ウォルトのオールマイティーにっき

【放送大学講義レビュー】非ユークリッド幾何と時空('15)

2017/02/17 02:55 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 放送大学
今回は自然と環境コース専門科目の非ユークリッド幾何と時空('15)です。ちなみに評価はC(可に相当すると思う)でした。やっちまった科目ですね。

 内容は、ユークリッド幾何からはじめて球面、双曲面と進んでいきます。15回消化してないです。計量がどうのこうのっていうところまでは覚えてますw
 担当の橋本先生は結構面白い人でした。講義を見るのは楽しかったです。理解できなかったけどw

 気になる期末試験ですが、記述式問題です。テキスト・ノート持ち込み可。印刷教材見ながらでしたが大問3問中1問しか解けませんでした。それでも単位出るんだね。落としたと思った。しかも大問3の(2)は(1)の結果を使って解く系だったのに(1)が解けなくて詰みました。

 今後取る予定の方はご参考にどうぞ。本当はもっと後で余裕のある時に試験受けたかったのですが、仕事の都合で今期になってしまい、十分な準備もできずこんな感じになってしまいました。(言い訳)皆さんは頑張ってください。

コメント

jian
No.1 (2017/11/24 16:41)
非ユークリッド、今年取っているのですが、通信指導はどんなものでしたか?
ウォルト (著者)
No.2 (2017/12/11 02:10)
お返事遅れました。
通信指導、今期は提出期限過ぎちゃいましたね…。
合格されてることを祈ります…。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事