ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

わんこ(Rocklimit)が何か書いてるとこ。

FF3、新・特殊縛りプレイ開始のお知らせ

2017/11/12 23:13 投稿

  • タグ:
  • わんこまっしぐま!
  • FF3
  • 特殊縛り
  • ルール説明

2016年6月。ひとつの企画がこの時、幕を閉じました。







ファイナルファンタジー3 初見が来たら安価でジョブ選択orリセット[FC/VC]



その9カ月前、2015年10月の「わんこまっしぐま2周年記念」として始まったこの企画、
数々の笑いと涙と大量の広告とをもたらしながらクリアに向かって突き進み続け、
都合9度のリスタートをも乗り越えてラスボスに肉薄しましたが、
最終的にはぼく自身がルールの不備を認める形で企画を畳むこととなりました。
この間、実にたくさんのリスナーさんと出会うキッカケをいただき、
今でも「わんこまっしぐま!」をご愛顧いただけていることに、心より感謝しております。













 しかし。

 わんこの中には未だ、

 この企画をクリアできなかったことへの

   「疼き」

 が残っていました。










そんな思いを引っ提げて昨年の「3周年記念」ではドラクエ3の特殊縛りに挑み、
見事これをクリアすることが出来ました。
詳しくはこちらのブロマガを読んでいただきたいところですが、
FF3の時の反省を活かしつつDQ3のシステムにも合わせ、さらにリスナーさんにも
介入していただけるルール作りを心掛けながら運用していった結果として、
一定の手ごたえを得ることが出来たように思います。






そしてこれらの経験を基に、改めて「FF3を特殊縛りでクリアしたい!」との思いから、
「わんこまっしぐま!4周年記念企画」として、いま再びFF3に挑みます!
前回とはルールが異なっていますので気を付けていただきたい点も多いのですが、
内容を把握の上多くのリスナーさんにご参加いただき、一緒に楽しめたらと思います。





  ~FF3 新・特殊縛り 企画ルール~

1.初見来場で即リセット(184を外して生IDでコメントするのが条件)
  識別のため主からは適当なコテハンが与えられます。嫌な方は自分で変更or184のままでどうぞ。

2.全滅したらリスタート(つまりデータ消して最初から)

※11/21追記


企画進行中リスナーさんよりありがたいご指摘をいただきまして、
「イベントによる強制全滅はセーフか? リスタート案件か?」
をリスナーにアンケートで問うたところ以上の通りの結果となりました。
(2、3は合算として)セーフが多数でしたので、イベント全滅はセーフ扱いといたします。

3.チャンスタイム時、アクティブ人数(1分内にコメントした人数)を集計。
  アクティブ人数が100人以上だったらリスタート
  ※条件は毎人生ごとに変わります

4.30分区切りの広告Pが一定以上になると1名のジョブチェンジ発動(セクション制)
  (ただし1人目=わんこは対象外で、いつでも自由にチェンジ可能)
  ジョブ抽選は「抽選王」というソフトを使って行う。
  ただし選ばれたジョブに必要なCPが不足している場合主の自由選択となるので注意。
  (また、風のクリスタル入手直後のジョブチェンジのみ無条件で3人自由選択)

5.抽選条件は累計広告100Pから始まる。以降倍々ゲーム。
  集計中は初見来場しても「無効」扱いとなるので注意。

6.セーブは「通常セーブ」と「クイックセーブ」の二つに分けられる。
  「通常セーブ」は30分区切りの時のみ許可。
  「クイックセーブ」は30分区切り毎、およびボスを倒した瞬間に許可。
  主(わんこ)は状況に応じ、この二つのセーブのどちらをロードしても良い。

7.ルール改訂はリスタート時のみ許可される。




以上、FF3・新特殊縛りの基本ルールとなります。







以前のFF3とはいろいろなところが変わっています。
具体的にはリセットの条件を跳ね上げつつ、
リスタートの条件はかなり厳しい制限としてあります。
これは「DQ3」の企画終了時にも話した通り、広告の影響がかなり大きくなることを前提に、
単純な広告の力のみでリスタートが発生しないようにという方向性で考えた結果です。
ゴルチケ貰えなくなってぼく自身の旨みが減ったからというのも無くはない
他、ゲームプレイ自体もあまり手を止めずに済むようにと考えた「セクション制」など、
多くのルールを「DQ3特殊縛り」から輸入している格好となります。



この手の企画をする時、毎度のようにお話している事ですが、ぼくの狙いは

「リスナーに(何らかの形で)ゲーム内に介入してもらい、一緒に楽しむ」

という点にあります。
生放送の利点である「生主とリスナーがリアルタイムに繋がっていること」を活かして、
一緒にゲームを遊んでいるような感覚で企画に触れていただきたい……ということです。
今回の企画もまた、そこを楽しんでいただけるように運営していく所存です。
ありえない事ですが全滅によりリスタート等した場合にはまた少しずつルールを変えながら、
より多くの人に楽しんでいただける企画となるようがんばっていきますので、
是非ともリスナーの皆様のご視聴、応援のコメント、広告を含む拡散、
そして妨害を、なにとぞよろしくお願いします!!










ホドホドで頼むでホンマ_(:3」∠)_   






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事