電脳旅団 TURBOO, Works./思考実験

フィクション小説 - スコーク77

2013/08/12 18:56 投稿

  • タグ:
  • 小説
  • 事故
  • 事件
  • 飛行機
  • 航空機
  • 墜落
  • タブー
  • JAL123
  • JAL
  • 123便
 Get Macromedia Flash Player
(プロット論点整理)(箇条書き:メモ)

スコーク77


181220:羽田空港離陸※JA8119号機JAL123便(昭和60年8月12日)

182435:<<<衝撃音>>>
182447:スコーク77(典型的緊急事態類型)を発信 自衛隊、米軍が傍受

 時系列的に、123便コックピットがスクォーク(SQUAWK)8進数7700(12ビット)を発信したのは、ハイドロのオール・ロストを察知する前だとされている。衝撃音の後、直ちに緊急事態を認めた、と。ならば激しい振動が機体を襲ったか。否、落合証言によれば「振動はまったく感じませんでした。機体も揺れなかった」「荷物などが飛ぶということもなく」{吉岡忍「墜落の夏」(新潮社)}とある。
「熟練機長の瞬時の判断」なぞやってしまえばそれまでの話だが、何やら唐突な感は否めまい。あるいは空のルール(暗黙知)があるかもしれないが。
 また、スコーク77従前で何かの異変が生じていた可能性を認ム、公開された交信記録の最初の部分では、シートベルトの再着用の指示が出されていた様だった。詳細は不明だが、機長の判断(スコーク77)に何かの影響を及ぼしているかもしれない。割と気になる。



 但し、UFO絡みの陰謀論は馴染まない。もし仮にUFOの追尾を受けていたのなら、高度機動で捕捉を免れようとするに違いない。空自出身の精鋭機長であればこそ空戦機動はよく心得ているのだから、従前の航跡、特に高度の遷移に著しい変調をきたしているはずである。そんな報告は無いし、証言も無い。

報告書とは何か

運輸省航空事故調査委員会JA8119号機JAL123便報告書(昭和62年6月19日)

□ 原文参照(別添6:CVR記録

<<<垂直尾翼損壊図>>>
※機体の挙動に顕著なダッチロールとフゴイド運動を認ム、∴
水平安定板、垂直安定板が吹っ飛んだものと思料される。

証言とは何か

■ 生 存:4名

□ 乗 客:509名
□ 乗務員:15名

□ 死 亡:520名

ご冥福をお祈り申し上げます。

報告書の出来

 国策企業のアレにしては上出来ではないだろうか、なぞ一定の評価を認ム。
 まぁ、後(の時代)から批判する事は簡単だ。他人様の業績は、認めるべきところは認めなければいかん。言葉狩りはつまらぬ、ひとのやる事にいちいちケチばかりつけたがる愚かしいスキームが、この泥沼のデフレーションだ。自分で自分の首を絞めている事に、そろそろ気が付かなければいけない。あら探しニッポンの罠。
 ならば事件当時、「やれる事はすべてやった」といっても過言ではない力作だったろう。機密の公開については、ルールの無い時代だった。立法は国会の専権事項、仕方ない。

 …あの頃までのマスコミは、割とガチだったからな。それで毎日なんかは息の根を止められて仕舞ったが、マスメディアが国民から支持(信頼)されていた時代だった。写真週刊誌も凄かった。おそらくいまならば、これ程きちんとした報告書は出て来ないだろう。
 但し、イデオロギー(日の丸)が絡む故、何かと「ややこしい」議論を喚起したがる(輩が少なくない)。荒唐無稽な陰謀論が散見されるが、中には傾聴に値する問題提起も見受けられる。玉石混交、正に入り乱れており、難しい。いま一度、論点を整理し直す必要がある。

筆者の見立ては次の三点。

1.カンパニー問題:横田、羽田へのアプローチを否認したか。
2.カンパニー問題:名古屋へのアプローチを否認したか。
3.カンパニー問題:労働組合の軍隊アレルギー(自衛隊、あるいは米軍)
4.政府問題:米軍(一番乗り)の救出作戦を否認したか。(米軍士官の証言)-_-

報告書の瑕疵

□ スコーク統制ロジックの欠落
 ⇒ まるごと削りとられている感じだが如何だろう。気のせいかm
 但し、これを公開して我が方の防空能力が少しでも解析される様だと国益にかなわず。スコークのロジックは指揮命令系統を含むセンシティブ情報に属し、装備の更新(定性評価)とは必ずしも連動せず、極めてナーバスな機密情報である。∴指定35年程度の特定秘密価値を認ム。

基地外暗号コード - 12

事案:【12】3便
日時:8月【12】日
離陸:18時【12】分
衝撃音:18時24分(離陸から【12】分後)
スクォーク(SQUAWK)8進数7700(【12】ビット)
昭和11年【1月2日】生まれ(機長)

 スコークの布告を受け、百里基地から航空自衛隊F-4EJ闘機(2機)のスクランブルがあったはずだが如何だろう。F-4EJ戦闘機2機は、本機に接近して機体の様子を詳しく視認し、垂直尾翼の破損状況を認ム。平航しながら、123便は垂直尾翼の致命的なダメージについて知らされていた可能性が高い。F-4EJ戦闘機パイロットは、ダッチロールとフゴイドの制御(減衰)を無線でレクチャーし、要撃管制官に報告しただろう。※妄想)。(我が奥義、与太話)

