ウォルトのオールマイティーにっき

飛行機のふしぎ(と思ったこと色々)

2015/06/15 14:05 投稿

コメント:16

  • タグ:
  • 飛行機
  • 航空
この度飛行機で那覇-羽田を往復しました。んで、いろいろ思うことがあったんでそれをつらつら書いていきます。今回は2部構成です。まずは、常々疑問に思っていた事を帰宅後にいろいろ調べたのでその答えの共有。次に僕が思うことを書いていきます。第二部はチラ裏です。

第一部~飛行機のふしぎ~

ここでは個人的に疑問に思っていた飛行機の話題を書きます。航空専門の方やファンの皆さんには当たり前でも一般人には不思議なことはいっぱいあるんです。あ、間違いあったらコメントで訂正してください。

●なぜ離陸するときに日除けを開けないといけないのか?
 いつも気になってたけど家に帰ると調べるの忘れてて今日まで謎だった。これは、客室内からエンジン等の異常を察知しやすくするためなんだとか。なるほどね。

●なぜ夜間着陸するときに機内の照明を消すのか?
 これは暗いところに目を慣らしておくためなんだとか。もしものことがあって脱出するときに照明をつけてると、目が慣れない中でアタフタすることになりますからな。これも納得。

●離陸する前にCAが「ドアモードをアームドに変更してください」と言ってるけどアームドってなんすか?
 アームドってのはオートマティックのことらしいです。何がオートマティックなのかというと…。離陸前に安全ビデオとかデモンストレーションを見ますね。その中で、滑り台が出てきますね。その滑り台がドアを開けると自動的に展開するモードがアームドらしいです。ですから、ボーディングブリッジに繋げる時はディスアームドにしてあるわけですね。ていうかそうしないと滑り台が出てきちゃうんですね…。んー、確かに今考えてみれば当然だけど、なんで気づかなかったんだろう・・・。
 だから、本当は「ドアモードを滑り台出ないモードに変更してください」とか言ってもいいけどそれだと締まらないからこんな言い方してるんですね。次アナウンス聞いたらニヤッっとしそうです。

●離陸前にポーンポーンと執拗に鳴るワケ
 なんか今回乗った飛行機はポーンの音量がでかくて気になったんですが、これは機長がCAに対して「管制塔から離陸許可下りたからぼちぼち行くね」と伝えてるらしいです。んでそれを受けてCAが乗客に向けて「この飛行機はまもなく離陸いたします。シートベルトをもう一度お確かめください。」などとアナウンスするみたいですね。
 ついでにこのポーンに限らず、上空でシートベルト着用サインが消えたりしてその度にポーンと鳴ってますが、あれは乗客に対してじゃなくてCAに対する機長からのメッセージみたいですね。んでその「ポーン」を受けてCAの皆さんは「ポーン」の中身を適切に解釈して改めて日本語や英語で機長のご意向を乗客に対して伝えているわけですね。きっと。

●機内が乾燥しているワケ
 これは前回飛行機に乗ったあとに解決したんですが、改めて載せます。仮に機内が乾燥していないとどうなるでしょうか。上空はすっごく寒いです。室内は常温です。冬に部屋でストーブを焚いてると壁は結露だらけです。そう、結露を防ぐために機内を乾燥させていたんですね。つまりわざと乾燥させてたんですね!飛行機ってものすごくパサパサするなぁとは思っていましたがわざとだとは知りませんでした。だから機内のドリンクは無料だったんですね。そしてそれを売りものにしちゃおうとしたLCCは商売上手というかイヤラシいというか…。
 今回、往路はこのことを覚えていたのでコンビニで水を買ってから乗りました(今回はSKYでしたので)が、復路は手荷物検査で引っかかるのが嫌なので後で買おうと思ってたら買い忘れてパサパサに苦しめられてましたとさ…。トホホ…。

