vidaes Report's

ニコニコ超会議2~初日レポ

2013/05/06 23:56 投稿

  • タグ:
  • ニコニコ超会議2
  • ニコニコカー
  • 車載動画
  • 政治
  • 超会議2
  • パチンコ
皆様、こんにちは。
大型連休も終わった直後となりましたが、早速ニコニコ超会議2のレポを書こうかと思います。

今回は2日目に「ニコつく3」へのサークル参加があったため色々巡れるのは初日だけでしたが、その中でも「超車載ガレージ」に潜入。
前回よりかはスペースが縮小してしまい、ニコニコカー関係の展示が中心となっていましたが、その中でも予告されていた「ニコニコカー弐号機」がついにベールを脱ぎました。

今回も種車はトヨタ・ハイエース。この手の車両だと安定した車種という所でしょうか。
また配信関係も大幅に強化されるとのことで、そのイメージも紹介されていました。

従来の車載動画をはじめとする生配信系統だけでなく、ニコラジの移動中継も想定している設計なので、ラジオカーのような放送局顔負けの車両となりそうな予感も…

一方先代のニコニコカーも展示されていましたが、何度か写真を撮影しているものの内装を見ることは結構少なかったりします。

客室(?)のシート部分には怪しいスイッチ類に交じって電源コンセントが。
シート背面にDC-ACコンバータが確認できたのでそこから発生した交流100V(おそらく55Hz)が給電されていると思われますが、容量的に車載生配信なども十分にこなせるようになっています。

初日は政治関係の盛り上がり方も凄かったようです。直近に公選法改正案が国会審議を通過し次回参院選から本格的なインターネット選挙運動がほぼ全面解禁となることもあって、来場者に対する政治と選挙参加に対する啓発活動が盛んに行われていました。

政治関係での最大のサプライズはやはり安倍首相の訪問でしょうか。自民党ブースで挨拶する場面の動画は既に多くの方々がご覧になっているかと思いますが改めてお知らせしましょう。

安倍首相自身も、先の総選挙の公示段階からインターネット選挙運動解禁は自民党の公約の一つとして掲げていた経緯もあり、ニコニコ超会議2への訪問も必然的な流れになったのではないかと察しがつきます。


<2013.05.08追記>
政党ブースの隣がパチンコメーカー系統というのもある種の縁なのかどうかは定かではありませんが、パチンコ・パチスロ関係は実機生配信や実機実践を通じた動画が一定の人気を誇っているようです。今回メーカーとして参加した平和ブースでは生配信の仮設スタジオを用意して写真のような形で「CR戦国乙女」シリーズを使った実機生配信を行っていました。

こう見るとノートPC(ThinkPad)にテーブルにクリップ固定させたWebカム、そして実機本体に生放送主がマイクを通じて喋るためのヘッドセットというシンプルな構成ですが、Webカムの画素数が向上している上、ノートPCの基礎体力も向上しており安価な環境からでも始められるということを示しています(それでも実機は必要ですが)
実機として使う中古台の販売サイトを覗くと、昨今の実機の音源はほとんどがステレオであるため、臨場感を高めるべく生配信などに使えるよう筺体内のハーネスから音声出力を可能とするケーブルが別売で用意されているなど関連商品が充実しており、より高度な実機生配信の敷居も下がりつつあるようです。

今回は初日の模様をレポートしました。次回は2日目「ニコつく3」参加の模様を中心にお送りする予定です。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事