うぇいの競馬ブロマガ

2018東京優駿 前日時点の予想(ほぼ最終結論)

2018/05/26 21:57 投稿

  • タグ:
  • 競馬
  • ダービー
  • 東京優駿
  • 予想
  • うぇい

いよいよやって来ました。
年3回のガチ勝負1本目です。

最近、拾えているものの、本選的中じゃなかったりしているので
乗り切れない感じですが、今回はズバリ的中を目指して頑張ります。

今回は色々なところで記載されていますが、やはり1番人気想定のダノンプレイミアムと
2番人気想定のブラストワンピースの取捨が問題になってくると思います。

なんせ、前走弥生賞、毎日杯はデータにないのでとても判断しづらいです。

ここで重要なのはわからないなら無理に絞らないことです。
あくまで的中することを重視するなら、ですが。

ひとまず人気2頭は置いておき、検討しやすそうな普通のローテで
来ている馬たちを見ましょう。


前走
皐月賞(8-7-4-63)
NHKマイルC(1-0-1-28)※対象馬なし
京都新聞杯(1-1-1-18)
青葉賞(0-2-3-22)
プリンシパルS(0-0-1-10)

やはり皐月賞組の取捨が一番重要ですね。

前走着順
前走皐月賞
1着  (2-1-2-4)
2着  (1-1-0-8)
3着  (2-1-0-5)
4着  (1-1-0-6)
5着  (1-0-0-5)
6~9着(0-2-1-11)
10以下(1-1-1-24)

皐月賞6着以下で馬券になった馬
2017年2着スワーヴリチャード(皐月賞2番人気・6着)
2015年3着サトノクラウン  (皐月賞1番人気・6着)
2011年3着ベルシャザール  (皐月賞3番人気・11着)※不良馬場
2009年1着ロジユニヴァース (皐月賞1番人気・14着)※不良馬場
2009年2着リーチザクラウン (皐月賞2番人気・13着)※不良馬場
2008年2着スマイルジャック (皐月賞4番人気・9着)

前走10着以下が3頭いますが、いずれも不良馬場での実績なので
10着以下は切ります。

消②⑨

⑨は東京適正もあるので切るのは早計だと思われるかもしれませんが、
サクッと切っていかないとかなり残ってしまうので。


続いてトライアル組。

前走青葉賞
1着  (0-2-1-7)
2着  (0-0-1-9)
3着  (0-0-0-2)
4着  (0-0-0-1)
5着  (0-0-0-0)
6~9着(0-0-1-2)
10以下(0-0-0-1)

前走6着で、本番3着に入ったマイネルフロストは青葉賞3番人気。
その他は連対馬ですね。
つまり青葉賞で3番人気以内or連対という条件をクリアしていないと
買えないということです。
この条件では青葉賞組2頭を切れません。
しかし、着差に注目するとマイネルフロストの6着は0.2秒差。
0.3秒差以上だと全滅です。

消⑭


前走京都新聞杯
1着    (1-1-1-5)
2着以下  (0-0-0-13)
京都新聞杯組は単純。2着以下は消し。

消④


前走プリンシパルS
1着  (0-0-0-9)
2着  (0-0-1-1)

そもそも、どう考えても力が足りていないのでここは消しで良いでしょう。
もう少し理由を付けると京成杯2着馬なんですが、京成杯の
レベルが低い上に勝ち馬のジェネラーレウーノも最後は真面目に
走っていないというレースなので、ここでは根本的に通用しないという
見方が普通だと思います。

消⑦

これ以外のローテである③も消し。血統的にも戦績的にもダート以外で
好走できる要素がないです。


ここまでで②③④⑦⑨⑭が消し。

前走人気のデータも追ってみましょう。

前走人気
前走皐月賞
1番人気 (1-1-2-5)
2番人気 (0-5-0-4)
3番人気 (3-0-1-6)
4番人気 (2-1-0-5)
5番人気 (1-0-0-2)
6~9人 (0-0-1-13)
10人以下(1-0-0-28)

皐月賞で6番人気以下だった馬で好走したのは
ディーマジェスティ、エイシンフラッシュ
いずれも皐月賞で3着内。
皐月賞で6番人気以下かつ4着以下は消し。(0-0-0-36)

消②⑬


当日人気データ ※当日再確認してください
前走4番人気以内もしくは前走連対馬を除く、当日8番人気以下(0-0-0-57)
今のところ(土曜日昼時点)該当馬は
多分ここは該当 ②⑨⑬
さらに該当しそうなのが 

