うどんぱのブロマガ

ウンコのゲームを作りました

2020/07/10 00:42 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • RPGアツマール
  • 自作ゲーム
こんにちは うどんぱです

タイトルの通り、ウンコを題材にしたゲーム「ウンコテクニカ」を作りましたので
紹介記事を書いていきますよ




まずプレイURLこちらです
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm14396

さて、ゲーム内容はというと
自動走行するウンコをジャンプさせてステージのゴールである便器に入れるゲームです。
ウンコがテーマではあるものの汚い要素はほぼほぼ無いです。
コロコロコミックのギャグマンガとか鳥山明のマンガ程度。食事中でも全然遊べるレベル。



基本的には普通の2Dアクション。
細かく言うとランゲームに分類されますかね。クリック操作(タップ操作)だけで遊べます。



画面左下の「尻」がスタート地点。
これをクリックすると自機である「ウンコ」が発射されてステージが開始されるわけですね。ウンコは壁に当たると反射します。
そしてゴールは「便器」

このオブジェクトの役割はシンプルかつ分かりやすくてよいのではないかと自画自賛

ちなみにステージに落ちてるコインの名称は「UN-COIN(ウンコイン)」
良い名前だと自画自賛(2回目)


 各ステージは基本的に数秒でクリアできます。長くても30秒から1分程度ですかね。
ステージを最小ジャンプ数かつ最小壁反射数でクリアすると、
ステージ選択画面に★がつきます。(一部例外あり)


ステージ数は基本的なものが55+ラスボス面の56個。加えて有料DLCの形で16個追加されます。

さらに今後のアップデートでまだまだステージを増やしていきます。
無料で遊べる方に足していく予定ですが有料側で遊べる方にも足していくかも。未定



ステージをクリアしていくモードとは別に、
プレイヤーがチームに分かれて集めたコイン数で競い合う「UNDOUKAI」というモードがあります



プレイヤーは最初に3つの勢力から1つを選び、他プレイヤーと協力して自勢力を強化していく遊びです。ステージで集めたコインがここで活きるわけですね
今はすごい偏った勢力図になっているらしい

勢力争いのシステムは自作品のキノコVSタケノコを発展させた感じです。
あっちはアツマールのランキングシステムで無理やり実装してるのに対して
今回はグローバル変数のシステムで実装しているので
内部プログラムはだいぶ綺麗になってます。


ゲームは基本的にステージクリアとUNDOUKAIのサイクルで出来てますが、
その他要素として自機の見た目や肩書を変えるカスタマイズ要素があります。


自機の見た目変更画面。名前は元ネタがあったりノリで決めたり

で、ホーム画面でばーんと変更した内容が反映されているわけですね。
ぶっちゃけ見た目が面白い以上の物はないですが。

「マウンテンウンコ」ってなんだよ



ゲームの基本要素はこんな感じですね。
あとはランキングや実績要素など。
で、基本ではない要素として、上にもちょろっと書きましたが課金機能があります。
ニコニコポイントを消費してDLCを買う感じ。



入手コイン数が倍になるブーストアイテムと、
新規のステージが遊べるようになるものです。

ブーストアイテムは「72時間」、「永続」の2つ。
購入するとステージ中やログインボーナスで手に入るコインが2倍になります。
両方を買うとコインの獲得数が4倍になります。
250コンボある状態でステージクリアすると1000コインが手に入ってしまうという。
72時間経過後は2倍になります。「72時間」アイテムは再購入可能です。



ボーナスステージ、チャレンジステージはそれぞれステージが8つ新規に遊べるようになります。

ボーナスはかなりコインが稼げます。
通常ステージはせいぜい10枚程度しか手に入りませんがですが、こちらは40~150枚一度に拾えます。コンボ数もモリモリ増えます。




チャレンジは単純に高難易度のステージが遊べます。かなり容赦ない難易度設定にしています。
僕はやったことが無いのですが、どうやら壺おじっぽいらしいです。
あと、特殊な仕様としてチャレンジステージ中はコンボゲージが減少しません。



以上、ゲームの紹介は終わり。
ここからは開発中に貰ったコメントやフィードバックへの返信とかを書いていきます。

Q,ここパーフェクト取れない(3-8)
3-8はこんな感じ。左下の青の足場は左から登りましょう。




Q,ここパーフェクト取れない(4-7)
4-7はこんな感じ。左下の足場から中央の足場へジャンプするタイミングが肝心。
ステージ名通り猶予2フレームくらい。




Q,なぜうんこなんだ・・・

A,結構ちゃんとした理由がありまして、
「日本のフリゲを遊ぶ人ってキャラクター性やシナリオを求めている人が大半でアクションゲームはあまり求められていないよなあ」という考えがありまして、
実際、自作ゲームフェスとかゲーム実況で人気になったタイトルってどうしてもそういうのが多いんですよね。
電ファミニコゲーマーで同時期に出た「コクラセ(ADV)」「殺戮の天使(ADV)」「ファラオリバース(ACT)」も前2タイトルはしっかりプロモーションもされてた印象があるんですが、「ファラオリバース(ACT)」はあまり見かける機会がなかったなあと。

で、私は敢えて日本のフリゲ界隈の需要の逆方向に行きましょうと。(単にキャラやシナリオ作るのが苦手でアクション作りたかったのが大きいですが)
そういうわけで「キャラクター性の代わりになるものは何か?」を考える必要があったんですね。
キャラクター性の代わりになるものとして採用したものが「ウンコ」でした。
ウンコならみんな大好きかな?って。



おしまい。
あらためてURLをば
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm14396

スマホでもPCでもしっかり遊べるのでぜひ遊んでいただきたく。

どうでもいいけど
「いつまでもウンコオシッコで笑える人間で居たい」
って職場の同僚に言ってドン引かれたことがあります。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事