ネットとサブカルに強(くなりた)い姓名鑑定士・森堂宇佐人のブロマガ

おそ松さんたちが多分名前のせいでニートになってる、ってな話 その4

2015/11/27 15:53 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • おそ松さん
  • 姓名判断
  • 名前
  • 占い
  • アニメ
ちょいとご無沙汰、最近「あにトレ!EX」で筋トレ始めた森堂です。


あ…ありのまま数日前、起こったことを話すぜ!

おれは「おそ松さんたちが(ry」のその4を書いて、下書き保存ボタンを押したと思ったら、

①再ログインを要求されて

②サーバー混雑を食らったのでリロードしたら

③半分以上書いた記事内容が全部消えていた……


それで心が折れて更新が伸びた、という見苦しい言い訳でした。ちゃんちゃん。


さて本題。

今回は「おそ松さんたちが多分(ry」の最終回。
松野兄弟のご両親のお名前を鑑定しますよ。

お母さんは松野松代さん、お父さんは松野松造さんというのですね。


ではでは、御託を並べるよりも鑑定しちゃいましょう

以下に鑑定概要をのっけます。
名前の左側が陰陽配列、右側が画数と五行になります。

−松 08 金
+野 11 土
−松 08 金
+代 05 火

−松 08 金
+野 11 土
−松 08 金
+造 11 金


私くらいの姓名鑑定士になると、この時点で「あっ…」っとなる要素もあったりしますが、
ひとつずつ解説していきます。

まず、お二方とも陰陽はパーフェクトでございますね。これが理想の配列です。

でも、手放しでほめられる要素はこれだけです。


それでは、松代さんのほうから解説してまいりましょう。

松代さんは、五行配列についても
 三種類含まれている
 ・避けるべき配列になっていない

ということで大丈夫です。


さて、ところでみなさま、松野兄弟が全員持っている凶配列ということでお話をした、
《天底同数》については覚えておいでですか?

名字の頭文字名前の末尾の字が同じ画数】というものでしたね。

この「同数」系の凶配列は他にもありまして。松代さんがそのうちの一つを持っておられます。


……【名字の頭文字名前の頭文字が同じ画数】
に、なっていますね? 同じ字なら画数も同じに決まってます。


こちらは《天同数》と申しまして、天と地が張り合って分裂、といった象意ですね。
もめごとや喧嘩、騒動を引き起こすおそれの強い、そんなタイプの凶配列でございます。

奇数で同数になっているか偶数でなっているかで若干味付けが違ったりもしますが、それはまあいいでしょう。ざっくり言うと「自分が怒る」「相手を怒らせるか」の差ですね。

今回は8画、すなわち偶数での同数なので、これに従うなら後者の傾向ということになります。

松代さんはこんな感じですかね。

両人共通の凶要素もあるので、それは個別のものの後にでも。


お次、松造さんです。
一点、松代さんより深刻な部分があります。


が、その前に、五行配列について。

松造さんの姓名に含まれる五行は「金」「土」。週末ですね

……という話ではなく、二種類ですね。

「その3」で、3つ入っていればおおむねバランスが良い、などと言いましたが、
別に3つない=即凶配列!というわけではありません。

ただちょっとアンバランスかな、くらいです。

イメージとしてはカメラの三脚を思い浮かべてみればいいと思います。
あれがもし二脚だったら、(よほど絶妙なバランスで置かない限り)手を離したら倒れちゃいますよね?

だいたいそういう認識で構わないと思います。


で、五行はこれくらいにして、松代さんより深刻な部分の話。

まず天地同数》。松造さんもお持ちです。

さらにもうひとつ、「同数系」でも一番ヤバいやつをお持ちです。


その名を《天地総同数》と申します。

どういうものかおわかりでしょうか?