結果、よく使われそうなデータで消えるのは②③④⑦⑨⑬⑭⑯
辺りでしょうか。


中々減らないです。
今度は違う角度から見てみます。

皐月賞での4角の位置取りを見てみます。
名前が出ている馬は全て皐月賞で5着以内かつダービーで3着以内です。

皐月賞で4角5番手以内(逃・先)
サトノダイヤモンド  4角5番手(ダービーでは7番手)
イスラボニータ    4角2番手(ダービーでは2番手)
エピファネイア    4角3番手(ダービーでは10番手)
ディープブリランテ  4角4番手(ダービーでは3番手)
この4頭は当日3番人気以内に支持されています。

皐月賞で4角6~9番手(先・中団)
ドゥラメンテ     4角7番手(ダービーでは7番手)
ローズキングダム   4角8番手(ダービーでは6番手)
ヴィクトワールピサ  4角8番手(ダービーでは9番手)
1番人気2頭と5番人気1頭。

皐月賞で4角10番手以下(差・追・捲り)
レイデオロ      4角14番手(ダービーでは2番手)
※但し2角から3角にかけて捲っている
マカヒキ       4角13番手(ダービーでは8番手)
ディーマジェスティ  4角10番手(ダービーでは10番手)
ワンアンドオンリー  4角12番手(ダービーでは5番手)
オルフェーヴル    4角11番手(ダービーでは12番手)
エイシンフラッシュ  4角12番手(ダービーでは11番手)
エイシンフラッシュ(7番人気)を除き3番人気以内。

今年の皐月賞5着までの馬と比較してみましょう。
エポカドーロ     4角4番手  現状5番人気
サンリヴァル     4角5番手  現状14番人気
ジェネラーレウーノ  4角2番手  現状9番人気
ステルヴィオ     4角13番手 現状6番人気
キタノコマンドール  4角13番手 現状3番人気

この5頭の評価は
? ジェネラーレウーノ
検討中 エポカドーロとサンリヴァル
買い ステルヴィオとキタノコマンドール(特に後者)

ただ、正当な評価をしづらいのがジェネラーレウーノとキタノコマンドール
だったりします。

何故かというと、前者はかつて真面目に走り切ったレースが多分ありません。
皐月賞でようやく若干真面目に走ったかな、くらいのイメージです。
つまり、底を見せていません。だから買いなのかを言われれば
急に真面目に走るのか?という疑問が出てきてしまい・・・。
相手なりに走ってしまう可能性もあるので何とも言えないです。

キタノコマンドールは馬体の完成度が低い(成長途上)のでダービーで
結果を出せるかと言われれば微妙な気もします。


ここからデータというより個人的な判断になります。

①ダノンプレミアム
完成度は最も高いと思うが、馬体的に2400m持つの?という感じ。
それでも力で押し切る可能性はあるし、1番はよく来るので買うしかないかな。

⑤キタノコマンドール
前述した通り、完成度は低いが能力が高い馬。判断が難しいが、こちらも抑えないわけにも・・・。

⑥ゴーフォザサミット
スプリングSや共同通信杯で完敗しているので、ここは消しで行きます。

⑧ブラストワンピース
池添がオルフェーヴル級と言った馬だけど、ホントかよw
完成度で言うと消したいが迷い中。

⑩ステイフーリッシュ
鞍上が大逃げ打ちそうで怖い。個人的にはG1では微妙な気がする。消しで。

⑪ジャンダルム
どう見ても2000mまでの馬体だと思う。消しで。

⑫エポカドーロ
皐月賞はフロックではない!? 買いで。

⑮ステルヴィオ
人気的にも美味しいし、安定感でも買える。距離は2000くらいがベストに見えるが
2400もこなせると思う。

⑯ジェネラーレウーノ
未知数すぎて判断付かない。穴馬としてなら面白い。

⑰ワグネリアン
正直、この馬が一番順調だと思う。皐月賞は最後に追うのやめてるし。
福永騎手も東京の外枠なら直線で詰まらないでしょうw

⑱サンリヴァル
個人的には結構好きな馬です。相手なりに走る馬で、どんな環境でも恐らくそれなりに走ります。
ハイペースでもスローペースでも逃げて4着というw
ダービーは皐月賞のように先行するのか、それ以前のように逃げを打つのか、それとも少し位置を下げるのか、楽しみです。
藤岡佑なら単穴候補だったが、今回は一応穴紐ってことで。



今年は土曜の馬場を見ると内枠先行有利なようです。
結局、ダノンプレミアム向けの馬場かよwwwって話です(;^_^A
んで結論ですが
①を◎に推せるほど信用できないので下記のようにしてみます。


▲①⑤⑮⑰
△⑫
☆⑯
×⑱
検討中⑧
本命不在という逃げの一手ですw

今回はこれで精一杯です(´;ω;`)

人生初のダービー馬券外れが現実味を帯びてきました(´;ω;`)
こんなに自信がないダービーは初めてです(;´Д`)

ああ、不安だ(-_-;)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事