ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

わしんのブロマガ

エミネムさんがレヴュースタァライトについて教えてくれる動画について

2018/11/10 17:47 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • エンターテイメント
  • 少女☆歌劇_レヴュースタァライト
  • 少女☆歌劇レヴュースタァライト
  • 嘘字幕シリーズ
  • エミネムさんが教えてくれるシリーズ
  • 動画解説
  • 編集後記
この記事はエミ教シリーズを作ろうとしている誰かと(多分)未来の俺に向けた備忘録です。

俺の初エミ教動画


これの字幕とか制作メモとか書きます。
エミ教シリーズリスペクトのネタは青字
レヴュースタァライト本編のネタは赤字で表記しておきます。


やあ
今日はお前らに
ひとつ教えてやる
俺がめっぽうドハマりした
古川知宏 監督アニメ作品     ※動画の方で[川知宏]と誤字しています 申し訳無い
その一角を成す         一角どころか2018年現在ではこれ一本しかない
“少女☆歌劇”
“レヴュースタァライト” だ

まずキリンだが
舞台女優の卵を言葉巧みに誘い
運命の舞台の主役になれるといって
彼女らにパフォーマンスさせる
しかし蓋を開けてみりゃ
トップ以外は使い捨ての燃料
これに関して事前説明なしだ
あのキリン野郎
ウンコマン
ショッキングだ
トイレ行ってなさそうだし
正直キリンはボコされてほしかった
ところが俺ときたら
最終回を観るなり
おっ これこそが        エミ教シリーズでは「俺もそうだったし おかんもそうだった」
おっ 私の見たかった舞台!
ちょっ わかりますッ!!    12話のキリンの台詞
って 大興奮さ
俺はキリンだった
わかります           キリンの口癖 これが次のわかろうとしたつもりに合う
わかろうとしたつもり
結局のところ
キリンの行動目的は
ドチャクソおもろい舞台が観たくて
期待のルーキーにリソースを集めて
そいつが望むままの舞台を見てたってこと

UMA              3話の純那がキリンの正体を調べているシーンから
哺乳類             11話の提供画面のキリン画像
思念体             デウス・エクス・マキナという案があったが字数のバランスでこっちにした
眞井さん            6話の香子と話す眞井さんの画像
いろいろあります
キリンの正体予想
でもこのアニメの本質ではないと思うので
この話は一旦おいておきましょう

抉れた留め具
欠けた星型の板         このあたりはひかりの欠けたキラめきを暗示する演出だと思う
演出マネキンに紛れる純那    主役を目指しているのに有象無象の"誰か"に紛れてレヴューしている
真っ赤なスポットライト     前後のカットでは青白の光なのにここだけ真っ赤 台詞に込められた心象表現かも
いろいろあります
気になる舞台演出
まひるネコが他の女との     まひるが華恋を独占して楽しんでいる演出
線引きをしますが        この関係を他の人にわざわざ見せびらかしに行ってる
華恋とひかりの仲は切れずに   特にひかりを見つけたときにすごく嬉しそうに「あっ」って言うのが好き
止まってしまいます       華恋とひかりの関係は物語の根幹だから切れないんだけどね

さて次は
英語のお勉強タイム            11話のななの後ろから純那が参考書を提供してくれるシーン
スタァライト野郎はズドーンと来たかも   4話の華恋の台詞「ズドーンってくるよね!」から
戯曲本の話
これが読めなきゃ
華恋ちゃん未満     エミ教シリーズで「人間失格」と書かれるので体育座り姿勢の華恋のカットを挿入
逆に読めれば
スーパースタ
ひかりは華恋に訳してくれたが
クレールが囚われることは伏せてた
二人でスタァになれなかった場合に
一人で結末をむかえるために
結末ってのはオーディションのこと     劇中でオーディションのシナリオがスタァライトであることに
オーディション自体が「スタァライト」   気づいている描写のある人物はスタァライト好き過ぎの華恋とひかり,
真矢やななが言及したり          舞台について視野が広いとされる真矢とななの4人。逆にクロディーヌ
華恋が観客席から口走ってたり       は上位にいながら視野が狭いと2話の授業シーンで演出上で示唆されて
このような幼女に対しても         いるためかそのような描写はない。
丁寧な誘導で気づきやすい
あっそうだ幼女といえば
コミック版(オーバーチュア)には歌うのが苦手で  ここの話はオーバーチュア1巻の3話から
孤立していた幼女がいた           
純那はその子を見つけて助けたんだ
ななはそれを特別視していた
これが巡ってアニメ9話に繋がる       見つける・拾い上げるというのが純那とななについて大事なキーワード
他にも大事な話があるんだが         他にも大事な話というのは2巻の9話のこと
サビが来たのでコミックを読んでくれ

