ガンプラとか全然面白くないんだからね!

お手軽撮影ブースを作ってみた(ガンプラ編)

2016/01/10 21:58 投稿

  • タグ:
  • HGBIO
  • ガンプラ
  • グレイズ
  • ガンダム
  • 鉄血のオルフェンズ
はいどーも、だらっとした人こと「うに」でゴザイマス。
今回はちょいネタって事で、撮影ブースについてです。

先日行われましたハグフェスという模型祭りに出品したグレイズを撮影した際に使用した撮影ブースについてご紹介します。

撮影ブースっていうと、なんだか高価そうとか大変そうとか、敷居が高いように感じるかもしれませんが、手作りでもそれなりの撮影ブースを準備する事ができますので参考にしてみてください。

今回の自作撮影ブースで準備したものは・・・・
1:ダンボール
2:摸造紙
3:ブックエンド
4:固定用のテープ(今回はガムテープを使用)
5:スタンド照明
以上です。


作業手順は、まず、コンビニとかスーパーに行ってタダでダンボールをもらってきます。
ダンボールの大きさは作品によって変わると思いますので、取りあえず適当な大きさのダンボールを準備します。

次に、100均ショップなどに行ってブックエンドを買ってきます。
今回はしっかりとした金属製のブックエンドを購入しました。
手持ちでブックエンドを持っている場合には購入不要です。

次に、L字に折り曲げたダンボールをブックエンドで固定します。
固定にはガムテープを使用しました。



次に、ダンボールに摸造紙を貼り付けます。
摸造紙は100均で手に入ります。オイラが買ったのは8枚入で100円でした。
貼り付ける時のコツとしては、L字のコーナーになる部分は緩やかなアールになるようにたるませる事です。撮影時にコーナーの影が出なくなります。



あとは、この状態で撮影用のガンプラをセットし、スタンド照明もセットします。



この時オイラがやっているのは、この撮影ブースを可能な限り天井のシーリング照明に近づけるように設置しています。
そうする事によって、天井の照明とスタンド照明の光源が2個活用できるので、撮影時に影が出にくくなります。

また、撮影時にはスタンド照明の位置をガンプラに近づけたり離したり、上から照明を当てたり下から当てたりと最適な位置を探してグルグル動かしてます。

そして、この撮影ブースで撮影した画像になります。




2~300円の材料費で作った撮影ブースにしてはまずまずの状態だと思います。
もっと写真にこだわりたい人は、もっと本格的な機材を揃える必要がありますが、可能な限り安く済ませたい方にはこの方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

twitter@yujikaiip4
https://twitter.com/yujikaiip4




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事