小日向イオの幻獣記録帳

本日の映画「ライトニング」

2018/09/03 07:00 投稿

  • タグ:
  • ライトニング
おはようございます。本日の映画「ライトニング」
2001年、アメリカのパニック映画になります。

アメリカの中西部、ミズーリ州ラトランド市に住む学生エリックは
気象情報を追っていた。かつて鉄の山と言われていて鉄銅が豊富だった
土地でそこに巨大な暴風雨が雷を先行させながら磁石の様に町に近づいていたのだ。
100年前に同じ気象異常があったと思い出し計算した。この町に100年前と
同じ状況が起きることを推測する。気象会社はエリックの言うことをホラだと
信じてくれない。町は100万ボルトの雷の恐怖に怯える事になる。

唯一観てなかった好きな俳優であるジェシー・アイゼンバーグ出演の
作品です。エリック(ジェシー・アイゼンバーグ)は14歳ながら気象学と
言いますか研究をしている若き天才少年なのです。他の作品でも知識豊富
で頭の良い登場人物を演じる事があったりしますがやはり似合いますね。
劇中では父親が警察官で親子関係に隙間が空いている。
町を襲う100万ボルトの雷の事を信じてくれるのだ。
この事件をきっかけに2人の溝が埋まっていきます。
息子だからこそ嘘を言ってないと思ってくれるんでしょう。

学校の気象研究者(先生)も理論を説明すると可能性があると信じてくれました。
前代未聞の雷の脅威にさらされる中で巻き起こる人間ドラマも見所です。
でも気象会社はまるで取り合ってくれません。
そんなのあるわけが無いと避難勧告を出してくれない。そんな最中で先生の
奥さんが出産時期を控えていて危険な中での奇跡の誕生も描かれている。
事故が起きてから気象会社も「すまなかった」と言います。この手の映画の場合
市長も何を言ってるの?と信じません。己で体験してから気がつくのです。

地味なディザスターパニック作品ではありますけど、細かい部分で
良い所があって色んなシーンに注目してみると良いでしょう。
窓の近く、コンセント付近、勿論の事外は危険になります。
家に居ても安全な場所は数が限られます。でも何とかしないと
とエリック親子は雷に立ち向かい町を救います。
名作まではいかないものの普通に観ててなかなか良い映画
だなと思える作品でした。それじゃあ~

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事