オ〇ニストによる音楽批評

Baths/Obsidian

2013/06/28 23:42 投稿

  • タグ:
  • エレクトロニカ
  • アンビエント



1. Worsening
2. Miasma Sky
3. Ironworks
4. Ossuary
5. Incompatible
6. No Eyes
7. Phaedra
8. No Past Lives
9. Earth Death
10. Inter

USはLA出身のエレクトロニカ/IDM系アーティストの2nd。ジャケをよく見るとニヤっと気味悪く笑っており白い歯目立ってますね。彼自信なんでしょうか?LA の奇才Will Wiesenfeldによるプロジェクトであり、デビュー作「Cerulean」はピッチを含む海外メディアでも高評価を得たアルバムでした。本作のコンセプトは「apathy」つまり「無感情」という意味だそうです。そもそも2011年の来日が病によって実現不可になり、何もできないという状態からダークな歌詞や世界観(黒死病を描いた絵にも影響を受けたってちょっと怖い)が芽生えていったそうだ。マスタリングはFlying Lotusを務めた事でも知られるDaddy Kevが担当している。そのせいかよりIDM寄りの音楽性となっています。未だIDM(インテリジェンス・ダンス・ミュージック)という名称には慣れませんがねw

どこか陰鬱ながらもミニマルな要素で彩っていく2. Miasma Sky、暗いけど繊細な音使いが聴くものを魅了する3. Ironworks軽快でリズミカルなビート感が良い6. No Eyes、歌モノっぽいかんじで聴きやすい7. Phaedra、ネチっこいヴォーカルとやはり繊細で美しくもダークな世界観を展開してる8. No Past Livesとダークな側面ばかり書いていますが、ホント美しいです。それに作品の趣旨が一貫されておりアルバム単位で聴けるいい作品ですね。普段この手の音楽は軽くしか聴かないことから、作品自体の良し悪しは自分の感覚でしか評価出来ないのは申し訳ないです。まぁIDMとかそこら辺深く漁ってる方々ってなんかいかにもオサレというか(勘違いオサレも多数)無駄に意識が強い印象があるので、あまり没頭したくはないですがねwでも気になったアーティストは随時追っていく次第です。チルウェイブ/ダブステップ/エレクトロニカもしくは広くインディを漁っている方に聴いてみてほしい一枚。ダブコアだとかいうチャラい偽ステップ聴いてる屑はスルー推奨で。年間ベスト行き確定。ダークなニカものやIDM好きならオススメというかもう知ってるか。James Blakeの新作同様長く愛聴出来そうな一枚でそこも高評価の理由の一つですね。実際ここ一カ月寝る前とかかなりヘビロテしています。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事