ほのぼのスパイスのブロマガ

北条加蓮と岡崎泰葉―もうひとつのシンデレラ―

2019/03/28 17:13 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
  • 岡崎泰葉
  • 北条加蓮
  • ダイマ記事
  • アイドルマスター
  • デレマス
おはようございます、ほのぼのスパイスです。
この記事は以前から書いてみようと思いつつ、なかなか書かなかったんです。
機会が無いって書こうとしたけどそれは嘘だ、テイルズ公演とかもあったし。
自分の中の加蓮に対する知識がどうにも足りない気がして、自信が持てなかったんですよね。
ただ、いつまでもそう考えて臆していても仕方ないので、書いていきます。
このブロマガに書かれていることについて何か意見や思う事があれば、なんでも書き込んでください。大歓迎です。

1. 「もうひとつのシンデレラ」とは

まずは副題として付けた「もうひとつのシンデレラ」について話していきます。
ここが重要な論点であり、自分がこのブロマガを書こうとした理由でもあるので。

それではみなさん、シンデレラストーリーと聞いてどんな物語を思い浮かべるでしょうか?
また、そのストーリーに沿うアイドルとは?

多くのプロデューサーさん方は「普通の女の子が輝いていくお話」だと考えたと思います。
それに沿ったアイドルとしては島村卯月だったり、今井加奈だったり、工藤忍だったり……まあこの辺りのアイドルが思い浮かんだのではないでしょうか?

しかし、シンデレラにはもうひとつの側面があります。

もともとシンデレラは貴族の娘であり、ああいった雑用をして灰被りと呼ばれているのは継母の意地悪によるものにすぎません。
それ以前のシンデレラは貴族として幸せに暮らしていたのです。
シンデレラは灰被りとしてみじめな状態にありましたが、魔法使いにより綺麗なドレスを着飾り王子を射止めます。
そして、急いでいて忘れた靴により王子を射止めたのがシンデレラであることが分かり、シンデレラは幸せを取り戻す……

つまり、シンデレラのもう一側面とは「失ったものを取り戻す」こと。
こうして考えた時に当てはまるのが北条加蓮であり、岡崎泰葉である。そう考えて自分はこのブロマガを書こうと思ったわけです。

ちなみに、他にも当てはまるアイドルはいると思います。瞳子さん、川島さん、ちとせと千夜もそのカテゴリに入るんじゃないでしょうか。

2. 北条加蓮と岡崎泰葉が失ったもの

それに当たって、ふたりの失ったものについて書いていきます。

北条加蓮が失ったもの、それは「アイドルという夢、もしくは情熱」でしょう。
子供の頃入院していた加蓮はTVが友達であり、その中のアイドルに憧れます。
ただ、長い入院期間の中で加蓮は擦り切れ、いきなり回復したことにより何の準備もなく外に放り出された結果、ひねくれて適当に生きていました。

岡崎泰葉が失ったもの、それは「自己表現、楽しむという事」でしょう。
子役を始めた頃、泰葉は周りの人が笑ってくれることが楽しみでした。
ただ子役として大人の言う事を聞き続けて、自己表現の機会を奪われ続けた結果、泰葉はそれらを失い、無為に周りの人間の言う事を聞くだけになってしまいました。

こうした過去の結果、ふたりは子供ながらに大切な物を失ってしまったのです。

3. ふたりはアイドルを通してそれを取り戻す

そうして過ごしていたふたりの前に魔法使いが現れます。そう、それはプロデューサー。

北条加蓮は一度はスカウトを断りますが、もう一度改めてスカウトした際に受け入れます。
そしてしっかりと加蓮と向き合うプロデューサーを見て、加蓮も真面目にレッスンやお仕事をするようになります。
その中でアイドルという夢を叶えられるんだと前向きになった加蓮は、情熱を取り戻しその夢へと邁進していくようになるのです。

岡崎泰葉も一度はプロデューサーの誘いを断ります。その後、楽しめる事を探してプロデューサーの元に行きます。
そして、自己表現、楽しむことというプロデューサーから与えられた課題に向き合って、周りの人が楽しむことが自分の楽しい事だと再認識するのです。

もちろんこれはふたりのアイドルの一側面にすぎず、ふたりはこれからも成長していきアイドルとしての道を歩み続けるのですが、こうして見ると共通点として見えてくるのではないでしょうか。

4. その他の共通点

それ以外にも北条加蓮と岡崎泰葉の共通点はあるので、挙げていきたいと思います。

(1) 一度プロデューサーの誘いを断っている

デレステのメモリアルコミュにあるのですが、ふたりとも一度誘いを断っています。

(2) アイドルに対して憧れがあった

加蓮がアイドルに憧れていたのは先程も書きましたが、泰葉もアイドルに対しての憧れを持っていました。

(3) 小さなころの写真が少ない

泰葉は仕事ではあったのでしょうけど、プライベートでは全然撮っていなかったみたいです。
加蓮も病弱のせいか、小さい頃の写真があまりないみたいです。

(4) 過去の結果ふたりは大切な物を失ったのだが、その過去のおかげでビジュアルレッスンが得意

ビジュアルレッスン自体なんかいろいろブレがある気がしますが……
泰葉はビジュアルレッスンを演技だと言って、その演技を経験から得意だと言っています。
加蓮もTVで色んな人を見ていたからかビジュアルレッスンが得意みたいです。

(5) 実はピンクが好き




加蓮は落ち着いた色が好きと言っていますが、ピンクの服をよく着ています。
泰葉も青が好きだと言っていますが、メガネ、ペンなどピンクの小物をよく使っています。

(6) 絵本に関するウワサがある
デレステのウワサで北条加蓮には「絵本の読み聞かせがうまいらしい。」、
岡崎泰葉には「人前で読むのは古典文学だが、子供向けの絵本を集めているらしい。」というものがあります。
どちらも子供時代の事に起因するウワサなのではないでしょうか。

自分の知る限りではこんなところでしょうか。
みなさんも知っている情報をどんどん書き込んでくださると嬉しいです。

5. おわり

ということで「シンデレラ」を軸に加蓮と泰葉の共通点を探ってみました。
みなさん、どうだったでしょうか?
次回の総選挙ではこのふたりの躍進を祈って終わりとさせていただきたいと思います。

前にも書いていますが、何かしら意見があれば是非書き込んでください。
よろしくお願いします。

P.S
ピンクについて加筆しました。
また、岡崎泰葉鯖にてこの事を議題に語りたいと思っているので、もしよろしければ入ってください。

P.S.2
絵本について加筆しました。

P.S.3
補足記事を書きました
いや、正確には以前からあったのですけど、こちらに書き忘れていました
https://ch.nicovideo.jp/warmlyspice/blomaga/ar1852666

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事