【古今東西、怪獣好きが集う場】まなしなのブロマガ

ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ ウルトラ怪獣大百科【SS版】 part10

2013/11/30 17:28 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ウルトラマン
  • 特撮
  • SS
  • 小説
  • まなしな
  • ゆっくり学ぶウルトラ怪獣大百科
  • 東方project
  • ゆっくり解説
  • ゆっくり劇場
  • エンターテイメント


※このSSは権利問題により削除したゆっくり解説動画
ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ ウルトラ怪獣大百科」シリーズの、
茶番(ストーリー)部分のみを纏めてリメイクした内容になっています。
また、現在投稿中のゆっくり解説動画
ゆっくり妖夢がみんなから学ぶ ウルトラ怪獣絵巻」や、
ゆっくり霊夢とやる夫が学ぶ 昆虫大百科」の前日談という扱いにもなっております。
ウルトラシリーズ及び、東方Projectの二次創作なので苦手な方は注意!!
(設定も原作を元に、一部オリジナルが入っています)


前回のお話はこちらからどうぞ。
http://ch.nicovideo.jp/ultramanasina/blomaga/ar401892

part10「悪魔の刺客」

池袋を訪れたあの日から、数週間後のとある日の夜。
霊夢、魔理沙、やる夫の3人はやらない夫の家を訪れ、
きめぇ丸はあの時以来、幻想郷には戻っていない事が霊夢と魔理沙の口から明かされた。
空間やメフィラス星人の存在が公になっていない事に安心したやらない夫だったが、
一方で情報を出来るだけ早く伝えたいはずの新聞記者が、
どうして身を隠し続けているのか、それが気がかりだった。
と、そこにチャイムが鳴り、やらない夫が家に招き入れたのは、
できる夫」と呼ばれる人物だった。

彼はやる夫とやらない夫とは古くからの付き合いであり、
霊夢や魔理沙とも何度か顔を合わせている顔なじみである。


霊夢 「あら、随分久しぶりね」

魔理沙「私達は今日もここにお邪魔しているんだ、ゆっくりしていってくれ」

やらな「ここを誰の家だと思っているんだ」

できる「あはは・・・いえ、やらない夫さんに借りていたゲームを返しに来たんですよ」

やる夫「なんだ、そういう理由だったのかお」

できる「最近あまり会えませんでしたけど、何かあったんですか?」

魔理沙「どうする?こいつになら別に話してもいいだろ?」

やらな「うーむ、口が硬い奴だし・・・できる夫ならまぁいいか」

できる「???」


4人はメフィラス星人と出会い、謎の便利な空間を貰った事。
そして空間に引き込まれないきめぇ丸の話など、
ここ最近起きた出来事をできる夫に詳しく説明した。
最初は浮かない表情をしていたできる夫も、
話を聞くにつれ次第に表情が崩れ始め、何時しか目から涙を流していたのだった。


やる夫「えっ、今の話の中でどこか泣ける要素があったかお!?」

できる「いえ・・・心底羨ましいなって・・・」

霊夢 「羨ましい?」

できる「だってそうじゃないですか!そんな便利な空間を貰っただけじゃなくて、本物のメフィラス星人と出会ったんでしょう?僕はそういう【非現実的】な事に心底憧れているんですよ!もう休みの少ない会社で延々働き続けるだけの生活は飽き飽きしているんです。あぁ、僕もそういう経験がしてみたい・・・」

やらな「(エリートも大変だな。何でも出来る奴なだけに、いくら給料が良くても今の社畜ポジションが余計に辛かろう・・・)」

魔理沙「まぁ今の話が嘘じゃないと証明してやるよ、ほら」


魔理沙は空間を展開し、それを見たできる夫の目は更に輝きを増していた。
文字通り何でも出来るできる夫は知識量も豊富であり、
ウルトラシリーズにも人並み以上に詳しい。
彼は持ち前の知識力で
ウルトラマンネクサスの元凶の一つ【ビースト・ザ・ワン】、
ユーモラスなデザインの【油獣ペスター】、
アメリカに登場したペスターの【油獣パワードペスター】、
貝の様な姿をした巨大な宇宙怪獣【宇宙星獣ガルバドス】、
ウルトラウーマンベスを苦しめた【植物怪獣グリンショックス】、
慇懃無礼な態度の偽紳士【光波宇宙人リフレクト星人
の解説を行って見せた。

魔理沙も認めるほどの解説力だったが、夜も更けてきたので翌日の出勤に響くと、
できる夫は4人に見送られながら、やらない夫の家を立ち去った。
秋の虫も鳴き始め、その音色に耳を傾けながら上機嫌で帰路に着くできる夫だったが、
彼を街路樹の上から見つめていたのは、カメラを手にした「きめぇ丸」だった。
彼女はできる夫の写真を1枚撮り、ため息を付きながら空へと飛び上がった。


きめぇ「ふぅ、できる夫さんもこれで【ブラックリスト】の仲間入りね。少し不本意だけど、私の目的を果たす為にも今は彼に報告をしないとね・・・」



木々の葉は赤や黄色に染まり始め、いよいよ10月も終わりがやって来た。
夜空には白く輝く美しい月が何時ものように浮かんでいたが、
その月の裏側には一隻の宇宙船が人知れず停泊していた。
宇宙船の中にはメフィラス星人が一人で搭乗しており、
彼は普段ここを家代わりに生活をしているのだった。
時空を超える力を持つこの宇宙船を何処からか拝借していたメフィラスは、
自分の住む宇宙」と「霊夢たちの住むこの宇宙」を行き来していたのだが、
今回この宇宙にやって来た際に【何者か】からの干渉を受け、
宇宙船の装置が一部ショートをしてしまい、その修理を先ほどやっと終えた所だった。


