うしのタマ知りませんか

ゲーム実況と著作権(2)

2013/03/13 13:51 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • ゲーム実況
  • 著作権
  • ゲーム実況と著作権

■「割れ」と「自覚」──────

「割れ」が好きか嫌いかで言えばそりゃ「キライ」だ。
でも「ゲームに限らず違法DLに一度も手を染めた事はないか」
と問われりゃそれはNOだ。

本音を言えば
「金払わずにゲームしてる連中と一緒にすんな( ゚Д゚)ゴルァ」
なのだけど、
「ゲーム実況(配信)やってる奴に言えた義理じゃねぇよな」
とも思うわけで。
それが私が思う「自覚」ってやつだ。

著作権絡みのバッシングってやつは不思議なもんで、
テメェを棚の上どころか天上天下唯我独尊状態まで
昇華しちゃってる人がびっくりするほど多い。
そりゃ聖人君子しか文句言うな、とまでは言わないが。

これは新作ゲーム実況とも関わるのでので詳しくはそちらで。

■「宣伝」か「悪影響」か──────

これもよくある話、
「宣伝になっている(から大目に見ろ)」
「売上に悪影響を及ぼす(からやめろ)」という主張。
そして話の流れ上、
「宣伝になってるなら証拠(データ)を出せ」とか
「売上に悪影響があったなら証拠(データ)を出せ」等と突っ込まれれがちな話。

でもこれどちらも数字なんて出しようがないだろうし、
恐らく過去に遡ってもそんなデータが世に出た事は無いだろう。
(昔よりゲームが売れない=ゲーム実況のせいだ。とかぶっ飛んだ人も中には居るが)
だからこの話はハッキリ言って無意味なのだけど、
この手の話題になると必ず一度はこのワードが出て来る不思議。

■BANの「限界」と「矛盾」──────

これは構造というかシステム的な問題だけど、
フラゲ、新作、割れはもちろん、それ以外の場合も含めて
動画なら権利者削除、生放送なら放送停止処置等により
アカウント停止処分(垢BAN)を受けた場合、

新しくアカウントを作る、新しくコミュニティを作るなどすれば
問題なく動画も上げられるし生放送も続けられてしまう。
その後削除されてもまた新しく…とイタチごっこになる。
この場合、会員数やプレミアム会員数が増えるニコニコ運営だけが得をする
という何とも切ない状況になる。
さらに「ニコ生でダメならustreamやTwitch(justin)」とか
「ニコ動でダメならyoutube」とか投稿・配信先を変える方法もある。
(ブログやTwitterなどで告知すれば以前の視聴者は呼び込める)

「そんなアホな事する奴いない」と思う方もおられるかもしれないが
少なくとも生放送の場合は有料(プレミアム)アカウントを取り直して放送継続
という人は結構居る(垢BAN理由は著作権関連以外のケースが多いが)

■行き過ぎた正当化は屁理屈に成り下がる──────

以前ニコ生でこんな事件があった。
「ニコニコ動画で活動している某有名歌い手が、
ニコ生で某任天堂モンスター育成ゲームの配信中に
エミュレーター使用が発覚」したことを発端に
いろんな場所で激しいバッシングを受けて炎上した
(概ねこんな感じだと思う)
(某任天堂モンスター育成ゲームの人気はさすがと言うべきか)
この騒動では「バッシングする側の論点や争点」が纏まりきらず
 ・エミュレーターの使用の是非
 ・ROMは違法ダウンロードか(自力吸出しか否か)
 ・そもそもプレイ動画配信の是非
 ・事後対応の評価
 ・歌い手はアーティストの端くれなのに云々
…など、いろんな理屈をこねくり回していたのだけど、トドのつまりは

「歌い手がムカつく」
「他のゲーム実況には飛び火させたくない」

だけなのだが、
自分達(他のゲーム実況)に飛び火させずに、
ピンポイントにこの歌い手だけをバッシングしようと無理をした結果

「エミュ使用やゲーム実況はまぁ…アレだけど
(歌い手の)違法DLだけは絶対に許さない!!」


という有耶無耶かつ無茶苦茶な場所に不時着してしまった。


確かに喪男にとってはキャーキャー言われてる奴は
それだけで根拠とか関係なく何となくムカつくのだがw
(個人的には、素人のカラオケになんであんなに人が群がるのか理解できないのだが)
それとこれとは話が別で、最初から
「同人CD出したりプロ目指してるような奴が著作権法に引っかかる事やるなよ」
で良かったのに。というのが本音だ

次回はいよいよこのコラムの主題「新作ゲーム実況(配信)」について話そうと思うが
例のごとく更新予定は未定であるし、議論する気は全く無いのでそこんとこよろしく。

<本日の至言>
イエスは違法ダウンロードをした男が石を投げられているのを見て、
石を投げる群衆に「この中でニコニコ動画を見たことのない者だけが
石を投げなさい」と言った。すると石を投げる者は一人、また一人と減り、
最後にはネットの使い方がよく分からない国会議員のみが残った。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事