vidaes Report's

コミケ88~サークルチェックはどうしてますか?

2015/08/12 22:25 投稿

  • タグ:
  • コミックマーケット
  • コミケ
  • 夏コミ
  • Twitter
  • iPad
  • iPhone
  • iTunes
  • PDF
  • iBooks
  • Apple
皆様こんにちは。
いよいよ夏コミも直前に迫って来ました。

当サークルの夏コミのご案内は前回の記事にありますのでそちらを参考ください。
>コミックマーケット88情報

さて今回は訪れたいサークルはどうチェックしているか、です。
私は2年前にコミケDVDカタログとスマホとをPDFデータにて連動した方法
(→「夏コミのサークルリストをスマホに取り込む」)をこのブロマガに書いており、随分奇抜な(?)手法だったか知りませんが、niconicoのTOPにも取り上げられてかなりのアクセスを記録致しました。

ちなみに今回のコミケDVDカタログですが、使用するアプリについてMac環境が対応外となりWindows環境オンリーとなってしまいました。初回のアクティベーション方法やその後のサークルチェックのやり方は従来通りですので、前述のブロマガに書いた記事のようにチェックリストをPDFに出力してそれをスマホへコピーする…というやり方も引き続き行えます。

とはいえこの方法だと会場とかで新たに追加したいサークルが設定できないといった問題点もあります。事前のチェックで行うという想定で書いたため、そうした事態は止むを得ませんが、うっかりとチェックし忘れたりすることもあるでしょう。

そんな中、Twitterユーザー限定となりますが、こんなサービスを作られた方がいますのでご紹介します。

このサービス、何かというとTwitterのユーザーのうちコミケにサークル参加する方の多くでスペース番号を一時的につける傾向(例えば自分の場合は「vidaes™@夏コミ1日目Y-02a」のように@の後に配置日とスペース番号を書く。青太字の部分を差す)が強く、それを応用してTwitterのフォロワー(自分のユーザーから見てフォローしているユーザー)の中からサークル参加者をリストアップするというもので、少なくともフォロワーに対してはある程度のサークル参加情報を捉えることが可能です。
ただし、このアプリを使うと「Followingが3000人より多い場合は、すべての結果を取得できません」と判定で出る(TwitterのAPI使用にも関係があるようです)ようなので、フォロワーが異常に多いユーザーが使う場合は取り切れない可能性があり注意する必要があるようです。サークルチェックに対する補完的な使い方で行くと良い感じにまとまりそうです。

「ねとらぼ」さんもこのアプリを取り上げているので、一度見た方も少なくないかもしれません。



■補足
前述のサークルチェックしたPDFデータをスマホに取り込む話ですが、iPhoneやiPadなどのApple社デバイスについては、わざわざAdobe Readerをインストールする必要はなく、標準添付されている「iBooks」でPDFデータが閲覧できるようです。またこのツールを使うことによりiTunesを介する形でデータ転送が行えます。ざっと手順を紹介します。

1.サークルチェックしたコミックマーケット カタロムより印刷→PDFデータを出力します。
出力先は任意のフォルダでOKです。


2.iTunesを起動し、「ブック」を選択。
この「ブック」に対して、1.で出力したPDFデータをドラッグ&ドロップで投入します。

PDFファイルをドラッグ&ドロップで投入すると、このようになります。


3.手持ちのiPadやiPhoneなどをiTunesを起動したPCに接続します。認識したらiPadの詳細に進み、iPad側の「ブック」を選択します。すると先程ドラッグ&ドロップしたPDFファイルが
出てきますので、これを確認したらブックの同期を行います。対象PDFファイルを確認したら、iTunes右下にある「適用」ボタンを押下します。これにより手持ちのiPadやiPhoneにPDFが転送されます。


4.転送を確認したら、iPad/iPhone側より「iBooks」を起動します。今回はサンプルとしてiPad Airを使いました。


5.iBooksにて同期されたPDFを認識した上で、選択するとこのように表示されます。iPad Airのようなデバイスだと、少しの拡大・縮小程度で見やすくなります。


ちなみにこの手法はPDFドキュメント全般に対して活用できますので、色々と使用価値はありそうです。

ということで夏コミが迫って来ましたが、初日の天候が思わしくない見通しですので、雨具の用意もしておいた方が良いかも知れません。
それでは、今回はこの辺で失礼します。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事