ウォルトのオールマイティーにっき

【放送大学講義レビュー】英語で描いた日本('15)

2017/02/17 02:08 投稿

  • タグ:
  • 放送大学

今回は基盤科目の英語で描いた日本('15)です。ちなみに評価はB(良に相当すると思う)でした。

 内容は、担当のブロウカリング先生と大橋先生が日本文化を体験するコーナーと、日本文化に関した英文を文法的に解説するコーナーが各回あるという感じです。日本のことだけど知らないことも結構あって「そーなんだー」と思いながら講義受けてました。とはいえ単位の数合わせに取った講義なのでご飯食べてる間に流し見してたのであんまりちゃんとは勉強してないですw

 気になる期末試験ですが、4択問題+記述問題(リスニング)です。テキスト・ノート持ち込み不可。英和、英英辞典持ち込み可。過去問を見る限り、以前は放送授業や印刷教材で取り上げた具体的な事項を問う問題だったので、きちんと内容を覚えていれば点が取れるし、そうでなければ75%の確率で不正解といういやらしいものでした。しかし、今期ではそのあたりが改められ、設問に関する文章が問題用紙にちゃんと書いてあるので、15回分放送見てなくてもぶっつけ試験でも実力で解けるようになりました。(私はBでしたが…)ちなみに、英和辞典を持ち込みましたが、ほとんど使わなかったと思います。

 今後取る予定の方はご参考にどうぞ。英語科目の中では貴重なテレビ放送講義なので是非とってみてください。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事