いーぐるのブロマガ

【WHITE ALBUM2】続々・杉浦小春というキャラクターの可能性を過大評価

2014/10/29 21:29 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • WHITE_ALBUM2
  • 雪が紡ぐ旋律
  • 杉浦小春
  • 北原春希
  • 小木曽雪菜
  • 冬馬かずさ
  • 丸戸史明
  • Leaf
前回前々回と主にかずさT後の小春を中心に色々と妄想を繰り広げました。
小春ルートそのものにあまり主体を置かなかったのは、個人的に
小春と春希がくっついて欲しくないなーという主観的な理由だったのですがw

 さて話は変わって…現在、月島雅也氏の【WHITE ALBUM2 雪が紡ぐ旋律】(GA文庫)を
読み進めています。6巻まで発売したところでまとめ買いし、今日先ほど
4巻を読了しました(毎日ちょっとずつ読むのが苦手で、ある程度まとまった時間で
読むのが好きなのですが、そういった時間が最近取れず読むのが遅い遅いorz)

 さて、有体に言えばWA2ノベライズなわけですが…今回触れるのは本編ではなく
巻末にある、丸戸史明氏書下ろしの短編についてです。
というわけで、こっからは購入&読んだ後の人向けな内容になっております。
なお、オレが読み終わったのが今日だっただけで4巻の発売日は【昨年の12月】だそうです。
というわけで「何を今更」感が自分でも半端ないんですが個人的に色々と
テンション上がる内容だったので、こうしてどっかに書きたくなったわけですハイ。









~台風一過の小春日和~
 小春の開桜社入り(バイトだけど)公式設定にされとるwwwwwwwww
やばいやっぱり鈴木さんは中川さんポジションだwwwwwww

 と草不可避だったんですハイ。
いやSS書きの方々が先か、この書き下ろし短編が先かはどっちでもいいですこの際。
丸戸氏が書いたってことに意味があると思うので。とゆーか何ですかホント。
ファンになってしまいそう…(*ノノ)

 まぁそれは置いといて。内容としては「小春ルートafter」です。
これが掲載される事によって逆に今度のWA2ミニアフターには小春の出番は
無さそうだなとも思っちゃったワケですが(そもそも最初から雪菜アフターと
かずさアフターと明言されてるんですけどね、ですけどね…っ)

 美穂子との親友関係も、今までのものから一歩大人びたものを
目指そうと約束した、とか。cc本編中、春希が小春と共倒れせずに
支え続けてくれたのは。小春を救うことが出来たのは開桜社の面々がいたから。
彼らと会えて、小春は嬉しさを感じたとか。
…かずさの名前が出た途端におそらく周囲の気温が5℃くらい下がっただろうなーとかw
しかもそこで思い浮かべるのは春希がどうとか自分がどうとかでなく、
1年前の青泉大入試後の雪菜の涙だったとか…。
(勿論これは、春希がヨーロッパなんて行ったら次は自分がこの時の雪菜の立場になるかも、
との危惧もあったことは想像に難くないでしょうが)
にしても、やはり小春の中でも(カタチはどうあれ)codaへの不安というか
「かずさと春希が再会してしまったらどうなるんだろう」という想いは
拭い去れないんだなぁとも思いました。しかし「春希を行かせず自分が代わりに行く」
と言い出すのは流石泥酔してても小春は小春だなぁと。お前まだバイト(しかも2日目)やんw

そして翌朝。

特徴的なポニーテールを解いた彼女の姿。
きちんと明言されてはいませんが。
前回の〆でひとりごちた言葉が認められたようで嬉しかった\(^o^)/w



 小春は本編中、武也に【小春希】と呼ばれたりします。
でもって以前、卒業旅行のためバイトする姿と家庭環境をして【小雪菜】と述べました
(小春ルートに入ると、更に雪菜の中学時代とも被るわけですが)。
更に容姿的には【小かずさ】という称号まで勝手に付与します。最後のはホントに
【小】ですが…おっとこれ以上言うと小春に脛蹴られる(WA違い)

 まぁでもいい意味で直球勝負しか出来ないってのは、春希よりもむしろ
かずさ寄りな性質なのかもなぁと今更ながら思ったりもして。
ただしかずさの場合は雪菜に対しては直球すら投げれず勝負の舞台から
降りちゃうんですが…。ああ、あと小型犬っぽい(笑)