シェイクスピア
ニーチェ
エルバート・ハバード
ジョージ・エリオット
いろいろあります
純那の引用元
これに俺も加わりませんかね
例えば次の格言なんてどうでしょう  ↓の英文は原曲の歌詞 過去の自分に宛てたチャンスを逃すなというエール

この瞬間 この音楽に我を忘れろ  Lose yourself in the music, the moment
お前のものだ 決して手放すな   You own it, you better never let it go
このたった一発に全てを賭けろ   You only get one shot, do not miss your chance to blow
人生で一度きりのチャンスだからよ This opportunity comes once in a lifetime yo

この先は危険だ
大変危険
だって・・・
死後の世界の話             メモリアルブックの監督インタビューでもひかりの運命の舞台は
ひかりが演じていた運命の舞台      地獄のイメージと語られていました
星を積んでは崩される
仏教における地獄への道
三途の川のほとりで行う
賽の河原の石積みを思わせる
だがこれは巧妙な誘導
本命はひかりの上掛けだろう
スッポンポンで土下座している
ひかりちゃんのおっぱいぷる~んぷr...  総統閣下シリーズで考察されてたあの動画の隠れリスペクトみたいなもの
あまり大きくなかったので        エミ教シリーズでは「ヒンシュクを買いそうなので」のところ
これ以上は言わないが
あの全裸には演出上の意味があるんだ
三途の川を渡った死者は
鬼に衣服を取り上げられ
衣領樹(えりょうじゅ)という木に衣が掛けられる
そのときの枝のしなりで
罪の重さを量るんだ
ってのを阿部君から聞いた
俺の考察じゃないのかって?
やかましいわ
黙っとけや
あんなんNEEDLESSのコミックを   ほんとに友人がNEEDLESSからこの知識引っ張ってきて知ったこと
読んでないと気づかんやろ
解説動画を謳っておいて
ほぼ引用とかやる気あんのか
だから もう辞め・・・
ませんwww
とにかくだ
ひかりの上掛けは“罪”の象徴
この上掛けを落とすことが
舞台の結末であり
罪からの解放なんだ
あっそうだ
これが誰よりアツい愛のダンスだ   クロディーヌの口上はフランス国旗の「自由・平等・博愛」に沿っている
パクんなよ

バトルロワイヤル
変身バンク         本作を象徴する画期的な映像表現 これのせいで視聴決定した
ループする日々       まどマギやシュタゲなどの名作はこれを扱っている センセーショナルな要素
第四の壁          劇中と鑑賞者を隔てる壁のこと メタフィクションはこれを超えた演出をする
いろいろあります
興味引く要素
でも本当に大切なのは           9話のひかりの台詞から カメラワークに注目するとこれが
“彼女たちがどんな舞台を演じるか” です   華恋に加え視聴者にも向けられた台詞であるとわかる

演出
劇中歌
脚本
作画
無数にあります
スタァライトの魅力            ここに書くには余白が少なすぎる
俺はかれこれ15周は観たが
退屈を感じたことなど
一切なし!

「これが俺のスタァライトだ」      11話のひかりの台詞を踏襲
(帰ってサーモンサンドでも食うか)   8話のひかりの台詞から クロスタウンのサーモンサンドを食べるらしい
(130g くらい腹減ったな・・・)      8話の減ったひかりのキラめき サーモンサンドでちょうどプラマイゼロ!




制作の個人的注意点
曲の大まかな構成は
- 前奏                33秒
- 冒頭(導入)            22秒
- ラップ(適当な最初の説明)     44秒
- サビ(単語列挙と丁寧語の語り ×2)  22秒
- ラップ(幼女のくだり含む)     44秒
- サビ(単語列挙と丁寧語の語り ×2)  22秒
- ラップ(慣用ネタ多数)       66秒
- サビ(単語列挙と丁寧語の語り ×2)  22秒
- 最後のセリフと立ち去るシーンと後奏 40秒

この中でサビは3回あり,単語4つの列挙と丁寧語で話すセットは合計6回ある。
最初にここを6セット作っておけば基本部分は大丈夫かと。
作る上で最も難しいのは3番目のラップで,66秒間喋り続ける話題,もしくは慣用ネタ
(ヒンシュク買いそう・やかましいわ・辞めませんww・舞い)が途中で挟まっても
破綻しない構成が必要になる(別に破綻させても良いが)。
ラップ部分の文はキレイに作ろうとすると大変むずかしいので,先に口語体で文を書いておき,
曲のリズムに合わせて字幕の文を調節 → 元の文から逸れないようにリズムに合わせた添削を
するといいかも。
字幕の表示・切り替わりはラップのアクセント(強めの発声)に合わせると違和感が抑えられる。

あと誰かのエミ教シリーズ動画をダウンロードしてきてその動画上で字幕を編集するとそれっぽくなる。

以上


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事