世界各地を旅行した気分になれる(かもしれない)風景&建築写真。

トルコのケーキにはシロップ漬けがある。

2013/12/15 00:02 投稿

コメント:43

  • タグ:
  • 写真
  • 旅行
  • トルコ
  • アヤソフィア
タイトルの意味がさっぱり分からないと思いますが、言葉の通りです。
トルコの人は恐ろしく甘党で、お菓子が大好き。
特にパウンドケーキ的な生地のケーキは種類豊富でどこにでもあるのですが、コレ単体でも相当甘いのに、めっちゃ甘いシロップに浸かっているのが多い、むしろこっちが正当っぽい。なんせノーマルなケーキのほうが圧倒的に少ない!
深い大皿にででんと入っていて、そこから切り分けたものをスプーンで掬って取るのですが、スプーン持ち上げた瞬間「あ、この店水漏れした?」と素で思いました。
このシロップ、濃度も結構あって、杏仁豆腐のシロップどころかガムシロップと同等の粘度を誇ります。むしろガムシロなのかもしれん。。。
さらにこの上に蜂蜜を掛けて食べる猛者の多いこと多いこと。
好奇心に負けて一個食べてみたのですが、一口で喉から胃まで一瞬でもたれました。。。そしてこっから旅行中延々胃もたれに悩まされる羽目に。。。
もしトルコでこれにチャレンジしたい人。

パウンドケーキ(もしくはカステラ)を購入し、ガムシロにべっちょべちょになるまで浸し、表面覆う位蜂蜜かけて食べてみてください。
これで胃が死ななければ大丈夫です、多分。


さて、今回はそんなトルコの超有名な建築物、アヤソフィアです。

トルコのイスタンブール世界遺産地区にある、色々複雑な歴史を持つ建築物。

アヤソフィアの歴史を物凄くざっくり説明すると。
6世紀にギリシア正教(つまりキリスト教)の教会として建築され、その後15世紀にオスマントルコによって支配&イスラム教のモスクとして改修。
そっから色々あってコロコロとキリスト教とイスラム教が入れ替わり続け、モスクに落ち着いた19世紀位にヨーロッパと「キリスト教会に戻せやゴルァ」「嫌じゃボケェ」と結構長い間やり合い、現在はトルコ政府によって博物館として運営されています。
説明が雑すぎるとか言わない。
(因みにアヤソフィアはトルコ語で、キリスト教会時代はハギアソフィアと呼ばれていました。西洋建築史ではこっちで呼ぶことも多いんでややこしくてしょうがないわ、いい加減統一せいよ、と思わないでもないです。)

トルコへ行った当時(2009年)、丁度イスタンブールの歴史的建造物が軒並み修繕工事中で見れないモスクも多々あったのですが、アヤソフィアは何とか見ることができました。
内部は足場がっつりでしたけどね!;-;

天井のドームがめっちゃ繊細!
アヤソフィアはイスラム建築史に大きな影響を与えたと目される建築物なので、アーチだの建築様式だのその辺りも語りたいのですが、誰得&恐ろしく長くなるんで割愛。
(その内番外でも書くかな。。。需要ないんだろうけど。。。)

名目上は博物館ですが、特別な絵画や彫刻が展示されている訳ではなく、内部をそのまま保存した、いわばこの建物自体が展示品なのがこのアヤソフィアの面白いところ。

なので、ごっついモスクの装飾様式なのに人物モザイク画がある、という世界で類を見ない光景を見ることができるのが最大の特徴です。
(イスラム教は偶像崇拝禁止で人物画は禁忌に近い扱い。近年は比較的マシになってきましたが、それでも宗教上の登場人物を描いたらえらいことになります)
教会からモスクに改修する際に教えに抵触する装飾箇所は削り取ったり、漆喰を上塗りされてしまいました。(逆もまた然り)
しかし、漆喰が防御壁代わりになって当時の貴重なモザイクが綺麗な状態で残っていたりもするので、世の中なにがどう転ぶか分からないもんだなぁ、としみじみ思いました。


二階から見た景色はこんな感じ。どんだけ天井が高いか実感していただけるかと。
そして足場がいかに邪魔か激しく感じていただけるかと。。。!(血涙)



なお、このアヤソフィアに対抗心を燃やした当時の建築家(名前はシナンかシカンだったはず)が設計したモスクも同じイスタンブール市内にあり、こっちもすんごい建築物なので一見の価値アリ。(スレイマニエ・モスクといいます)
まぁ、私は工事中で入れませんでしたけどね!;-;


13/12/26 追記。

なにがあった!!!www
え、閲覧数がえらいことに・・・・!www
皆さんシロップ漬けの写真を求めていらっしゃるようなので、フォルダ漁って探してきました。大皿に入ってたどでかいケーキの写真は取り損ねてた模様・・・。
他の蜂蜜コーティングのお菓子や普通のガムシロ漬け(!?)の写真があったのでよろしければドゾ-

手前のテカテカ丸いのがガムシロ漬け+蜂蜜。蜂蜜だけだと思ったのに・・!!!w
他に乗っているの、全部甘いデザートです。真ん中のも卵に見せかけて穀物をあっまく煮詰めたものでした。


ギブアップなう。セットに付いてきおった・・・。
滴ってるの、全部ガムシロっぽい液体です。押したら溢れてくるんだぜ・・・。

コメント

( 谷 )
No.47 (2013/12/26 23:28)
ちるちるさんの書かれる文章、読んでるととても楽しいですね。好感が持てます。( ^ω^)
教会の中は装飾が美しいですね。木造建築じゃないと長い事残って良いものだなぁ…。
しかしデザート、そんなに甘々だと日本人は味覚がデリケートに出来ているのでキツそうですね。
アメリカの方でも砂糖の塊みたいなケーキが出て来ると聞いた事があります。
うん、自分、日本人で本当に良かったwww
暇な忙人
No.48 (2013/12/27 01:34)
飯テロ・・・
ちるちる♀ (著者)
No.49 (2013/12/27 18:29)
>>47
閲覧いただき、ありがとうございます!
わああありがとうございます!
そうなんですよね、木造と違ってある程度放っておいても残っている確立が段違いに高いのが良いところです。
デザートは、ね・・・。今のところ、めっちゃ美味しい!と思った国はフランスと台湾だけですw
どの国でもお菓子は美味しいの一杯あるのにw
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事