文学研究誌 "willow"

~デレステプロデュース日誌~ 〇月〇日「This is my trial」

2021/03/01 14:14 投稿

  • タグ:
  • デレステ
  • 日誌
  • アイドルマスター
  • アイマス
  • シンデレラガールズ
  • デレステP日誌
■■を教育すること、千秋の仕事が増えたこと、様々なアイドルを見て回らねばならないこと。これら全てが私の背に重くのしかかっている。だがこれぐらい、なんてことないとまでは言えないが、なんとかなるとは言う。新人教育は私も学ぶことが多く良い経験であり、千秋の人気が高まるのはやはり嬉しく、様々な現場へ回されるのも慣れている。これらが束になってかかってくる日々は、贅沢なほど充実していると言えるだろう。

しかし、本当にこのままで良いのか。私が充実すれば、それで良いのか。今や私は派遣社員という事実を忘れ、アイドルプロデューサー色に染まりつつある。だからこそ言う。このままではダメだ。

臨時だろうがなんだろうが、私は今、明確に黒川千秋の担当プロデューサーなのだ。千秋のために充実すべきではないだろうか。

まさか鈴鹿での一件を忘れたわけではあるまい。愚かにも私は、千秋からの誘いを前日になって断った。仕事のせいにして。それどころか私は、そのことがあったからといって、収録本番翌日のオフを空けたままにした。ほらまた仕事のせいにして!

こんな男を許してはいけない。知り合って一年と満たない関係に水を差しながら平気で立っている私を許してはならない!

今こそ決断すべき時だ。わがままだなんだと好きに言うが良い。これまで散々わがままに適当に生きてきたのだ。今更何をためらうものか。

私はここを去るぞ。それだけじゃない。派遣社員という肩書も捨ててやる。今の私はあるべき姿をしていない、私として立ってはいない。見つけるのだ、真たる私を!!

<<契約内容>> 派遣先:(株)346プロダクション
業務内容:臨時プロデューサーとして、所属アイドルの現場補助
契約期間:3か月毎に更新、最長年数未定
休日:週2日、変動制、派遣先に依存
各種手当:派遣先に依存

<<以下、作品の注釈>>
*この日誌は、2020年6月21日より始めたデレステにおいて、私がゲーム内で感じたことなどを多分に脚色した「創作的プロデュース日誌」です。時系列等、事実と異なる場合がありますのでご了承ください。
*なお(神谷奈緒ではない)、「私」はデレマスをやっておりません。その点も併せてご理解いただければ幸いです。
*プロローグはこちら
*ピクシブでも公開中です。
https://www.pixiv.net/novel/series/1341160

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事