これは、
名字全体の画数(天格)名前全体の画数(地格)が一致】しているものです。

特に男性でこれはまずいですよ!
というのも、これは出世に影響します。

数奇な人生を歩んだり、何事も裏目に出る人生になるおそれが強まります。

森堂の師匠の師匠曰く、「名前に天地総同数がある人は出世させてはいけない
そうまで言わしめる、危険性の強い配列なのです。


もちろん占いですから100%はありません。

努力しだいでどうとでもなりますし、「名前にそういう傾向がある」ということを自分で頭の片隅に置いておくだけでもだいぶ違うと思います。

それでも、もし自分の名前が天地総同数で、自分の出世が心配な方がいらっしゃいましたら、
・あなたの上司、あるいは貴社の上層部に姓名判断の心得がないことを祈るか、
お近くの姓名鑑定士までご相談ください(ダイレクトマーケティング)

※森堂はネット上≒あなたの画面の向こう
  
ものすごくお近くの姓名鑑定士となります(ダイレクt(ry)


閑話休題。
随分と話がそれましたが、二人共通の良くない部分をみてまいりませう。

さて、天地総同数のところでチラッと名前を出しましたが、姓名判断をちょっとかじったことのある方なら「天格」「地格」「人格」(天画etc…という場合もアリ)という言葉を見聞きしたことがあるかと思います。

今回問題になるのは、そのうちの「人格」すなわち、
名字の末尾の字名前の頭文字の画数の和】です。

この人格には、避けるべき数、というものがいくつかありまして。
そのうちの一つに「19画」があります。

日本では「苦」に通じるとして4に並んで縁起の悪い数といわれる「9」、それが重なって「重苦」、すなわち19といったところです。

松代さん、松造さんの人格を構成する漢字は「野-松」ですね
野は11画、松は8画、足して19画。

本来、名前の運勢としてはこれ単体でも「大凶名」の基準を満たしているものなんです。

そこに色々重なって、あーもうめちゃくちゃだよ、といった様相です。


さぁ、そこに極めつけの一撃をぶつけてしまいたいとおもいます。

ちょっと、お二人の名前を縦書きにして眺めてみてください。
ここに置いときますんで。


  松  松
  野  野
  松  松
  代  造




なんか……分けられそうじゃありません?


左と右に分けられそうじゃありません?



真ん中から日本刀を垂直に下ろしたら、
みたいにパックリいきそうじゃありません?



はい、割とレアで重大な凶要素

《縦分離名》頂きましたーー!

はい、これはその名の通り、姓名の字全てが左右に二分できる構造の名前のことを言います。
※「しんにょう」は「扁(へん)」扱いなので「造」も分かれます。

これは、いろんなもの、とにかくいろんなものが分かれる(別れる)、離れるという象意がありまして、

倒産や離婚、一家離散、はては身体の一部を欠損するような事故
などを暗示するものであります。

覚えておいでですか?
4話で松野夫妻が離婚しかけ、
扶養家族選抜面接で一家離散しかけたことを!!


あれはまあ未遂に終わっているわけですが、最後にひとつ、別作品からも例を出してみましょうか?

まさに分離名らしい結末を迎えたキャラクターがいるのです。

その人の名は





伊藤誠

※当流派では漢字はすべて旧字に直して鑑定をする関係で、
「くさかんむり」は「++」みたいな真ん中で繋がっていない形をとります。
德永英明さんの名前を正式な表記で書いたときの「英」のくさかんむりです。

あえてここに彼の迎えた結末は書きませんが、ご存知の方なら「あっ…(察し)」となったことでしょう。

つまりはそういうことです。名前の力って凄いでしょ?(ドヤァ)


さて、これにて「おそ松さんたちが多分名前のせいでニートになってる、ってな話」はおしまいになります。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

一言でまとめるなら、
一家総出で名前が不幸すぎた
ということですな。

赤塚先生わざとやってんじゃないですか、ってレベルに。

どの要素がどう作用してニートになっちまったのか、というところまで考えようとすると、記事数が20や30じゃ収まらない気がするの。


さて次からは、先日発表された新生児の名付けランキングをネタに何かやろうかと思ってますが、詳細未定です。

不慮の事故で気持ちをやられて一週間空いてしまいましたが、2~3日に1回は投稿したいとは思ってます。


では、できれば11月中にもう一度くらいお会いしませう。

森堂でした、あでぃおーす。






コメント

わにゅーん
No.1 (2016/01/29 18:32)
ぶはぁ…wwwwwいろいろとフルボッコwwwww松造さんがあんまり出世してないとしたら、六つ子と両親で合計8人をどうやって養ってるんだろう…?しかも六つ子今の時点で結構金使ってるし…やっぱり海外株やってた十四松かな?
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事