ICAO(国際民間航空機関)条約付属文書2

日本国制空権下における民間機被要撃対処ルールに準じた
 ⇒ 日本国制空権下における領空侵犯機対処ルール

与太話(蓋然性)

 所沢が123便の緊急事態宣言を受けたのは、衝撃音から2分29秒後。元より口頭で(当事者から積極的に)宣言を受けるルールである。所沢の二次レーダーに123便の緊急事態が反映されたのはこれより先(手入力)になる。所沢は、更に繰り返して「どのような緊急事態か」問い合わせているが、123便は応答しなかった。その理由は、賢明な読者ならば察しがつくだろう。
 123便は民生の商用航空機だから、当該レーダー運用はモードCといい、航空交通管制から発信されたパルス信号を、航空機に搭載した中継器を経由して、地上に受信させる仕組みである。主に高度等の情報をトレースしてレーダーに反映させる。
 対してスコークはモードA、航空機が発信した電波を、地上の中継器を経由して、他の拠点や航空機に受信させる仕組みである。つまり両者の情報運用のロジックが逆。
 スコークで緊急事態を宣言しても、民間の航空交通管制レーダーには反映されない。民間の航空交通管制レーダーに航空機の緊急事態の表示が反映されるには、航空交通管制が宣言を受けた上で、管制官が手動で表示させるからだ。
 本事案の場合、123便がスコーク77を発信し、近くの軍用機レーダーに緊急事態の識別コードが直ちに反映されたはずだが、この時点で民間の航空交通管制の二次レーダーには反映されていない。∴所沢は123便の緊急事態を未だ把握していなかったはずである。

 う~む、ここらのロジック解析が、この事件を解明するカギになりそうだ。(あ、保健所から電話g)

SQUAWK7700 - 制空管制側の選択肢

1.次の指示に従え
2.着陸(降下)せよ
3.(指定の)飛行場に着陸せよ
4.そのまま飛行を続けよ

SQUAWK7700 - 123便運航管理側の選択肢

1.了解
2.了承せず、あるいは不支持
3.コマンドをリピートして下さい
4.自機座標請求(リクエスト・ポジション)
5.指定空港着陸要請
6.指定高度降下要請

急減圧

これはあった(と思われる証拠を認ム)。

落合証言:
『「パーン」という音と同時に、白い霧のようなものが出ました。かなり濃くて、前の方が、うっすらとしか見えないほどです。私の席のすぐ前は、それほど濃くはなかったのですが、もっと前の座席番号「47」「48」あたりのところが濃かったように見えました。ふと見ると、前方スクリーンの左側通路にスチュワーデスが立っていたのですが、その姿がボヤ-ッと見えるだけでした。
 その霧のようなものは、数秒で消えました。酸素マスクをして、ぱっと見たときには、もうありませんでした。白い霧が流れるような空気の流れは感じませんでした。すっと消えた、という感じだったのです。
 匂いはありませんでした。こうした白い霧というか、靄のようなものが出るのは、急減圧の場合の現象だ、ということも、もちろん訓練のときに教わっていたことでした。』
{吉岡忍「墜落の夏」(新潮社)}

 後付けの講釈では、米国、2009年7月13日のサウスウエスト航空2294便の事例(急減圧事故)が挙げられる。この場合、機長らの証言により「急減圧が発生した際の機内の状況は、一般的な理解とは大きく異なる」とされ、

□ 減圧時の風速は微弱で人が吹っ飛ぶ程では無い事、
□ 室温が氷点下(上空温度:摂氏マイナス40度)まで低下しても、座席は割と普通(暖かい)だという事、
□ 操縦を優先するために酸素マスクを使用しない状況(但し、低酸素状態には陥る場合があり得る)だという事、

等々の論点が提起されたのだった。

「明らかに急減圧を知覚したが、耳の苦痛が無いのに驚いた」「映画とはかなり違っていて、何も飛ばされず、誰も穴に吸い込まれたりしなかった。座席に置かれた書類もそのまま」「客室が少し冷えた」「薄い霧を見たが、5秒程で消滅した」

 まぁ、ここらが真実の案配なのだろう。


機体

□ ボーイング747SRー100型機
□ 機体記号:JA8119
□ 製造年月日:1974年1月30日
□ 新規登録年月日:1974年2月19日
□ 製造番号:20783
□ 耐空証明:第48-028
□ 総飛行時間:25,030時間18分
□ 総着陸回数 18,835回

酸素マスク(コックピット)

 空自出身、熟練の機長ならば申し分ない、エマージェンシーに対する知見は確実に有していたはずである。この機長が酸素マスクをしなかったという事は、それが必要なく(必要が無い事を知っていた)、また酸素在庫はすぐに底をついてしまう事を知っていたから、敢えて付けなかったのではないだろうか。
 前述の通り、操縦を優先するために酸素マスクを使用しなかったのかもしれない。

 いずれにしても、急減圧の反証材料にはならないのである。無理筋よ。

コックピット

1.経験豊富で練度極めの機長(49歳)

昭和44年7月4日 定期運送用操縦士技能証明書第1125号
昭和50年7月1日 ボーイング747型(免許)
昭和52年6月16日 副操縦士に左座席で操縦を行わせ得る機長の認定
同型式機飛行時間 4,842時間22分
総飛行時間 12,423時間41分
その他限定事項(免許) 陸上単発機 陸上多発機 YS-11 B-727 DC-8
第1種航空身体検査証明書(有効期限:昭和61年1月18日)