メフィ「ふぅ・・・これで大丈夫ですね。しかし一体何だったのでしょう、先ほどの妨害は・・・先日の空間に引っかからない「きめぇ丸」さんの存在といい、やはり何者かが意図的に・・・?」


一人悩むメフィラスだったが、魔理沙が再び空間を展開した事を察知し、
ひとまずは地球にテレポートをしてやらない夫の家にて久しぶりに4人と対面。
相変わらず何の前触れも無く突然現れるメフィラスに驚く4人だったが、
魔理沙たちはそのままメフィラスを交えて「怪獣ソフビ人形」の解説をして、
場を盛り上げたのだった。
するとやらない夫の家のチャイムが鳴り響き、
やらない夫が渋々ドアを開けると勢い良く何者かが入り込んで、
彼の家にあるソフビ人形やメフィラスをその勢いで吹っ飛ばしつつ、
威勢良く一言を発するのだった。


???みんなー、遊びに来たみょーん!

やらな「あぁ、俺の怪獣ソフビ人形たちが!」

やる夫「いや、メフィラスにも触れてあげるべきだと思うお・・・」

霊夢 「よ、妖夢!?」

魔理沙「やれやれ、きめぇ丸に続いてお前も幻想郷を飛び出して来たのか」

妖夢 「だって、何時も二人が外の世界の話ばかりするから気になって」

メフィ「いたた・・・あ、貴女も霊夢さん達のお知り合いですか?」


妖夢 「私は【妖夢】、半人半霊の剣士ですみょん。へー、これがメフィラス星人かみょん・・・」

やらな「へーって・・・まさかお前ら、幻想郷でメフィラスの事を言いふらしたのか!?」

霊夢 「さ、さぁ・・・?」

魔理沙「どうだったかな?少なくともシラフの時は誰にも言っていないはずだが」

妖夢 「前の宴会の時に、集まったみんなに思いっきり言いふらしていたみょん。酔っ払って」

霊夢 「記憶にございません」

魔理沙「右に同じだぜ」

やらな「お、お前らなぁ・・・!!」

やる夫「でも、何でこのやらない夫の家の場所まで解ったんだお?しかもその口ぶりだと、今日全員集まる事を最初から知っていた様な感じだお」

妖夢 「そ、それは・・・それも宴会の時に聞いたんだみょん」

霊夢 「あら?あの時に今日集まる事を既に決めていたんだったかしら?」

妖夢 「そ、それよりも噂の空間とやらも見せて欲しいみょん!せっかく来たんだし」

魔理沙「いいぜ、ほれ」


空間を広げた魔理沙は
パイロットフィルムにしか登場しない【宇宙鉱石怪獣ドレンゲラン】、
下町の人々に愛されている【スシ大好き遊星人ウニトローダ】、
ウニトローダの宿敵【宇宙怪獣サビコング】、
旅行好きな美女【変身生命体ベロニカ】、
嫉妬深いベロニカの夫【変身生命体リュグロー】、
色んな意味でヤバい怪獣【宇宙化猫タマ・ミケ・クロ】、
小物臭い外道侵略者【反重力宇宙人ゴドラ星人
を意気揚々と解説する。

妖夢を交えて6人で和気藹々と話し込んでいく内に、何時しか日が傾いて夜が訪れた。
外が薄暗くなった事に気付いた魔理沙は、
今日は特別な日だから外に出よう」と皆に持ちかけ、
空間転移を利用して妖夢やメフィラス星人も連れてショッピングモールへと繰り出した。


やらな「おい、妖夢はまだしもメフィラスはマズくないか!?」

魔理沙「何言ってるんだ、今日こそメフィラスが街を練り歩ける唯一のチャンスじゃないか」

やらな「え?・・・そうか、今日は10月31日、【ハロウィン】だったか」

メフィ「ハロウィン?何ですかそれは?」

やる夫「好きに仮装をして、イタズラされるかお菓子をくれるかを大人に突き付けるイベントだお」

やらな「噛み砕きすぎだろその説明は。まぁ今日ばかりは変な格好をした奴もさほど目立たないって事だ」

妖夢 「へ~、そんなイベントが・・・あっ、ちょっとトイレに行ってくるみょん!」


妖夢がトイレに行っている間、5人はショッピングモールを練り歩いて買い物を楽しんだ。
その姿からメフィラスや魔理沙は通りがかる人々に次々と写真に収められ、
何時しか他のコスプレイヤーと共に行動をし、
霊夢たち3人はその間にハロウィンの料理を堪能する。
少し目立ちすぎなメフィラスを気にしつつも、
何か突っ込まれたら魔理沙が作った着ぐるみだと言い張っておけば大丈夫だろう。
やらない夫はそう考えながら出された料理を口いっぱいにほおばっていた。
妖夢がトイレに行くという嘘をつき、きめぇ丸と連絡を取り合っている事など知らずに・・・





part11に続く
http://ch.nicovideo.jp/ultramanasina/blomaga/ar402645


まなしなへの連絡先など
主な活動拠点であるブログ→   http://ultramanasina.blog102.fc2.com/
何かあればこちらまでメールを→ soundwave0628@gmail.com
何故か始めたtwitter→      http://twitter.com/soundwave0628


コメント

akito
No.1 (2015/04/28 23:11)
キリエルが鼻息してるように見えるw
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事