いーぐるのブロマガ

PS3版WHITE ALBUM2 千晶Normalルート終わったので感想

2014/09/10 22:46 投稿

  • タグ:
  • WHITE_ALBUM2
  • 和泉千晶
  • 北原春希
  • To_Heart
そもそもネタバレ見たくない人はクリックしないと思う(挨拶



まぁそういうわけで仕事終わって帰ってから千晶Normalだけ済ませました
…と言いながら、そのままic3周目も済ませたけど
(PS3版、トロフィー出てくるタイミングせめてEndingまで待てよと思ったw)

で。
先日、麻理さんルートはcodaかずさTrueの次回予告じゃないかって書きましたが
そうなると千晶Normalって、codaかずさNormalの次回予告、ライト版とも取れますね。
所謂「浮気エンド」の名前どおりな展開。
てゆーか春希のクリスマス以降の堕落っぷりがホントにもう…ねぇ。
雪菜も頼むから手紙とメールのやり取りだけで許すな頼むから。
きっと一人で傷ついて泣きまくってるのは判るけど。

千晶というキャラはなんというか、キャラが立ちすぎてて理解の範疇を超えています。
オレのキャパシティが圧倒的に足りないというのも否定できないんだけど。
前にもどっかで書いたけど、善か悪か…じゃないんですよね。
誤用じゃない意味での確信犯というか…いや、でも自分のことを悪女と
ふとした時に発言してしまうあたり、「人として」外れてるのは自覚しているのか。
cc序盤で直接やり取りした後の千晶に対して、小春が
「楽しい人だけど近くにいて欲しいとは思わないタイプ」
みたいなニュアンスで評してたのを覚えていますが、もしかしたら小春は
言葉通りの意味以上に、何かを感じ取っていたんじゃないかと深読みしてみる。

ゲームのキャラにこんな事言うのは身も蓋もありませんが、小春に同意です。
自分に対する態度がすべて演技とか、芸の肥やしでしかないとか
苦痛すぎて死ねます(まぁそれを察知させないのが千晶でしょうが)。
決して嫌いなキャラではないです。が、言語化するのが難しいな…。

実は(と言ってもたいした話ではありませんが)、前の麻理さんルート感想記事で
昔々コミケに行った事があると書きましたが、客としてだけでなく
サークルの一員として、To HeartのSSを一本書かせて貰った経験があります。
…今思うと完全に黒歴史ですがね。確かまだギリギリ未成年だったから
若気の至り、って言葉で無理やり片付けてますが。
だから、麻理さんの言葉が突き刺さります。
「お前が書いた文章で金取るんだ」と。ああああ思い返すと
麻理さんに土下座しながら自主回収したくなるううううううううorz

まぁなかなか大所帯なサークルだったというか、何十人もいる
To Heart好きなメンバーが勢い余って本出しちゃった、的なノリだったので
売り上げとか部数とかそういう話はあまり聞き覚えありませんがね。
To Heartが大好きな仲間が集まって、昼も夜も問わず皆でチャットしてて。
ああ、当時はテレホタイムとかあったから、昼間は大学のPCから
チャットしてたこともあったなぁ…懐かしいw
あ、メンバーの中にはこっそり著名な人も混ざってた関係で
一度だけ、とあるLeafスタッフさん(当時)にもお会いしたこともあります。
STGがすっごいお上手な方で。当然緊張して話かけることすら出来なかったし
…もう二度とお会いすることも出来ない方ですけれども。
あはは、オフ会の〆がBrandNewHeart大合唱だったな(8~9割が男声でw)
ホント、懐かしい思い出です。あの頃の皆、元気にやってるかなぁ。

とと、脱線しすぎました。
そんなモノ書きまがいな事をしてた経験こそありますが
千晶というキャラを自分の中で消化して昇華して。
SS書いたりとか絶対に不可能だと思います。
そういう意味では、神にすら近いかもしれない。
オレの中で、千晶というのはそういうキャラです。
どんなキャラでも演じられる、どんな役でもやらせてあげられる。
受け取り方によっては、使いやすいキャラとも言えるかもしれない。
何やらせても「千晶の演技力」と評価させればいいかもしれない。
…だからこそ、書けない。扱えない。
これは多分、嫌いなんじゃないんだな。千晶に魅力を感じているんだな。
でも絶対にリアルに、身近にはいて欲しくないがな!w

さて、次は千晶True…の前に、ボイスドラマ~舞台の下の物語~が先か。
三連休はcc雪菜…まで行けるかなぁ。codaすら怪しくなってきた。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事