さふぁりぞ~ん

俺的生物図鑑 No1~プレシオサウルス~

2014/01/22 07:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • プレシオサウルス
  • 遠い海から来たCOO
  • ディノクライシス2
一番やってて不安になりそうな企画の第1回をとうとう書かなきゃいけなくなってきました
この記事は俺がいろいろな生物を描く機会になればいいかなと思って作った企画です
お題になった生物については俺がここでがんばって書くより、きっとWikiを見たほうが賢くなれると思います  ただ絵と一緒に、自分のお題に対する思い入れとかは書いていきたいと思っています。




はい! そんな感じでプレシオサウルスですね
恐竜じゃなくて首長竜に属してるんですよ  日本の福島県いわき市(俺の地元)で見つかったフタバスズキリュウも首長竜なので、「ドラえもん のび太の恐竜」のピー助もフタバスズキリュウなのでなので本来ならば「ドラえもん のび太の首長竜」が正解です
まぁウンチク臭くなってしまいましたね
僕が初めてプレシオサウルスを知ったのは1993年に公開された映画「遠い海から来たCOO」を見てですね 僕が見たのは公開から2年後、地上波の金曜ロードショーでだったかな? 小学2年生ぐらいの時の話です(みんな知ってるかな?・ω・) 
この映画はパゴパゴ島という島で暮らす、日本から移住してきた海洋生物学者の小畑徹郎(37歳)とその息子である洋助(12歳)が主人公
ある嵐が去った朝にプレシオサウルスの子どもを海で拾い、いろいろあって育てることに・・・   まぁその後いろいろ汚い大人たちの野望・欲望と戦ったり打ちのめされたり、まぁいろいろイベントがぷんぷんドカ~ンとね
すごいオススメの映画なので見たことない人は見てみてくらさい さっき見直してみて思ったんですけど、昔のアニメは見にくいけど昔のアニメ映画は画質綺麗ですばらしいですね   もう20年以上前の映画なのに(当時俺は幼稚園児)
あ、コレは「ぼくのみなもと」のほうで書くべきだったかな・・・

まぁいいや
え~まぁ上で書いた「遠い海から来たCOO」が俺の中の第1回首長竜ショックだとし第2回首長竜ショックが2000年に発売されたプレイステーションソフト「ディノクライシス2」で出てくるプレシオサウルスですね
あのゲームはやったら大量に恐竜が襲ってくるんですけど、海から(または水中で)襲ってくるモササウルスとプレシオサウルスの怖さはもう畏怖の念さえ覚えますね(まぁ経験値の稼ぎ場である場合も多かったんですけど)
あ、そういえばディノクライシス2が発売された数年後に現実で、ある恐竜の心臓の化石が見つかったんですよね  そしたらある何種類かの恐竜は爬虫類より鳥類に近き種族だって話にになってたり、それで今まで見慣れてた恐竜のデザインが近年でけっこう変わってたりするんですよね。  たとえばディノクライシスやジュラシックパークでおなじみのヴェロキラプトルなんかは今では羽毛が生えたデザインで描かれることが多いです
いや、俺も中途半端昔みたニュースの話やら最近の恐竜図鑑でチラ見した話を自分なりの解釈で言ってるので本当に気になる人は鵜呑みにしないでしっかり調べてくださいね(汗


現代科学や古代生物の研究が進むにつれ、ぼくらが思ってた古代生物たちも明確に本来の姿を現していき、気がついたらぼくらの思いもしない生物になってるかもしれないですね
でも、その本来の姿とは別に今まで想像されてきた古代生物たちのイメージも大切に保管してほしいと思う今日この頃でした(・ω・)

P.S.11時間労働の夜勤連勤が続いていて記事公開のペースが安定していません  来月からは連勤でも8時間勤務に戻ると思うので安定すると思います




コメント

cryingsmily
No.1 (2014/01/22 15:13)
毎日毎時間記事の更新楽しみにしています!ブラウザのホームに設定してるほどです!!
お仕事も大変そうですけど、頑張ってくださいね♪

P.S.
ポケモンみたい
テトロド (著者)
No.2 (2014/01/22 21:27)
暖かいコメントありがとうございます
日ごろ僕と会話しているあなたの発言とは思えない内容ですね(・ω・)
ポケモンっぽく見えますか ぼくもリアリティが足りないと描き終わった後に思いました
生物図鑑って言ってるぐらいなんだからもう少し細かく描いた方がいいですよね 次からがんばります
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事