2.機長昇格間近の副操縦士(39歳)

昭和54年5月23日 ボーイング747型(免許)
昭和59年6月4日 レフトシート副操縦士の認定
昭和59年6月20日 定期運送用操縦士技能証明書第2834号
同型式機飛行時間 2,665時間30分
総飛行時間 3,963時間34分
その他限定事項(免許) 陸上単発機 陸上多発機 DC-8
第1種航空身体検査証明書(有効期限:昭和60年11月11日)

3.経験豊富で練度極めの機関長(46歳)

昭和40年9月8日 航空機関士技能証明書第266号
昭和47年11月7日 ボーイング747型(免許)
昭和59年6月4日 レフトシート副操縦士の認定
昭和59年6月20日 定期運送用操縦士技能証明書第2834号
同型式機飛行時間 3,846時間31分
総飛行時間 9,831時間3分
その他限定事項(免許) DC-6 B-727 DC-8
第2種航空身体検査証明書(有効期限:昭和60年11月13日)

183050 火災警報音 1秒間

183051 (CAP) ……

(CVRより引用)さて、この機長の反応は如何だろうか。普通、火災といえば大騒ぎしないだろうか?あ、俺の勘違いかm

アンコントロール

□ 機首下げ(揚力確保)要請によりスロットル閉じ ⇒ 減速、降下
□ 機首上げ要請によりスロットル開け ⇒ これを延々と繰り返す-_-

 油圧系統を全喪失してアンコントローラブル(操舵不能)な機体を、スロットルと対気流(風向き)の働きによって進行方向を制御しようと試みた。このコックピット・クルーの仕事が、後の世に重大な教訓(油圧系統全喪失下における機体のスロットル制御)を残したのだった。
 不屈のクルーらは、なお風向きを計算して横田基地方面に頭を向ける。東進ルートの導線上に横田⇒羽田とラインを結び、生存の確率をなるべく高めるオペレーション(リスク管理)を行っていたようにみえる。

□ 秩父(横田基地、あるいは羽田空港導線)上空の当時の風向き
□ 積乱雲
□ 気圧
□ 山
□ 乱気流
□ 雷雨

 交信記録によれば、エマージェンシー当初、機長は羽田空港に戻ろうと考えていた様だが、横田基地への不時着も視野に入れていた感じだ。
 大月上空(184159 20900ft 240kt)あたりの局面(急旋回・急降下)に接し、最早この時点で機長は諦め、市街地への墜落を心配し始めたと思われる。(私見)(機長はその後もクルーを励まし続けている)

 184633:(CAP) これはだめかも
 184634:   わからんね

 尚も機体は(奇跡的に)東進ルートをトレースしていたが、遂に秩父上空の分厚い積乱雲に東行の進路を遮られてしまうのだった…。
 いよいよヘディング090(東進角度90度)を維持できず、ランナウェイ22、すなわち羽田空港22番滑走路への導線をトレース出来ず仕舞いの状況に陥る。ハイドロの油が抜けきった頃合いで、油圧は完全に零点に落ち、最早機体は滑空の様相を呈していたはずである。
 粘度の高いハイドロの油は、一気に抜け切るという事は無さそうだ。

 184716:(F/E) ハイドロクオンティがオールロスしてきちゃったですからなあ

 機体は強い横風に巻かれて円機動、コックピットの判断で、電動で車輪を出して(元に戻せない)、フラップ(対気抵抗)、減速、高度下げ、機体はやや安定、だが対気流の影響をより受けやすく…。

 機体は北部の山岳地帯に吸い込まれてゆく。予期せぬ対気抵抗の影響(おそらく山の乱気流等の悪条件が重なったか?)により、ダッチロールが強くなり、遂には縦にもひどく揺れ始め(フゴイド運動)、高度を乱高下しながら、いよいよ山へ向かうのだった。この頃、少なからず機内の客は失神気絶していたと思う。延々と繰り返される運動(ピッチと、ヨー)が、ジェットコースターの様相を呈していたと推測される。



 機長昇格間近の副操縦士が内規訓練として機長席から操縦、クルーへの指示を担当。
 本来機長は副操縦士席から副操縦士の業務(無線交信等)を担当。
 機長は当然、副操縦士の指導もやるだろう(横からうるさがた)。エマージェンシー発動後の内規は不明だが、交信記録からは機長自身が指揮を執っている感じだ。でもこれ、実際の操縦(ハイドロ全滅で操舵不能だがスロットル制御)は副操縦士になるのか。

航路の短縮について

 不審な点を認めず。まぁ、繁忙期でもあり、離陸の時間が遅れていたから、割と普通にある話ではある。これをやるだけで燃料代もかなり浮く訳だし。深い意味はなさそうである。ん?急上昇だって?羽田空域ではデフォルトだよ。

スコーク5423

 応答せずの問題、これは単純にクルーが機体の姿勢制御に集中していただけの話ではないか。深い意味はなさそうである。

名古屋忌避

 これについては、機長判断であろうとカンパニー判断であろうと、極めて適切な状況判断だったと思われるが、如何だろう。

墜落地点 - 割り出しの遅延につき

 不審な点を認めず。この場合、墜落地点の割り出しは、割と困難である。まず、所沢のレーダーは低空飛行の本機には対応出来ず仕舞い。∴所沢は、低空飛行に遷移する機体のトレースを各空港のアプローチに引継ぐ。本事案においても、123便は「羽田に連絡しますか?」と問われて「このままでお願いします」(CAP)と応答している。
 スコーク(2072)のまま山のあたりを飛んでいた訳だから、レーダー波が遮られてしまえば、機影は消える。トレースが途絶えた座標点から、その後の遷移を割り出すのは難しい。

