オ〇ニストによる音楽批評

Light Bringer/Scenes Of Infinity

2013/06/05 18:23 投稿

  • タグ:
  • シンフォニックメタル
  • 邦楽



1. Hyperion
2. Fallen Angel
3. if
4. 孔雀とカナリア
5. 人形が見た夢
6. Eau Rouge
7. Hydrangea
8. Tales of Promise~天国に寄せるポエトリー~
9. Infinite Fantasy
10. Venus

国産ハードロック/シンフォニックメタルバンドのメジャー2nd(通算だとたぶん4枚)。バンドの核であるfuki嬢と言えば、東方クサメタルのUnlucky MorpheusやらSE入り厨二病クサメタルの王者Dragon Gurdianへゲスト参加、そして去年の末にはGacharic Spinなるガールズバンドと組んでDOLL$BOXXの結成とどれが本命のバンドか分からなくなってきている感ありますね。正直DOLL$BOXXに関してはFuki嬢のヴォーカルだけの量産型腐れジェーポップにしか聴こえなかったけどwwそんでメンバー間のいざこざはファンの間で話題になってましたが、案の定ドラムが変更ってことで行き先が不安定になるのでは?と予想してたのですが、いつもの国産特有の哀愁/クサさ/アニソン臭、適度なテクニカル感を持ったらしい作風で一安心です。

PVにもなってる1. Hyperionは明るめの突き抜ける疾走感とFuki嬢の超絶ハイトーンが合わさった分かりやすい曲でジャケから出ていた不安感を一気に吹き飛ばしてくれる。歌謡ちっくでジャパメタっぽくもソロで見せるテクニカルさが良い3. if、ハードロック的要素強めな作風でよりヴォーカルを引き立てている7. Hydrangea、本作で最もテクニカルでクサメロをまき散らしている8. Tales of Promise~天国に寄せるポエトリー~はいかにもラブリーらしい曲でこの路線で全曲作ってくれないかなーって思うほどの曲なんだ。でも10. Venusはなんか応援歌wwwみたいなかんじで好きじゃねーな。というかバックのハイ!ハイ!みたいなコーラス?流行ってるんですかね(1. Hyperionにもサビ前に入ってるし)。理想としてはやはり最高傑作「Midnight Circus」ばりの疾走感のあるクサアニソンメタルが一番いいね。Resistanceのようなキラー曲が聴きたいぞ!まあここらで落ちるかと思ってただけにこの奮闘っぷりには結構驚いた。ラブリー好きならなんだかんだ買いだと思いますよ。やっぱFuki嬢のヴォーカルは上手いね!コレ一本でやっていくなら言うことないんだが。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事