オ〇ニストによる音楽批評

KEN Mode/Entrench

2013/06/22 22:31 投稿

  • タグ:
  • スラッジメタル
  • ハードコア



1. Counter Culture Complex
2. No I’m In Control
3. Your Heartwarming Story Makes Me Sick
4. The Terror Pulse
5. The Promises Of God
6. Romeo Must Never Know
7. Secret Vasectopomy
8. Figure Your Life Out
9. Daeodon
10. Why Don’t You Just Quit
11. Monomyth

カナダ産スラッジ/ハードコアバンドの5th。前作同様に異様でアーティスティックなジャケが良さ気ですね。このバンドの音楽性ってのはConvergeを筆頭にするカオティックハードコアにUS的なスラッジネスな要素ブチ込んだってかんじでなかなか新鮮です。プロデュースはMastodonやIsis等を手掛けたMatt Bayles。カオティックにど直球なハードコアブチかます1. Counter Culture Complex、3. Your Heartwarming Story Makes Me Sickあたりから前半は結構なインパクトがありますね。Isis的重さを持ったスラッジ曲4. The Terror Pulse、複雑かつゴリゴリとへヴィネスで押しまくる5. The Promises Of God、アトモススラッジ的アプローチが強い6. Romeo Must Never Know、再びハードコアパンクのように爆走する7. Secret Vasectopomy、静謐なアンビエントゴシックで締めくくる11. Monomythも新鮮に聴こえてこういう終わり方もまぁアリですな。前作よりスラッジやアトモス的な要素が増しているものの、メリハリが付いて丁度いいんじゃないかな。爆走しちゃってる曲の威力も衰えてはいないことですし。なによりこんだけごった煮状態なのに案外ストレートにまとまってるあたりも海外での評価の高さの要因と言えるであろう。んでピッチフォークさんも8.2となかなかの点数下さってるね。それも頷けちゃうほどの良質スラッジハードコアやってるのでMastodon/Baroness/Kylesaあたりのリスナーなら満足出来る好作品です。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事