オ〇ニストによる音楽批評

さよならポニーテール/円盤ゆ~とぴあ

2016/07/06 02:57 投稿

  • タグ:
  • 邦楽
  • ポップス



[Disc-1 ~A面集で恋をして~]
1. この恋の色は
2. すーぱーすたー
3. 放課後えすけいぷ
4. 悲しいうわさ
5. 夏の魔法feat.曽我部恵一+ザ・なつやすみバンド
6. きみに恋したんだ
7. 季節のクリシェ
8. かわいいあのコ
9. 光になって
10. ななめライン急行
11. 大事なコトバ
12. 光る街へ

[Disc-2 ~さよポニ・カレンダー~]
1. ニューなイヤー
2. どぎ☆まぎバレンタイン
3. いろはにほへと
4. えいぷりるふ~る
5. ふわふわふ~る
6. 天気予報の恋人
7. 星たちのアバンチュ~ル
8. さよポニの湯けむり音頭 Part1
9. ふたりぼっち with 岸田メル
10. ダンスフロアとカボチャのおばけ
11. 勤労と感謝
12. 冬物語
13. ぼくたちの卒業

[Disc-3 ~思春期の光と影~]
1. ヘールシャム
2. サムウェアインタイム
3. ねこねころんだ
4. エラーメッセージ
5. 少し泣けたんだ
6. さよなら、ありがとぉ
7. アンジー
8. ひとりぼっち

国産サブカル系ポップス/アイドルユニットによる3rd。みぃな、あゆみん、なっちゃん、ゆゆ、しゅかの5人のヴォーカル率いる大所帯ポップスグループさよならポニーテール通称さよポニによる最新作。相変わらずアートワーク等のイラストのみでの登場と神秘性を守り抜いているさよポニですが、彼女らがタワレコのアイドル専門レーベルT-Paletteに移籍したと聞いたときはさぞ驚いた。しかもSwallow The Sunの最新作に対抗してかは知らないが、3枚組33曲のコンセプト作だと知った時は一流のアーティストであっても難しいこの難題を今の彼女らでどう表現するのかと不安が過った。当然、5人組になって楽曲のスケールやバラエティを増した2nd「青春ファンタジア」やアニメ「キルラキル」のEDシングル「新世界交響曲」でストリングスを用いたポストロックっぽいアプローチがあったりと、いつになく爽快でアップテンポな新たなさよポニの姿が確認出来ていた。もしかしたら次作凄いことになるかもしれないなんて予想すらしてた人なので、仮に従来のサウンドでなくとも多少の振れ幅くらい軽く許容出来るぜくらいに待ち構えていたら、その謎の大きな期待に日和ったのか良くも悪くもT-Paletteらしいアイドルポップセンスが前面に押し出されたような至って大衆的な作風であり、まだ3人ヴォーカル体制だった頃の「モミュの木の向こう側」や名盤「魔法のメロディ」のような胸焦がすほどにピュアであの甘酸っぱいノスタルジックなサウンドはもうココにはなかった。言い換えるなら僕らが送りたかった青春像を体現したような非モテオタク向けのワイらのためのポップ音楽→ド田舎から出てきた大学生的な空回り感を持った単なるサブカル野郎向けのポップ音楽への変化はマジでツラい。つうか、他のユニット活動やイラスト集なんて出してる場合かよって話。

まず3枚組のメインとなっている[Disc-1 ~A面集で恋をして~]から→一枚目はポップソング集を意識して作られた円盤で、パーカッションによる緩やかなスタートを切る1. この恋の色はともかくとして、只々アップテンポに進行する2. すーぱーすたー、そして中華的なアプローチや如何にもな現代的歌詞を用いた3. 放課後えすけいぷにしても思いのほかあっさりと通り過ぎていく。少なくとも序盤の掴みは決していいとは言えず、同じ中華ライクなナンバーでも前作収録の「放課後れっすん」やモ!の「1!2!かんふー!」とはえらい違いだなと落胆した。更に、ピアノの優しい音色をバックにみぃなと曽我部恵一がゆったりとデュエットする5. 夏の魔法を聴いて、みぃなメインだからか初期の雰囲気を醸し出す楽曲にある種の懐かしさを感じながら、同時に渋谷系にまで手を染めるなんてと泣き崩れそうになった。その後は、ポップネスを弾けさせながら恥ずかし可愛い初々しさ満載の歌詞を歌い上げる6. きみに恋したんだ~7. 季節のクリシェの中盤の流れ、エレクトロ風味の4つ打ちリズムに緩めのラップリレーを乗せた10. ななめライン急行は従来のさよポニらしさが詰め込まれた良楽曲でそれなりには盛り上げてくれる。11. 大事なコトバも既聴感アリアリのバラードですが、前半パートに比べればまだ聴けるかなといったかんじで幕を閉じる。続く[Disc-2 ~さよポニ・カレンダー~]は1月~12月までの季節ソングとして月1でYoutubeにて公開されていた楽曲+1を集めた半ベスト的な内容。尺がないので気に入ったものだけ挙げると、ひな祭りをテーマにした3. いろはにほへと、エイプリルフールをテーマに爽快なアニソンライクなメロディで駆けていく4. えいぷりるふ~る、「恋愛サーキュレーション」のような可愛い電波飛びまくりな5. ふわふわふ~る、「放課後せれな~で」に続くイラストレーター岸田メルとのコラボ楽曲9. ふたりぼっち、ハロウィンをテーマにしたアップテンポな10. ダンスフロアとカボチャのおばけ、季節ソングから離れて卒業をテーマにした13. ぼくたちの卒業など幅広い楽曲が収められている。コレに関しては先んじて聴いてたリスナーにとっては今更感はあるかもしれませんが、私自身ほとんどチェックしてなかったことと制作時期が2ndからすぐなので新作として新鮮に聴けました。[Disc-3 ~思春期の光と影~]はみぃなオンリーの歌唱とアコースティックサウンドによる至ってシンプルな弾き語りソング集で、初期のような素朴さが確認出来たりで微笑ましいが、まぁ一回聴けばいいかな程度の内容。当然オススメはDisc-2ね。

楽曲の話はさて置き、ここ数年でCDからストリーミングで音楽を聴く時代へと一気に加速したことで、気軽に音楽を楽しめるようになった。その半面、円盤の売上が伸びないといった問題もよく指摘されていますが、ちなみに私の意見としては年間ベスト邦楽の記事でも述べたとおり、聴きやすいスタイルを各自選択していけばいいと。つまり賛成派でして身内でもApple Musicに卒倒していくものが後を絶たないのを見てやはり流れがキテルなと思っている次第。しかし、歌詞カードやパッケージング、解説等フィジカルだからこそ楽しめる旨みもあるわけで、むしろ若者の円盤離れが顕著なこの時代によくこのテーマを提示してきたなとその勇気には称賛したい。それと同時に、そのテーマと本編の内容がかみ合っているかは正直微妙なところだが、改めて円盤ならではの良さについて考える機会をくれたことに対しては素直に感謝したいところ。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事