ぷれてんのブロマガ

そして、またやってしまうという。

2014/06/14 16:53 投稿

  • タグ:
  • マザーボード
  • PC
  • 改造
  • ASUS

どうも、こんにちは。
素敵な休日をお過ごしでしょうか?
ウルトラ店長です。

さて、掲題の件ですが。
おわかりの人もいるかもしれません。

ええ。またやってしまいいました。
こんどは何をやったのかって?
まぁ、以降を読み進めてもらえばわかります。
ええ。


(・ω・)

あれは、2週間前だったと思います。
お出かけした帰りに秋葉原によったんです。
いや特に何かをしに。。。行きましたね。靴下買いに。
ええ。靴下ですよ。
秋葉原のアトレの靴下屋ってお店に。
あそこの靴下はなかなか出来が良くて履き心地が良いです。
みなさんもお試しあれ。

え?
あそこの店は女性用しかないんじゃないかって?
大丈夫です。
男性用の靴下もちゃんと売ってます。
店舗にもよると思いますが。

今回、購入した靴下はくるぶしソックスじゃなくてもう少し丈ののあるやつです。
なんて言えばいいんだろう。
7分丈ソックスって言えばいいのかなぁ。
そんな感じのソックスです。

ソックスの話ばっかりしていてもあれなので、
そしてソックスを購入し、ふとTSUKUMOさんへ。

そうですね。
いやな予感しかしませんねw

そこで、ぷらぷらとマザーボードを見てました。
んで、まぁ。あれですね。
りゅーたそも居たわけなんですが。。
僕にこう言いました。

「Intel入れよ。」

いやいや。
AMDにして1年も経ってないのに即効Intelに戻るんですか!?
しかも今回はタイミングが悪いことに、チップセットが新しくなっているじゃないですか。
Haswell Refreshという新CPUが5月にお披露目されましたがそれに伴って
マザーボードのチップセットがIntel8系から
Intel9系へとバージョンアップされていたんです。

このIntel9系のチップセットは次に来る第5世代IntelのCPUにも対応しているとのこと。
まぁ、以前ぼくもハズレを引いたので新しいIntelチップセットは買いたくないので
値段はおおよそこんな感じ。
5万円強(CPUはi5系,マザーボード)。
丁寧にお断りしました。

そしたら、次にこういうんですよね。

「これにしよ。」

これって指してるのはAMDのFXシリーズ。
店員さんにも話を聞いたんですが、FXシリーズは8コア装備のAMD系CPUで
ハイエンドは放熱がやばいんだとか。
かなりファンにお金かけないと使いこなすのは無理だそうで。
ミドルエンドやローエンドでも電源は700Wくらいないと難しいそうです。

なんでそんなに電源を食うのか。
それはグラフィック処理すなわち画像演算しないらしい。
どういうことかというと、
グラフィックボードを装備させないとパソコンの画面が映りません。
もちろんチップセットは違うのでいま僕が使っているマザーボードは流用できません。
CPU買うならマザーも一緒にw

FXシリーズはグラフィックボードを増設ありきなんです。
ええ。
グラフィックボードないとそもそも普通につかえません。
僕が使っているAMDのAPUやIntelのCPUはグラフィック内臓なので問題ないです。
ハイスペックな3DゲームをPCでしなければですが。

なので、おもしろいことにマザーボードに映像入力用の端子がついていません。
おもしろいですよね。

で、AMD FXシリーズは4万円弱(CPU,マザーボード,電源)だったので
こちらも丁寧にお断りしましたw

不機嫌そうに

「じゃあ何買うの?」

って言われたので。

こちらを購入。




ASUS A88X-PRO
こちらは以前使っていたmicro ATX規格ではなく、ATX規格です。
やっとケース相応のマザーボードが装備できました。


こんな感じです。
# すみません。画像は撮り忘れたのでネットから適当に拝借。

金色のヒートシンクがなかなかかっこいいですよね。
念願のASUSUです。

使ってみての感想は痒いところにまでてが届く感じ。
一つのアプリ一括でCPUの負荷量の調整やファンの回転などの
PCのパフォーマンスを最適化してくれます。
いい感じです。

ですが、これ。
CPUファンを付けるときが戦争でしたw
何が起きたかって、
CPUファンは冷水のものを使用していることを書きましたが、
これが設置ミスしていたみたいなんですorz

どういうことかというと、
今回使用していたファンは土台をマザーボードの裏側から取り付けるんですが
その時に落下防止のために両面テープを付けているんですが、
そのときに2種類のテープを間違えて取り付けておりました。
強力な粘着のほうはパーツ同士を取り付けなくてはいけなかったんだろうところ
私はボード側に取り付けてしまっていたという。

なぜ起きてしまったかは、
使用する両面テープの種類を説明書に記載されていなかったのが原因かと。
間違えてしまいました。

読み間違えや読み飛ばしているのかもしれませんが、
見にくい説明書なのでもう見たくないですw

説明書で思い出しましたが、このASUSのマザーボードの取扱説明書は
全部日本語です。
日本語オンリーです。
すばらしいです。
東日本大震災直後にこのメーカーが出荷したPCのマザーボードに頑張れ日本的な言葉を
刻印していたのは有名な話ですね。
いいメーカーです。

BIOSもなかなか見やすい。
こちらは最近流行っているのかな?
UEFI BIOSを採用しています。

このUEFIというのは簡単に言うとマウスで操作できるBIOSです。
昔はキーボード操作するしかなかったBIOSですが、昨今はUEFIを採用することで
マウスで操作できるようになっています。
いい時代になりました。

このマザーボードのBIOSは装備しているパーツのメーカーなんかを判別してくれるようです。
CPU温度や消費電力なんかもこのBIOSから見ることもできます。

さて、いろいろ書きましたがこれ、1/2なんです。
パート2があるんです。
お楽しみにw

えーと。
BIOSからメモリーのメーカー見たらなんとサムスンでした。
怖いし3年超えたので次はメモリーの買い替えかなw

それでは、
また会おう!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事