ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

自衛隊を往く

八戸航空基地祭 2017

2017/10/01 15:44 投稿

  • タグ:
  • 旅行
  • 八戸航空基地祭
  • 八戸基地航空祭
  • 航空祭
  • 八戸基地
  • 海上自衛隊
  • 航空自衛隊
  • 青森県
  • 軍事
  • US-1
どうも、雲子苦佐井です。

2017年9月24日に青森県八戸市で行われた、海上自衛隊八戸航空基地記念行事(八戸基地航空祭)に行ってきました。
ここ八戸航空基地は海自の固定翼機の基地としては、日本最北端に位置している飛行場です。
お隣には陸上自衛隊八戸駐屯地もあり、そちらは回転翼機の飛行場になります。
ちなみに昔は陸軍の飛行場でした。
今年は八戸航空基地開隊60周年になる節目の年になります。

手荷物検査をして那珂に入ります。

駐機場にはP-3Cがズラリ。
壮観ですね。

一番端っこはOP-3C。画像情報収集機です。
対潜機器の代わりに画像データ収集機器を装備しています。
3機しかいないのでレア機だったり・・・?

反対側にはUS-1やP-1が展示されています。

9:00からP-3Cによる展示飛行です。

大きい機体の機動飛行も迫力があります。
低速飛行をしています。
物資を投下します。
ぽいっ!
11:30から2回目の飛行展示が始まります。何やら視線を感じます・・・。

うおおおおおおおお!こっち見てるぞおおおおお!!(ドゥーチェ)

中で写真を撮っていますね。
物資を投下します。今度は乗員に注目してみましょう。
「じゃ、流します・・・」
ペッ!(アルパカ)
着陸します。
手を振ってくれています。
こちらでは三沢基地、第三飛行隊の隊員が集まっています。(3人はどういう集まりなんだっけ?)
ご近所の三沢基地からF-2Bが飛んできました。
バックの工場と妙にマッチする?しない?
使ったドラッグシュートです。
重さは20キロあるそうです。

新しいドラッグシュートを装填します。
周りにお客さんが集まり、ブルーインパルスのウォークバックのような人気です。

さて、次は地上展示を見ながら、スタンプラリーに参加して景品をゲットします。

すぐお隣、八戸駐屯地のUH-1。
先日の三沢航空祭に来ていた機体と同じでした。
八戸駐屯地のAH-1S。

F-15

U-36A

E-2C

YS-11

US-1
初めて見ました。

P-3C
模擬弾が搭載されていました。

P-1
こちらも初めて見ました。

いつかはP-3Cから置き換わるんですね(哀愁)
C-130

混んでいないので中に入ってみましょう。


次は格納庫に入ります。

張りぼてのP-3C。

中はこんな感じ。

ファッ!?(驚愕)
こわーい!

次は広報資料館「うみねこ館」を見学します。

鳥が衝突したP-3Cのレドーム。




これは子供が泣かないんですかね・・・?




海防艦「稲木」の資料です。

1945年8月9日、八戸港にて米軍艦載機と交戦し沈没しました。


次は車両展示を見ます。
87式偵察警戒車
88式地対艦誘導弾
地対空誘導弾改良ホーク
ちなみに、スタンプラリーの景品はタオルでした。
昼飯を食べてのんびりします。
15:00からはメインイベント?のRTBを見ます。
まずはUH-1です。
バイバーイ!
こちらもバイバーイ。
F-2Bも帰投準備に入ります。
AH-1Sが帰投します。
20mm機関砲でバイバイしています。
まあ、帰投先はすぐそこなんですけどね。
E-2Cの主翼が展開します。
C-130が帰投します。
F-2Bが滑走路に向かい、帰投します。
E-2Cが帰投します。
U-36Aが滑走路に向かいます。
誘導する隊員も手を振っています。
US-1が滑走路に向かいます。
2017年で退役なので、しっかり見ておきましょう。
U-36Aが帰投します。
US-1が帰投します。さよならー!
哀愁があります。
ある程度のRTBを見終わったので、私も現実に帰投します。

初の八戸航空祭でしたが、晴れのイベントとなり、普段見られない機体の撮影もできたので、楽しむことができました!
来年のイベントを楽しみにしつつ、今回はここまで。

また次回・・・。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事