマンは双子
今回倒したのは弟のほう。次回作では兄が…戦いは終わっていなかった!

③その後のシリーズ展開は?
3を最後にシリーズは展開していないが「デメント」や「ナイトクライ」がクロックタワーの意思を継いだ続編となっている。


夜も更けた頃にシャキン…シャキン…ほらあなたの耳元にも…

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事