 ん?ならば何故、米軍はたったの19分後に見付けたかって?(白目)

(閑話休題)

 この問題は割と真剣に議論されているポイントだから、以下に事例を示したがる。

 筆者は遭難事故研究の依頼を受け、両神山の七滝沢でPIROT社AR.Drone2.0零式改造機を無茶ぶりに飛ばしていた。高度100メートル付近で風にあおられ、遂に、超高度でWifiの範囲を外れてしまう。おそらく墜落して「しまった!」とやりながら、手元のデバイスで航跡をトレースする。追尾した航跡の、遷移の最後の座標を確認しつつ大体の見当をつけて機体を回収しにゆく。それでも機体の回収まで半日を要したのだった。墜落地点は、予想したポイントから数百メートル離れていたからな。目視範囲のラジコン機体の回収がこれだけ難しい。

 すっかり日は暮れ、あたりは暗闇のベールに包まれていた。沢沿いは亡霊だらけ、遭難者苦しみの残留思念で空間が歪んでいた様だった。強風にあおられた草木がまるで苦しみの詞を唱え続けている感じだ。おっかない!単独行の筆者の気は急いて、いよいよ下山したがる。急ぎ足で正規のルートからショートカット、急斜面を半ば滑落気味に降下していると、不意に野犬の群れに遭遇して「しまった!」とやるが仕方ない。暗い、一体何頭いるかわからない。筆者は軍用のサーチライトを群れに向けながら、にらみ合い対峙ス。やがてボスと思しき個体の鼻先にトーキックの打撃を与え、機先を制したのだった。
 選択行動を最適化してリスクを管理出来たから、何とか難を逃れた。均衡ゲームの屁理屈を応用し、通用した事例である。あまり関係ない。普通の人ならば、ナイフを取り出して泥仕合を仕掛けるかもしれない場面だった。やらばお互いに大けが、あるいは命を落としてお終いだった、と。まぁ、関係ないな。

 七滝沢ね~…何だか「べっとり」とした視線を感じたんだが、気のせいだろう。

(閑話休題)

爆発炎上 - 火災温度

Jet A(析出点:-40℃)燃料、あるいはJet A-1(析出点:-50℃)燃料

単純燃焼温度:

民生用灯油:確か、1400度だっけ?
ジェット燃料:1800度?後で調べる

熱源指向性

機首上げ要請によりフル・スロットル(マックス・パワー)
 ⇒ 198508121856着地(群馬県多野郡上野村大字檜原字本谷3577番地国有林76林班内)御巣鷹山の尾根(高天原山)

□ 右主翼が山に接触し、右主翼は脱落、胴体の尻を付いて、くの字に折れる。
□ 後部は弾け飛んで、沢伝いに斜面を滑り落ちる。
□ 残った前部中部は斜面に激突。ハイドロの油が燃焼し、次に左主翼の燃料に延焼して爆発炎上(二度焼き)。
□ 現場の草木が燃え残ったのは、ハイドロの油を浴びていないから。



落合証言:
すごく臭かった。機械の匂いです。油っぽいというより、機械室に入ったときに感じるような機械の匂いです。{吉岡忍「墜落の夏」(新潮社)}

着地速度

 機首上げ要請によりフル・スロットル(マックス・パワー)
 「 ハイドロ・クオンティがオール・ロス」してから、滑空の対気速度はおよそ346kt (640km/h) に達していた(BB解析)というから、機体の損傷は激しかった。生存者はいないと考えるのが普通であろう。…偶々弾け飛んだ後部に生存者が残っていた訳だが…。

 無価値な素人の浅知恵だが、しかし次の事を考えずにはいられない…。

□ スロットル閉じ、減速、降下、滑空状態で斜面と平行に近い進入角度を保ちながら着地。稜線を滑り落ち、樹木(ストッパー)をなぎ倒しながら減速、停止。

 まぁ、あり得ない夢見物語なのだろう。だが、海に突っ込むよりかは見込みがありそうだが。(浅はかな素人考え)

捜索

 123便には貨物室に多量の放射性物質ラジオアイソトープ(医療用)が載っており、機体のバランサー(振り子)の一部に劣化ウランが使用されていたという(いまなら多分、使われていない)。
∴この場合、賢明な指揮官ならば導線上近接した日進の部隊の投入と、現場被爆のリスクを検討していたに違いない。

傾斜角度30度の急斜面

1915 米空軍所属ロッキードC-130輸送機が、墜落現場を視認し「大きな火災を発見」と航空自衛隊中央救難調整所に通報。上空座標:横田TACAN:方位305度:距離34マイル
※はやい、索敵能力極め

1921 F-4EJ戦闘機(2機)が百里基地よりスクランブル。墜落現場の火災を視認、直ちに通報。上空座標:横田TACAN:方位300度:距離32マイル
※ここまで所要25分

未明 座間アメリカ陸軍は直ちに救難ヘリ(海兵隊)を出動、 先に現認したロッキードC-130輸送機に誘導されて現着。要員が現場に降下セントス(一番乗り、おそらく山頂薄暮の少し先頃)。

