若葉ノート

ベットの上で

2020/06/12 12:09 投稿

  • タグ:
  • 若葉ノート
  • 恋愛
  • 空想
  • 日常

2016.03.07
若葉はベットの上で何でもする習性があります。

メールを書くときもベットの上でゴロゴロしながらだし、
ごはんもベットに座って食べるし、テレビを見るときも、
お裁縫(これは無いか(笑))するときも、
電話をかけるときもベットの上でしますし、服もごろごろしながら着替えたりします。
(しかも寝ながら着替えたりする)

これは別に、部屋が汚いとか、座る場所がないとか、そういう理由じゃぁ、ありませぬ。
昔からの習性なの。

でも、ちゃんと理由は知っているんです。

前に、お友達と怪しげな占いやさんに行ったとき、
▼前世▲を見てもらったのですが、お友達はみんな
[古代ヨーロッパのオーストリアあたりに住んでいた吟遊詩人] 
だとか、[モンゴルで名を利かせていた盗賊の首領] だとか、
すごい前世を持っていたのに、若葉の前世ときたら
10億年前のアンモナイト 原産地:北アフリカ
なんですってっ☆

他の子達の前世は人間なのに、若葉は10億年前のアンモナイトから、
一気に人間に転生してしまったそうなのですっ。
ああぁっ なんてショッキングな事実☆ほ乳類でさえなかったなんて(笑)。
でも、これでなんとなく今の若葉の後ろ向き生活も理解できるというものでしょう。
若葉の本来の姿はアンモナイトなので、洋上に見立てたベットの上で生活する、
屋内ホームレスであっても、

(だってだって アンモナイトなんだもん、若葉。)
の一言で、自分を納得できてしまいます(笑)。

お風呂上がりに、体をよく拭かないまま、ベットの上でぱんつをはいている途中で、
▼ちっ こんなかっこ、彼氏には絶対見せられないわっ▲
などと後ろめたい気持ちになっても、

(でもでも、若葉はアンモナイトだもん。
 アンモナイトはごろごろしながら着替えたっていいんだもん)

という、自分につく手軽な嘘の1つになってしまっています(笑)。



つまり、冬場はこたつを背負って生きるコタツムリで、あとの季節は、
ベットの上で生活する洋上アンモナイト。
おかげでアンモナイトさんのベットは、
彼氏もいない上にやましいコトもしていないのにシーツが汚れるので(笑)、
朝起きて、シーツをお洗濯する というのは、
若葉の最低限の慎みを守る(笑)、儀式の1つになっているのです(笑)。

おねしょじゃありませんっ☆


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事