ごちゃまぜ製作委員会

「今年は 消費税増税を決めないと思う」

2013/07/26 00:05 投稿

  • タグ:
  • 麻生太郎
  • 消費税
  • 演説
  • 講演
  • 参議院選挙

参議院選挙は自由民主党の圧勝で幕を閉じ

「これで我祖国日本は安泰だ」と思われる

かに思えますが、そうではないと思います。


早速、マスコミは来年度から消費税が8%に

増税されると言われるような報道をして

いるところもありますね。

実際、去年の消費税増税法案

(正式法案名)

「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を

行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案」

が可決されたときには、既に

「消費税増税決定! 14年度に8%に!」

というような報道がテレビ局(某昔の10ちゃんねるw)

で報道されていたことは、私の記憶に強く残っています。


さて、この消費税増税法案には附則18条なるものが存在します。


---引用開始---

消費税率の引上げに当たっての措置(附則第 18 条)


消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件と

して実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の

活性化に向けて、平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において名目

の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度を目指した望

ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施そ

の他の必要な措置を講ずる。


この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を

行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第2

条及び第3条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの

施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価

動向等、種々の経済指標を確認し、前項の措置を踏まえつつ、経済状況

等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。

---引用終了---

引用


「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を

行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案」の概要



さて、これを要約しますと


「消費税増税前に種々の経済指標などを参考にして

消費税増税を『停止』することも出来る」


と書いてあります。

さて、いま「来年度から消費税が増税される!」と

大騒ぎをしている人は、この附則18条をご存知なのでしょうか?

(最近はニュースなどでも「秋の臨時国会で判断」ということが

報じられておりますが…)


「でも、増税は既に決まってるんでしょ?」

「財務省の意向には、逆らえないよね」

なんて声もチラホラ聞こえてきたりしますが

本当にそうなのでしょうか?


さて、ここで麻生太郎副総理兼「財務大臣」の

野党時代(平成24年5月13日)に

長野県安曇野市でおこなわれた講演の動画を

ご覧頂きましょう。


この動画の49分32秒からの

麻生「消費税? 確かに必要でしょう。 あなたがど~しても!

  やりたいと 言うんであれば消費税いいですよ。ただし

  消費税を上げる時期、上げる額、その内容については

  改めて国会で審議しましょう。ゆ~条項さえ

  付けておいてもらえさえすれば」

という講演の後、付帯18条のついた増税法案が組み込まれたから

自民党は「増税法案には賛成」をしたという流れな訳です。

だからと言って、自民党が政権を奪還して、今夏の参議院議員選挙で

国会のねじれ状態を解消したからといって… すぐに消費税増税には

動かないのではないかと思うんです。


さて、今の状態に戻ってその根拠となる動画を見てみましょう。

次の動画は麻生副総理兼財務大臣が

今夏の参議院選挙で大分県でおこなわれた

磯崎陽輔候補(当選おめでとうございます)の選挙運動のとき

麻生太郎副総理兼財務大臣が大分入りして応援された演説の模様です。



この動画の11分13秒からの

麻生「間違いなく景気は良くなってきていると言うことは

  肌で実感してます。 (中略)東京、大阪って言う所では

  タクシーの売り上げも増えてきた。間違いなく増えてますよ

  しかし、残念ながら地方にいくまでには、かなり時間がかかる

  これは常に景気が良くなってくるときには、最後に回ってくる」

このあたりの現在財務大臣である麻生太郎大臣の発言を聞くと


「まだ消費税増税をする時期ではないんじゃないか?」とか

「財務大臣がまだ全国規模で景気は回復してないという認識」

ということがお分かりになるのではないかと思います。


ですから、今年、復活のスタート地点に立ったばかりの日本経済の

現状では、「まだ消費税を増税するインフレ政策をするのは早い」

ということになるのではと考えます。


消費税増税をするべきではないという声を上げているのは

なにも「安倍内閣の支持率が落ちるから」ではないのです。

安倍総理・麻生副総理が目的とする日本経済の復活と

祖国の繁栄に、消費税の増税は、冷や水をぶっかけることになると

私は考えているのです。

  

さて、皆さんはこの消費税増税論議にどのようなお考えをお持ちに

なられていらっしゃるのでしょうか?

私は将来的に…「消費税って必要ないよね」って言われて

消費税制そのものが廃止になる未来が、そう遠くない時期に来ると

考えていたりするんですが、そのことについては

今回アップロードした動画で続きをご覧下さい。  




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事