 ということは、主要3キャラを足して3で割ったようなキャラ
それが杉浦小春というキャラなのでは無いかとも言えるんじゃないでしょうか。
ええ、過大評価でしょう。いいんです、標題でそう言ってますから\(^o^)/
けれども、だからこそ3人の物語の中に一番入っていける子だと思えるんですよね。
入っていく必要があるかどうかはこの際別の話です。
個人的には「必要はない」と思っています。その上で小春評書いてるんだから
お前の立場はどこやねん! とツッコまれそうですがw
要は「どうやってcoda後の3人の中に小春を登場させるか」ということを
考えて考えて考えてるんです。何度も言うようですが、cc雪菜エンディングシーンを
春希や雪菜、武也や依緒と同じ空間で過ごしてるのは大きなアドバンテージですから。
(【雪が紡ぐ旋律】ではいなくなってて悲しかったのは内緒だよ!w)

 雪菜ルートは比較的簡単です。それこそ二人の披露宴の司会とか適任かと
(ただし立場的に朋と競合するんだが、朋は司会やるより開桜社とナイツレコード
関係者に名刺配りまくってる方が合ってる気もするw)。

 で、問題なのがかずさルートの場合なので今まで言ったように雪菜のウィーン行き
同行者有力候補として挙げてるわけなのです。

 ccヒロイン3人の中では将来性というかcoda時代になっても一番
動かしやすそうなキャラだとは思うんだけどなー。
麻理さんは仕事、千晶は演劇にそれぞれ一筋って感じだし…。
でもcodaまで小春に出てきて貰うと春希への恋が昇華できてない、
次の恋に進めてないって事にもなっちゃってそれはそれで可哀想だしなぁ…。
「ただのお節介」だけで雪菜とウィーン行くかって言われると弱いから
そこには「春希への想い」が根底に無いと…うーん。

 もうちょっと、杉浦小春というキャラクターを掘り下げてみたいんだけど
ヘタに小春ルートやcodaのアフターSSを書くよりも、小春視点のWA2CCを
SS化してみるのが一番良さそうなんだがそもそもそんな執筆時間なぞ無いわけで\(^o^)/

 取り敢えず、ミニアフターが来るまでに雪が紡ぐ旋律5、6巻を読み終えなきゃ…。
あ、そういや公式サイトで主要3キャラの声優さんコメントが掲載されましたね。
いやぁ、楽しみになってきた♪

コメント

いーぐる (著者)
No.1 (2014/10/29 21:36)
そういやどこかで言おう言おうと思ってついいつも忘れるんですが
小春のテニス部設定、もっと見たかったなーと常々思っています。まぁ本編登場時点で3年の秋~冬だから
部活は引退してるんでしょうけど。
この辺、依緒のバスケ姿も見たかったなぁ。
hiroshiF91
No.2 (2014/12/30 17:53)
大掃除も終わってネットをウロウロしていたら大好きな小春についての記事が目についたので読ませていただきました。
そして驚きました。実は僕は2つ前の記事で紹介されているSSの作者です。
まとめWiKi以外で自分の作品の事が書かれているのを初めて見ました。
いーぐるさんにはコメントも頂いていたんですよね。しかもこちらが嬉しくて飛び上がるぐらいの高評価で。
頑張って完結させた甲斐がありました。ありがとうございました。
さて、小春と雪菜のタッグについてですが、僕の感想としては、雪菜が遠慮してしまうのではないかと。
何よりも、小春の心に春希への想いがあることに気づいてしまうと思うんです。
ただ、心の傷のせいで雪菜が他人の心情を考える余裕を無くしてしまっているという設定でいけば、気付かずに何とかなるのかなとも思います。

   finepcnet
いーぐる (著者)
No.3 (2014/12/31 01:03)
どひゃー、まさかこんなところ見つかるとは…(*ノノ)
改めてfinepcnetさんの「5年後の再出発」、大好きです♪

さて小春と雪菜の件ですが…そうですね、オレも同感です。
小春側から積極的に誘うことは無いでしょうし、となると
雪菜側から小春を誘って貰うしか無いんですが…その道筋をどうつけるか。
実はある程度の着想はあるんですが、そこに行き着くまでの過程で四苦八苦してまして…(笑)
って書くと、何かやらかしてるのがバレそうですねw
完結したらニコログでも公表しようと思ってますので…まぁいつ完結するかも判りませんがorz
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事