鈴木さんちのテレビドラマ日記

ハイスクールD×D HERO 8話を無料視聴するには? anitube・dailymotion以外の再放送や見逃し配信情報を解説!

2018/06/11 06:42 投稿

  • タグ:
  • ハイスクールD×D_HERO

「ハイスクールD×D HERO」第8話の無料動画を【高画質で】視聴する方法をお伝えします!

↓↓↓

「ハイスクールD×D HERO」の動画を無料でみる!(高画質版)

↑↑↑

anitubeやdailymotionで以前みていた人も多いと思いますが、最近は規制が強くなったり、ウイルス感染する事例が増えています

私の古いPCもウイルス感染して、動作がめっちゃ遅くなりました・・・orz

それ以来、正規ルートでアニメを見るようにしています。この方法だと、ハイスクールD×D HEROの全話を安全にみることができますよ!

ハイスクールD×D HERO 第8話のあらすじ・これまでの流れ





ハイスクールD×D HEROは人気ライトノベルハイスクールD×Dのアニメシリーズ第4期となる作品。


ハイスクールD×Dは普通の高校生である主人公の兵藤一誠がリアス・グレモリーと出会い悪魔に転生し、数々のライバル達と戦い彼の夢であるハーレム王を目指すというストーリー。

今回の第8話ではサイラオーグとのレーティングゲームに向けてトレーニングをしているグレモリー眷属の風景から始まります。

それぞれの課題が見えてくる中、課題に対してレイヴェルのアドバイスでチームの強化の突破口が見つかります。

ヒロインのリアスが時々悲しそうな表情を見せる一方で、サイラオーグとのレーティングゲーム記者会見や、試合に向けての準備をしていくグレモリー属を描いています!

ハイスクールD×D HERO 8話の声優陣はこんな感じでした!



  • 兵藤一誠役:梶裕貴(声優名)
  • リアス・グレモリー役:日笠陽子(声優名)
  • アーシア・アルジェント役:浅倉杏美(声優名)
  • 姫島朱乃役:伊藤静(声優名)
  • サイラオーグ・バアル役:中村悠一(声優名)
  • レイヴェル・フェニックス役:西明日香(声優名)
  • 木場祐斗役:野島健児(声優名)

ハイスクールD×D HERO 8話のネタバレ感想レビュー!




以下、ネタバレあり ↓↓↓
第8話のタイトル「乙女心は複雑です」の言葉通り、今回は以前のお話から伏線としてあった主人公兵藤一誠とヒロインリアスのすれ違いがメインのお話になっています。

グレモリー眷属がサイラオーグとのレーティングゲームに向けてトレーニングをしている風景から始まり、新たなヒロインレイヴェルと一誠の関係が深まっていくと同時にリアスが悲しい表情を見せます。

一誠は誰にでも優しいという言葉を聞いて表情を曇らせていました。

以前から、リアスは自分だけが一誠から名前で呼ばれず「部長」と呼ばれることを気にしていたので、その不安や不満の表れを思わせる表情を見せます。

そんな場面からレーティングゲーム記者会見にシーンが移ります。

対戦相手であるサイラオーグのコメントを受け、前述の不安な表情を微塵も感じさせずチームの「王」として堂々とした態度で試合に必ず勝つとコメントをするリアス。

そんな厳粛な空気の後、記者からの質問は兵藤一誠の異名「おっぱいドラゴン」に関しての質問ばかり

一転してコメディみたいな記者会見になってしまいます(笑)





半ばめちゃくちゃになってしまった記者会見が終わった夜。

サウナに入る一誠にリアスがいつもより大胆に迫るのですが、そんな時でも一誠はリアスを「部長」と呼んでしまいます。

それに傷ついたリアスは怒って出て行ってしまいます。。。

翌日、レーティングゲームに向けて顧問のアザゼル主導のもと、作戦会議が行われます。

作戦会議も終わり、チームのみんなが談笑している中、仲間のレイヴェルの母親が通信越しに現れます。

レイヴェルの母親からレイヴェルの面倒をみてほしいと一誠に告げると同時に、レイヴェルに対して一誠との仲を深めるようにと言います。

レイヴェルの母親との通信が終わった後、リアスはまた悲しげな表情で「自分を守ってくれるのか」、「自分は一誠にとってなんなのか」という質問を投げかけます。

それに対してまた一誠はあくまで「部長」として接してしまいます。

悲しみが限界になったリアスは部室を飛び出して行ってしまい、一誠は部員の仲間達からも怒られてしまいます。

そんな状況に困惑する一誠の様子で物語が終わります。

私は原作も読書済みなので、なぜ一誠がリアスを「部長」と呼んでしまうのか、「女好きの主人公」なのに誰にも最後まで手を出さないのかという理由を知っているのですが、改めて見るとあんなに体を張っているのに報われないリアスは可哀想だなと感情移入してしまいました

個人的な感想として出演している声優の方々をいつもすごいなと思っているのですが、本作は基本的に「おっぱい」がキーワードになっていて、主人公の兵藤一誠は冥界で「おっぱいドラゴン」というキャラクターで人気を博しているという設定なので、シリアスでもギャグシーンでも度々出てくる台詞です。

ライトノベルで字面で見てるとそうでもないんですが、アニメで声優さん達の声に乗せてそのキーワードを聞くと、さすがに破壊力あるなといつも感じます(笑)

今回の第8話でも中村悠一さん演じる硬派な武闘家というイメージのサイラオーグがそのキーワードを言うシーンがあるんですが、その台詞を言っても爽やかな雰囲気に聞こえるのがすごいなと思ってしまいました。

そしてリアス・グレモリーを演じる日笠陽子さんの演技が良かったです!

悲しい雰囲気の時もキャラクターの声を通して気持ちが伝わってくるようでした。「王」としての堂々としたリアスと一人の女の子としてのリアスがわかりやすく伝わってきたように思います。

レーティングゲームを目前に控えて起きた二人の間に起きた大問題の解決とサイラオーグとのレーティングゲームの戦いの行方がどんなふうにアニメとして描かれるのかこれからも楽しみに視聴していきたいです^^

「ハイスクールD×D HERO」第8話の無料動画を【高画質で】視聴する方法をお伝えします!↓↓↓

「ハイスクールD×D HERO」の動画を無料でみる!(高画質版)

↑↑↑

anitubeやdailymotionで以前みていた人も多いと思いますが、最近は規制が強くなったり、ウイルス感染する事例が増えています

私の古いPCもウイルス感染して、動作がめっちゃ遅くなりました・・・orz

それ以来、正規ルートでアニメはみるようにしています。この方法だと、ハイスクールD×D HEROの全話を安全にみることができますよ!


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事