未明 救助活動中止命令(横田基地司令部第861戦術飛行隊副司令官ジョエル・シルズ大佐)⇒(C-130)⇒(米海兵隊ヘリ)

落合証言:
 やがて真暗ななかに、ヘリコプターの音が聞こえました。あかりは見えないのですが、音ははっきり聞こえていました。それもすぐ近くです。これで、助かる、と私は夢中で右手を伸ばし、振りました。けれど、ヘリコプターはだんだん遠くへ行ってしまうんです。帰っちゃいやって、一生懸命振りました。「助けて」「だれか来て」と、声も出したと思います。ああ、帰って行く・・・・・。
 このときもまだ、何人もの荒い息遣いが聞こえていたのです。しかし、男の子や若い女の人の声は、もう聞こえてはいませんでした。{吉岡忍「墜落の夏」(新潮社)}

2130 捜索開始命令(日本当局)※この場合、最高首脳は内閣官房ですな。仮に、命令が遅滞したという事ならば、内閣官房の中で政治家と官僚が小田原評定をやっていたという事ではないかな。(かs)

仮説(与太話)

仮説1.生存者はいないと信じられていた。これは多分、その通り
仮説2.(政治が)自衛隊を使いたがる。あるいは警察を使いたがる。治安(スコーク)出動か、警察機動か、縦割り行政の問題※当時の防衛費問題GNP比1%ラインの攻防に絡むか?(与太話)
仮説3.(政治が)独立国家としての体裁に拘りたがる
仮説4.(政治が)米軍の支援(有形力の行使)を断った※自分でやりたがる

巷にあふれる陰謀論(イデオロギー属性)

□ 自衛隊陰謀論:基地外
□ 米軍陰謀論:基地外

 万々が一、横田基地や羽田空港への着陸(アプローチ)が否認されたとするならば、それは自衛隊や米軍の干渉ではなく、むしろカンパニー(国策企業)の指示と考えた方が割と自然だ。そこには当然、政府の干渉があり得る。理由は唯一つ、市街地への墜落を防ぐ事だったに違いない。…誰の耳にも明らかな与太話に聞こえるが、筆者は割と(あ、電話g)、

 ここだけの話、実は、この懸念に対する明確な証拠(あるいは反証)が存在している。カンパニー交信記録である。-_-

 但し、前提条件:国策企業の命令(干渉)により横田基地、あるいは羽田空港への着陸(アプローチ)が否認さる

 けれどもこの話はいささか筋が悪い。上場企業の抱える重大なセンシティブ情報(営業秘密、所謂企業機密)に属するからだ。これを洗うのはチンピラには無理だ。必ず、捕まる。
では知りたければ如何するか。その答えは、米国にある。アメリカ公文書館である。当該公文書は、日本という国の性質を示すナーバスな情報を含んでいるから必ず存在する(はずである)。通商等にも応用可能、米国益上極めて価値があるからだ。∴筆者の直感では30年の秘密指定が付されている。

∴19850812+30*365=サルベージの頃合いである。大学あたりの暇人がおやりなさい。

 況や、日本社会が抱え込んだ機密の類は、アメリカの公文書館から必ず出てくるという法則が目立ち始めている。これすなわち我が国が、米属国(超高度自治領)である証左であろうか。

182448 オレンジエア

…ふむ、確かにそう聞こえる。だが単語がはっきりしない以上、それを前提にした事実検証は無理筋である。オレンジエアという慣用語は無いし、あくまで小説の類に過ぎない。

特記事項:
本件陰謀論者の精神構造は、片山何某のフレーム・アップ事案、これまた陰謀論に同調した連中のメンタリティーに酷似している。スケープゴートに目を奪われ、真実から目を遠ざける、と。(拝)

123便航跡図
フェアユース(Google)
※niconico動画は、仕様上共有


※次のテキスト起こしは、研究(参照・検証)の用に供する転載(おそらく三次以降)
 ネタ元は不明(拡散)但し、公文書参照・引用(創作・改変なし)の非著作物として



  CVRテキスト起こし※但し、公開部分(抜粋) 

18時24分12秒 (STW) …たいとおしゃる方が

    13秒    いらっしゃるんですが…

    14秒    よろしいでしょうか?

    15秒 (COP) 気をつけて

    16秒 (F/E) じゃ 気をつけてお願いします

    17秒 (COP) 手早く

    18秒 (F/E) 気をつけて下さい (STW) はいありがとうございます


    35秒 「パコーン」というような甲高い音(生存者証言より)
    36秒 

    37秒 [客室高度警報音 あるいは 離陸警報音]

    38秒 (不明)

    39秒 (CAP) なんか爆発したぞ

    42秒 (CAP) スコーク77

    43秒 (COP) ギアドア (CAP) ギアみて ギア

    44秒 (F/E) えっ (CAP) ギアみてギア

    45秒

    46秒 (CAP) エンジン?

    47秒 (COP) スコーク77

    48秒 (F/E) オールエンジン


    51秒 (COP) これみてくださいよ

    53秒 (F/E) えっ!?

    55秒 (F/E) オールエンジン……

    57秒 (COP) ハイドロプレッシャみませんか?

