ほのぼのスパイスのブロマガ

[あの日の私を受け止めて]衣装考察

2020/07/31 23:45 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • デレマス
  • 岡崎泰葉
  • あの日の私を受け止めて
  • ワンモアステップ
  • イノセントブルーム
  • ダイマ記事
おはようございます、ほのぼのスパイスです
こちらのブロマガはOnlineアイマス学会等で発表したスライドをブロマガの形にしたものです
元となった発表はこちらで聞くことが出来ます
動画で見たい方はこちらをどうぞ
https://www.youtube.com/watch?v=JJ9Sa6PHKCk&feature=youtu.be

さて、自分の発表は岡崎泰葉のSSR[あの日の私を受け止めて]の衣装解釈の発表なのですが、この発表、実は結構センシティブです
一般的に[あの日の私を受け止めて]の衣装は
無印R特訓後→ワンモアステップ→あの日の私を受け止めて
という連続した進化と取られているのですが、それを否定するような発表だからです
それなのでまず最初に注意を入れて、始めようと思ったんです
ただ、発表内容的にどうしてもその言葉が嘘くさくなる
なので……



自分はこの解釈で既存の解釈勢達に喧嘩を売りに来た!
自分の岡崎泰葉とデレマスへの愛と解釈の深さで決闘を申し込みに来た!
我が解釈のすばらしさに恐れおののくがいい!!

という訳で発表始めていきます

1. それぞれの衣装の共通点




まずはそれぞれの衣装を見てみましょう
左から無印R特訓後のイノセントブルーム、ワンモアステップ、あの日の私を受け止めてです
パッと見ても同系統の衣装である事はわかると思います

それでは各衣装の共通点を上げて具体的に示してみましょう
まずは全体的な色彩。白、水色、青といった同系統の色を使用した衣装です



頭の花とそれに付随したアクセサリー



体の前面についている黄色いリボンも共通しています
これらは後で差としても触れていきます


そして後ろについている黄色いクソデカリボン。



白い手袋と黄色いマイクも共通しています。



そして腰のフリル
イノセントブルームでは小さいですが、ワンモアステップ、あの日の私を受け止めて共に大きくなっています
これも3つの衣装の共通点と言えると思います
これらの共通点から同系統の衣装であると考えます

このように同系統の衣装であることは間違いないと思います
最初に言いましたが、
イノセントブルーム→ワンモアステップ→あの日の私を受け止めて
の連続した進化だというのが一般的に広まっている解釈だと思います

ただ、自分の解釈はワンモアステップもあの日の私を受け止めてもイノセントブルームからの進化、発展形でワンモアステップとあの日の私を受け止めてはそれぞれ繋がりはないのではないかという解釈です
この解釈を補強するための理論が今回の主役、自分のテーマとなります

ただ、こうした衣装や服装についての知識が乏しいため、的外れだったり語彙が違うかもしれませんが温かい目で見てもらえると嬉しいです

2. ワンモアステップとあの日の私を受け止めての差




まずは共通点としても触れた頭の花とバンド
頭の花の色はイノセントブルームでは水色~藍、ワンモアステップでは白、あの日の私を受け止めてでは藍~水色とワンモアステップが異質になっています
頭のバンドの色もイノセントブルームとあの日の私を受け止めてでは白で、ワンモアステップでは柄になっています
ワンモアステップを間に挟む場合、これは不自然になるのではないでしょうか



次に体の前面にあるリボン
イノセントブルームでは3つ、ワンモアステップでは胸元にひとつで、あの日の私を受け止めてでは3つです
(あの日の私を受け止めてのイラストでは手で隠れて見えませんが、モデルでは3つ確認できます)
ワンモアステップを継ぐのであればワンモアステップ寄りになるのではないでしょうか



そして花の追加場所
ワンモアステップでは腰に追加されており、あの日の私を受け止めてでは裾の近くに追加されている
ワンモアステップからの進化系なのであれば、腰の花も引き継ぐのではなかろうか


そして全体的な雰囲気として
イノセントブルームは白を基調に水色を入れており、ワンモアステップもそれに則り白を基調に青を入れた衣装だ
だが、あの日の私を受け止めてでは白・水色・青どれもメインに盛り込まれている。これは独自的な変化と言えると思う



ワンモアステップは夕陽がかかっているのでそれを除くためぷちでれらで比較してみる

イノセントブルームは白に水色だが、ワンモアステップは青で色が濃く、その他の装飾含め強いイメージが出る。夕陽に負けない彩色をした事でそうなったのではないだろうか
あの日の私を受け止めてのぷちでれらは青が見えないが、あの部分を含めグラデーションになっておりそれほど強いイメージは抱かない
ぷちでれらで比較するとワンモアステップが異質に見えるが、先程述べたように基調という部分ではあの日の私を受け止めてが異端となる
こうして多方面から見るとどちらもイノセントブルームを基調としつつも別方面のアレンジが加えられていると考察することが出来る

こうした理由もあり、自分はワンモアステップとあの日の私を受け止めては別方向の進化であり、連続した進化ではないと考える
特にワンモアステップが野外の光に負けないよう強い配色をしていると考えられる変化は屋内のLIVEであり、繊細なグラデーションを使用しているあの日の私を受け止めてとはまさに別系統の変化と言えると思う

これを以て自分はワンモアステップとあの日の私を受け止めては別系統の進化と主張する

文句ある奴はかかって来いよォ!

というわけで[あの日の私を受け止めて]衣装考察でした
ここまで見てくださった方、ありがとうございました

[あの日の私を受け止めて]・[ワンモアステップ]どちらもデレステの恒常ガシャに入っているので、スカチケで両取りすることも可能です
このブロマガがスカチケでの[あの日の私を受け止めて]や[ワンモアステップ]をとる機会になれば幸いです

……取る機会になるかなこれ


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事