Y’s(ワイズ)のブロマガ

生放送レビュー:ロックマンX2

2017/02/18 02:02 投稿

  • タグ:
  • レトロゲーム
  • ロックマン
  • ゲームレビュー
  • SFC
  • カプコン
<概要>
ロックマンの100年後の世界を描いたXシリーズの第二弾。
世界観は前作の半年後の世界という設定。
前作では語られなかったXとゼロの関係を示す描写が所々に現れる。
やつは…さいごの…ワイ…ナン…ズの…


<長所>
①最初からダッシュができる
まずプレイして感動するのがこれ!
これによりハイスピードアクションが可能になりテンポがよくなった。

②ダブルチャージ
アームパーツによるパワーアップが強く、中でもX2は歴代最強とも言われる。
これのおかげでサクサク敵を倒し攻略することができる。

③難易度の絶妙なバランス
序盤がややつらいが理不尽な要素や初見殺しが比較的少ない。シリーズに慣れるという点ではうってつけと言える。ただし後半のサーゲスは難しい。

<短所>
①ゼロのパーツ集めが面倒
ゼロを復活させるには3つのパーツを集めなければならないが、カウンターハンターと戦うには攻略の順番を毎回考えなければならず、テンポが悪くなる。
しかもカウンターハンター3人と戦うよりも、パーツを集めずゼロ1人と戦ったほうが効率が良かったり本末転倒なことに。

②ダブルチャージ
長所にも挙がっているが、あまりに強すぎたせいで弱点武器の存在意義が問われることも。

③特殊武器の性能の差
スピンホイールとクリスタルハンターの差が…
一応どの武器も使いどころはありシリーズではマシなほうだが…

<その他>
①昇龍拳
前作の飛び道具とは違いものすごい上昇する技で、着地するまで完全無敵。
しかし着地するまで操作が一切できないので下が落とし穴だと嗚呼…

②サブタンク貯め
今回はアームパーツと特殊武器があれば楽々貯められるが、続編でこの要素が一切ないということは不評だったのか…?

<生放送>
私のコミュで一番多く放送しているシリーズであるロックマン。その中で一番初めに放送したのがこのX2。これも初期に放送したゲームでリスナーがまだ1桁だった時代。
テンポが悪くなるのでゼロのパーツは回収しなかったが、ライフアップなどはすべて回収。
後半のサーゲス戦は苦戦を強いられ、リスナーのアドバイスによりファイアーの溜め撃ちで後ろ側に回りマグネットの溜め撃ちでじわじわ削る前代未聞な攻略でクリアする。
ラスボス戦ではダメージを受けて昇龍拳が出せなくなったが、敵から回復アイテムが出て見事一発逆転を決めるといったこの上なくかっこいいラストを飾った。

<豆知識>
①サーゲスはワイリーなのか?の質問に公式は一応そうとも言えると回答している。
②カウンターハンターには4人目の女キャラがいた。容量の関係で没に(涙)
③前作は効かなかったが、今回はラスボスにも昇龍拳が効く。


XvsZEROという宿命の対決は既にこの時に実現している。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事