    59秒 (CAP) なんか爆発したよ…


  25分04秒 [客室高度警報音 あるいは 離陸警報音 47分28秒迄]

    05秒 (F/E) ギア ファイブオフ

    06秒 


    14秒 (F/E) はいはいラジャー

    15秒 

    16秒 (CAP) ライトターン

    17秒 (CAP) ライトターン
    18秒 
    19秒 (COP) プレッシャ? (F/E) おっこった 

    20秒  

    21秒 (CAP) Ah, TOKYO,

    22秒    JAPAN AIR

    23秒    123

    24秒    request from

    25秒     immediate

    26秒 e--

    27秒    trouble

    28秒    request

    29秒    return

    30秒    back to

    31秒    HANEDA

    32秒    descend

    33秒    and maintain

    34秒    220 over.

    35秒  

    37秒 (ACC) Roger,

    38秒    apprived as

    39秒    you request

    40秒 (CAP) Radar vector

    41秒    to OSHIMA, please.

    42秒 (ACC) Roger, you want

    43秒    right or left turn?

    44秒  
    45秒 (CAP) Going to

    46秒    right turn, over.

    47秒  

    49秒 (ACC) Right, right heading

    50秒    090 radar Vector

    51秒    to OSHIMA.

    52秒 (CAP) 090.

    53秒 (CAP) バンクとんな そんなに
    54秒 (COP) はい 
    55秒 (CAP) バンクそんなにとんなってんのに 
    56秒   
    57秒 (COP) はい 
    58秒 

    59秒 (CAP) なんだよ それ 

  26分00秒 (F/E) ハイドロプレッシャが

    01秒    おっこちていますハイドロが

    02秒                   

    03秒 (CAP) バンクそんなにとるな

    04秒    マニュアルだから [高度警報音2秒間]

    05秒 (COP) はい


    11秒 (CAP) 戻せ

    12秒 (COP) 戻らない

    15秒 (CAP) プルアップ

    17秒  
    27秒 (CAP) ハイドロ全部だめ?

    28秒 (F/E) はい

    29秒             (ACC) Ah, 123

    30秒             negative,negative

    31秒 (CAP) ディセント    negative call you.

    32秒 (COP) はい

    33秒 (F/E) ディセンドしたほうが

    34秒    いいかもしれないですね

    35秒 (COP) ディセンド


    40秒 [高度警報音2秒間]

    41秒 (CAP) なんでこいつ…… 
    42秒  

    43秒  
    44秒     

    45秒 (CAP) オーケー

    46秒 (CAP) ライトターン
    47秒 (COP) ライトターン 


    54秒             (PUR) えー 乗務員は

    55秒                 えー 酸素

    56秒                 ボトルの応援を

    57秒                 お願いします

    58秒                 酸素ボトルの用意

  27分02秒 (ACC) JAPAN AIR 123

    03秒    confire you are

    04秒    declare emergency

    05秒    that's right?

    06秒                

    07秒 (CAP) That's affirmative.

    09秒 (ACC) 123 roger.

    10秒                 

    11秒 (ACC) And request

    12秒    your nature

    13秒    of emergency

    15秒 [高度警報音 2秒間]

    17秒                  (PRA) ただいま

    18秒                     緊急降下

    19秒                     中

    20秒                     マスクをつけて

    21秒                     ください

    22秒                     ベルトを締めて

    23秒                     ください

    24秒                     タバコは

    25秒                     消してください

    26秒                     ただいま

    27秒                     緊急降下

    28秒                     中です

    30秒                     Attention.

    31秒 (CAP) ハイドロは?            Emaergency

    32秒 (F/E) はい               descent.

    33秒                     Put the mask

    34秒                     over your face.

    35秒                     Fasten your

    36秒                     seatbelt.

    37秒                     Put out

    38秒                     your cigarettes.

    39秒                     This is

    40秒                     an emergency

    41秒                     discent.

    43秒                     ただいま

    44秒                     緊急降下

    45秒                     中

    46秒                     マスクをつけて

    47秒 (F/E) ハイドロプレッシャオールロス   ください

    48秒                     ベルトを締めて

    49秒 (COP) オールロスですか?        ください

    50秒 (CAP) いや ロック           タバコは

    51秒 (F/E) オールロス             消してください

    52秒 (COP) オールロスね? (F/E) はい    ただいま

    53秒                      緊急降下

    54秒 (COP) カンパニー えー……        中です

    55秒    お願いします えー そうして

    56秒 ください                 Attention.

    57秒    カンパニーに          Emaergency

    58秒    リクエストして         descent.

    59秒    ください            Put the mask

  28分00秒 (CAP) なんでさわいでんの?     over your face.

    01秒                    Fasten your

    02秒                    seatbelt.

    03秒                     Put out

    04秒                    your cigarettes.

    05秒                    This is an emergency


    14秒 (F/E) 下がりましょう

    15秒                 (PUR) お客様にお願い

    16秒                     いたします

    17秒                     お子様づれの

    18秒                     お客様

    19秒                     どうぞ

    20秒                     近くの方

    21秒                     恐れ入りますが

    22秒                     お子様のマスクの

    23秒                     用意を

    24秒                     お願いします

    25秒                  (PRA) Put the mask

    26秒                     over yourface.

    27秒                     Fasten your

    28秒                     seatbelt.

    29秒                     This is

    30秒                     an emergency

    31秒 (ACC) JAPAN AIR 124,

    32秒    fly heading 090

    33秒    radar vector to

    34秒 OSHIMA.

    35秒 (CAP) But now

    36秒    uncontorol.

    39秒 (ACC) Uncontrol

    40秒    roger understood.


