オ〇ニストによる音楽批評

Astronoid/Air

2017/02/14 00:30 投稿

  • タグ:
  • シューゲイザー
  • ポストロック
  • ポストブラック
  • ドリームポップ



1. Incandescent
2. Up and Atom
3. Resin
4. Violence
5. Homesick
6. Tin Foil Hats
7. Air
8. Obsolete
9. Trail of Sulfur

USはマサチューセッツ州グローヴランド出身のドリームポップ/シューゲイザー/ポストロック/ポストブラックメタルバンドの1st。Vattnet ViskarのCasey Aylward(Gt)も在籍する2012年に結成された若手5人組バンドで、影響元の一つであろうMy Bloody Valentineの「Only Shallow」をカバー、そしてEP「Stargazer」収録のタイトル曲ではVauraやVattnet Viskarの最新作を彷彿とさせるほんのりと陰りを帯びたまろやかなメロディをシューゲイザー特有のトレモロリフに乗せて、クラスト風のブラストビートに合わせて軽快に駆け抜けるブラックゲイズのお手本とでも言うべき見事なキラーチューンを生み出していた。当時Deafheaven旋風真っ盛りの時期だったからこの手のバンドは余計に印象に残り易かったというのもあるけど、程よい起伏アレンジや清涼感のある疾走パートに心底惹かれ、次世代ブラックメタルバンドとして台頭してくるのを密かに期待していたバンドであります。フィンランドを拠点とするBlood Musicからリリースされた1stフル「Air」はEP作の延長ながらドリームポップやパワーメタル、プログレなど普段は相反するジャンルであろうものまで臆することなく貪欲に取り入れ、最早ジャンルの壁なんてないと言わんばかりの革新的でエネルギッシュな一枚を届けてくれました。

そのリードトラックである2. Up and Atomからして、リズミカルなドラミング/リフによるアップテンポかつスポーティな幕明け~天に突き抜けるようなファルセットVoを乗せて華麗に疾走を開始、ドコドコ系ブラストビートやProtest The Heroが如く目まぐるしい演奏パート(メロスピのようなソロパートも)を交えて抑揚を付けながらドリームポップ顔負けの圧倒的多幸感を放出する。ここまで来るとAlcestとか以上にブラックメタルじゃないと思えてきたりもするわけですが、後味すっきりな清涼感と凄まじいエネルギーが駆け巡る爆走ナンバーの気持ち良さを知ったら不思議とポジティブな気分になってくるし、幻想的なサウンドスケープと疾走パートのキレ味の鋭さ/アグレッション→自らの音楽性を「Dream Thrash」と称しているのも何となしに納得出来てしまう。続く3. Resinでも涙腺を刺激するほどの美トレモロの洪水を段階的に緩急付けて放出する抜群の爽快感があるし、メタルらしい激しさサウンドにまろやかなクリーンVoやポップなメロディという優しい要素が上手く絡み合った6. Tin Foil HatsやEP期のような突き抜けるような爽快感と爆走でエンディングに向けて一気に加速する9. Trail of Sulfurあたりも実に秀逸。終始聴き手に希望を抱かせるような激しくも美しいハーモニーで魅了、多幸感を伴うドリーミングなサウンドにはもう浄化されそうなくらい。明瞭かつポップな光メロディを擁した上で(パワー)メタルの熱さも忘れない絶妙なバランス感覚は既存のポストブラック系のバンドであっても中々ないはずで、EP作品から追っていた身としてもその斜め上を行く成長っぷりには軽く衝撃を受ける内容でありました。ちなみにBlood MusicのBandcampページでNYP公開されているので気になった方は是非。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事