▲最近荷物出てくるの早くね?
 これは未解決問題です。答え知ってたら教えてください。思い違いかもしれないけど、やたら回転台に荷物乗るのが早い気がします。たまたまかな。自分はいつもドア開いてもすぐ降りずに人の列が途切れた頃に動き出します。今まではそれでも回転台の前で待ってた気がしますが、どうも最近は回転台すでに回ってて前に人少なくなってて俺の荷物2週目かな?なんてのがよくあります。まぁ早いに越したことはないんで嬉しいですがね。気になるので内部事情に詳しい方いたら是非意見を聞かせてください。

と、ここまでは素朴な疑問コーナーでした。いやー、不思議なことはいっぱいあるもんですね。機内誌に「よくある質問」とかいうコーナー設けて書いといて欲しいですね。
以下どうでもいいことを書きます。

第二部~思ったこといろいろ~

●羽田空港で夜明かしは意外といける
 今回は6:30羽田発の便だったんですが、前日から羽田入りして空港で夜を明かすことを決めてました。あ、当然ロビーですよ。空港内カプセルホテルなどという甘い選択肢は最初からありませんww
 ところが当日調べてみると国内線ターミナルは深夜閉まっちゃうらしいことが判明。でも国際線の方は24時間オープンらしいのでそっちに泊まりました。結論言うと快適でした。カフェも24時間営業だったので、そこで烏龍茶一杯頼んで朝まで粘りました。すみませんでした。んで朝になったらモノレールの始発で第一ターミナルまで移動しました。
 さすが国際線ターミナルなだけあって、何故か外国人に喫煙所を英語で聞かれましたww頭真っ白になりながら「ターンライト」だの「ゴーストレイト」などと言っておきました。けど変な出来事はそれくらいでホント快適でした。以前上海でもやったことがありますが、店が閉まっちゃうし寒いし中国人に「お菓子ちょうだい」ってせがまれるしで良いことなかったんでね…。さすがじゃぱん。

●やっぱLCCは考えもの…
 今回はスカイマークを使いました。スカイマークは「LCCじゃないです!」と言っているので、フルサービスではないにしろ一応LCCよりはランク上がることを先に言っておきます。
 んで、前回は那覇-千歳を成田乗り継ぎでピーチとバニラ使って行ったんですが、本当にしんどかったし二度と使いたくないと思いましたね。まず、持ち込み荷物に関して以前よりだいぶ厳しくなってます。もうあの荷物の大きさチェックする枠に入らなかったら弾かれるようになりました。いやー、あとちょっとなんだけどね、容赦ないです。まぁ、それをわかった上でLCCにしたわけですけどね。それに、成田に降りるので、都心に出るにはそれなりに金かかりますしメンドくさいです。
 一方スカイマークは、当然サイズチェックなんてないし、手荷物預けるのも無料だし、座席ちょっと広いし。荷物につけるタグも、ホントは自分でつけなきゃいけないけど、「おつけしましょーかー?」って言ってやってくれました。すっごく些細なことだけど有難かったです。到着も羽田なので移動が楽です。

 結局いろいろ考えると、貧乏旅行ならさておき、ホントの旅行とかビジネスでLCCを使ってはいけないと思いましたし、そのほうが結果的に安くなるし精神的にも良いですね。と思い知らされました。けどANAに乗る金はないのでぼくはSKY信者になります^q^

以上チラ裏でした

コメント

忠誠こそ我が名誉
No.14 (2015/06/19 22:28)
なるほどねぇ!
とも
No.15 (2015/06/19 23:00)
あの「ポーン」にはそんな意味が!
面白く読みやすい記事でした
ウォルト (著者)
No.16 (2015/10/11 04:48)
久々に見たらこんなにコメントたくさんあってびっくりです。ありがとうございました!

>>7
乾燥してるのわざとじゃないんですか!?気が向いたら確認しておきます!
787に関しては特に乾燥させなくても問題ないとのことなので、それ以外の機体に関しての話題でしたがその点書いてなかったですね。失礼しました。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事