    48秒 (CAP) ライト ターン

    49秒    ディセンド


  29分00秒 (CAP) 気合を入れろ  (COP) はい

    01秒 (F/E) もってないかどうかきいて

    02秒    みます


    05秒 (CAP) ストールするぞほんとうに

    06秒 (COP) はい 気をつけてやります

    07秒 (CAP) はいじゃないが

    08秒 (COP) はい

    09秒 (CAP) ディセンド


    15秒                 (ACC) JAPAN AIR

    16秒 [高度警報音 2秒間]         123

    17秒                    if possible

    18秒                    squawk

    19秒                    2072 normal.

    21秒 (CAP) あんたいれとくれ

    22秒 (COP) はい


    37秒 [機内電話呼出音]


    52秒 [高度警報音 2秒間]


    59秒 (CAP) なんだこれ

  30分00秒 (CAP) ……


    02秒 [機内電話呼出音]


    19秒 [高度警報音 2秒間]


    28秒 (F/E) オキシジェンプレッシャー

    29秒    どうですか  [火災警報音 1秒間]

    30秒    オキシジェンマスク

    31秒    おっこってますか?


    35秒    あーそうですか

    36秒    じゃー

    37秒    オキシジェンプレッシャー

    38秒    あー その

    39秒    PO2ボトルちゃんと

    40秒    つけてください  [高度警報音2秒間]


    50秒 [火災警報音 1秒間]

    51秒 (CAP) ……


    55秒 (F/E) オキシジェンマスクが

    56秒    ドロップしているから


  31分02秒 (ACC) JAPAN AIR

    03秒    123

    04秒    ah, can you

    05秒    descend?

    07秒 (CAP) Ah, roger     [高度警報音2秒間]

    08秒    now descending.   (F/E) オキシジェンマスクが

    09秒 (ACC) All right          ドロップしています

    10秒    say altitude now.   (COP) はい

    11秒 (CAP) 240

    14秒 (ACC) Right,

    15秒    your position

    16秒    72miles

    17秒    to NAGOYA,

    18秒    yah, can

    19秒    you land to NAGOYA?

    21秒 (CAP) Ah,

    22秒    negative     [高度警報音2秒間]

    23秒    ……

    24秒    request back

    25秒    to HANEDA.

    26秒 (ACC) All right.

    27秒    ah,

    28秒    これから日本語で

    29秒    話していただいて

    30秒    結構ですから

    31秒 (CAP) はいはい


    36秒 (COP) どこが?     [火災警報音1秒間]

    37秒 (CAP) おーおおお


    41秒 (F/E) はいなんですか?


    46秒 (CAP) もってくれる

    47秒 (F/E) 後ろのほうですか?


    50秒 (F/E) えーと

    51秒    なにがこわれてい

    52秒    るんですか?


    56秒 (F/E) どこですか?


    59秒 (CAP) あーあああ

  32分00秒

    01秒 (F/E) 荷物を収納する

    02秒    ところですね?

    03秒

    04秒    うしろのほうの

    05秒    いちばんうしろの

    06秒    ほうですね?

    07秒    はいわかりました


    11秒 (F/E) あのですね

    12秒    荷物いれてある

    13秒    荷物のですね

    14秒    いちばんうしろ

    15秒    ですね

    16秒

    17秒    荷物の収納

    18秒    スペースのところが   [高度警報音2秒間]

    19秒    おっこってますね

    20秒    これは降りたほうが

    21秒    いいと思いますう


    32秒 (F/E) マスクは一応

    33秒    みんな吸っておりますから


  33分00秒 (COP) ディセントしますか

    01秒    少し


    13秒 [機内電話呼出音]


    17秒 (F/E) ちゃんとオキシジェン

    18秒    調べてくれる?


    23秒 (F/E) アールファイブの

    24秒    はまだですか?

    25秒

    26秒 (F/E) はい了解しました


    29秒 (F/E) はい了解しました

    30秒                (COM) [社用無線呼出音]

    31秒 (F/E) はい了解しました


    35秒 (F/E) キャプテン

    36秒 (CAP) はい

    37秒 (F/E) アールファイブの

    38秒    マスクがストップ [高度警報音2秒間]   (COM)

    39秒    ですから                   

    40秒    ……                     

    41秒    エマジェンシーディセント           

    42秒    やったほうが

    43秒    いいと思いますね

    44秒 (CAP) はい

    45秒

    46秒 (F/E) マスク我々も

    47秒    かけますか?

    48秒 (CAP) はい

    49秒 (COP) かけたほうがいいです

    50秒             (COM) [社用無線呼出音]

    51秒 (CAP) ……

    52秒

    53秒

    54秒 (F/E) オキシジェンマスク

    55秒    できたら吸った

    56秒    ほうがいいと

    57秒    思いますけど

    58秒 (CAP) はい


  34分07秒         (COM) [社用無線呼出音 16秒迄]

    08秒

    09秒 [高度警報音 2秒間]

    10秒              (COM) JAPAN AIR 123

    11秒 (COP) カンパニーお願い     JAPAN AIR

    12秒    します カンパニーで    TOKYO

    13秒    お願いします        How do you read?

    14秒

    15秒 (F/E) はい了解しました

    16秒

    17秒

    18秒 (F/E) えーと

    19秒    どこですか?

    20秒

    21秒 (CAP) ふんばってろよ

    22秒

    23秒          (COM) JAPAN AIR 123

    24秒              JAPAN AIR

    25秒              TOKYO

    26秒              How do you read?


