オ〇ニストによる音楽批評

Vhöl/Deeper Than Sky

2016/03/15 19:24 投稿

  • タグ:
  • へヴィメタル
  • ブラックメタル
  • ハードコア



1. The Desolate Damned
2. 3AM
3. Deeper Than Sky
4. Piano
5. Red Chaos
6. Lightless Sun
7. The Tomb

USはカリフォルニア州の北部サンフランシスコにて結成されたブラックメタル/ハードコア/へヴィメタルバンドの2nd。元Ludicra/Hammer of Misfortune/YOB等アンダーグラウンドな轟音をかき鳴らしてるUSメタラーの集合体であるVhölのデビュー作「Vhöl」はブラックメタルやドゥーム、クラスト・ハードコア~エクスペリメンタル方面まで貪欲に取り入れた中々面白い作品であったのだが、ソレに続く2ndフル「Deeper Than Sky」はちと趣が違い、へヴィメタルらしいストレートかつキャッチーなフレーズを多様した近年Darkthroneのような音像へと変化を遂げている。その変化は冒頭の1. The Desolate Damned~2. 3AMからして典型的なそれこそJudas Priestなどを思い起こさせるようなへヴィメタラーらしい豪快なリフやスピーディなギターを披露する。中盤の聴き所となる12分を超える大曲3. Deeper Than Skyでは、前作で魅せたハードコアらしい荒々しい爆走やアートワークのようなスペーシーなアンビエントパートを挟んだりと多彩なアプローチが冴えるようになり、Krallice直系のメロウなトレモロリフの洪水を垂れ流しながら程よく緩急を付けながらも爆走を繰り返す6. Lightless SunなんかはDeafheaven等のポストブラック勢に通ずるエピックさやべーシストSigrid Sheie嬢(Amber Asylum/Hammer of Misfortune)のコーラスが重なることで生まれる妙な解放感ホント好き。ラストのスピードメタルナンバー7. The Tombもテンション高くてまた良し。といったかんじで、前半のへヴィメタル路線にはちと戸惑いがあったのも事実ですが、より多彩な表情を魅せるようになった本作もカッコいい仕上がりになってて普通にオススメです。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事