    38秒          (COM) [社用無線呼出音 35分06秒迄]


    42秒 (F/E) えーと

    43秒    いまどこですか?

    44秒    カンパニーは


    51秒 (COP) はい

    52秒    ディセントして  (COM) JAPAN AIR 123

    53秒    おります        JAPAN AIR

    54秒                TOKYO

    55秒 (F/E) ジャパンエア      How do you read?

    56秒    どこですか?

    57秒

    58秒

    59秒 (CAP) どこからだ?

  35分00秒 (COP) 大阪です

    01秒 (CAP) ジャパンエアよんでくれ

    02秒 (F/E) ジャパンエア

    03秒    大阪ですか?

    04秒 (COP) ジャパンエア東京

    05秒    ジャパンエア東京

    06秒 (CAP) ジャパンエア

    07秒    どこだ?

    08秒 (F/E) ジャパンエア東京


    12秒 (F/E) ジャパンエア

    13秒    東京

    14秒    えー

    15秒    ジャパンエア

    16秒

    17秒    あー

    18秒

    19秒    123 over.

    20秒 (COM) ジャパンエア

    21秒    123

    22秒    ジャパンエア

    23秒    東京

    24秒    26分に

    25秒    大島の

    26秒    30マイル

    27秒    ウエストで

    28秒    エマージェンシィー

    29秒    コールを東京

    30秒    ACCが傍受

    31秒    したという

    32秒    ことですがー

    33秒                

    34秒 (F/E) ええとですね

    35秒    いま

    36秒    あのー

    37秒    アールファイブの

    38秒    ドアーがあのー

    39秒    ブロークンしました

    40秒    えー

    41秒    それでー

    42秒

    43秒    えー

    44秒    いまあー

    45秒    ディセント

    46秒    しております

    47秒    えー

    48秒

    49秒

    50秒

    51秒 [機内電話呼出音]

    52秒 (CAP) ……

    53秒 (COM) 了解しました

    54秒    キャプテンのインテンション

    55秒    としては

    56秒    リターン ツウ 東京

    57秒    でしょうか?

    58秒 (F/E) はいなんですか?

    59秒

  36分00秒 (COM) 羽田にもどって

    01秒    こられますか?

    02秒

    03秒

    04秒 (F/E) えーと

    05秒    ちょっと待ってください

    06秒    いまエマージェンシィー

    07秒    ディセントしてますので

    08秒    えー

    09秒    もうすこししたら

    10秒    あー

    11秒    コンタクトしますので

    12秒

    13秒    もういちど

    14秒    あー 再び

    15秒    コンタクトしますので

    16秒    えー

    17秒

    18秒    このままモニター

    19秒    しておいてください

    20秒 (COM) 了解しました    (CAP) ……


    37秒 (COP) うーんと

    38秒    ……         

    39秒                    
    40秒 (COP) よくわかりません         

    41秒                       
    42秒 (COP) いまディセント            

    43秒    してますから            

    44秒                      

    45秒                      


    59秒 (F/E) えーと


  37分04秒 (CAP) おりるぞ

    05秒 (?) ……

    06秒

    07秒 (CAP) そんなのどうでもいい

    08秒

    09秒

    10秒

    11秒 (CAP) あーあああー


    31秒 (CAP) あたま下げろ


    38秒 (CAP) あったま下げろ

    39秒 (COP) はい


  38分04秒 (CAP) あたま下げろよ

    05秒 (COP) はい


    17秒 (CAP) あたま下げろ

    18秒 (COP) はい


    29秒 (CAP) 両手でやれ

    30秒    両手で (COP) はい

    31秒

    32秒 (F/E) ギヤダウンしたらどうですか?

    33秒    ギヤダウン

    34秒 (COP) ギヤダウンでしょうか?


    45秒 (CAP) 出せない

    46秒    ギヤ降りない


    54秒 (CAP) あたま下げろ

    55秒 (COP) はい


  39分13秒 (F/E) オルタネートでゆっくりと

    14秒    だしましょうか?


    18秒 (CAP) はい ちょっとまって


    50秒 (CAP) ……下げ……

    51秒 (COP) はい


    55秒 (CAP) ……

    56秒 (COP) はい

    57秒

    58秒

    59秒 (F/E) スピードブレーキひきますか?

  40分00秒 (CAP) あーあたま下げろ

    01秒 (COP) はい


    10秒 (CAP) ……


    15秒 (CAP) ……もどろう


    22秒 (F/E) ギヤダウンしました

    23秒 (COP) はい


    41秒 (CAP) あたま下げろ

    42秒 (COP) はい

    43秒

    44秒 (ACC) JAPAN AIR

    45秒    123 JAPAN

    46秒    AIR 123

    47秒    周波数134.0

    48秒    に切りかえられ

    49秒    ますか?


    55秒 (ACC) JAPAN AIR 123

    56秒    JAPAN AIR 123

    57秒    TOKYO CONTROL,

    58秒    If you read me

    59秒    ident, please.

  41分00秒 (CAP) あったまさげろ

    01秒    そんなのどうでもいい


    07秒 (CAP) ストールするぞ

    08秒 (COP) はい


    16秒 (CAP) 両手で下げなならんぞ


    27秒 (CAP) ……


    55秒 (ACC) All station

    56秒    all atation

    57秒    except JAPAN

    58秒    AIR 123

    59秒    and

  42分00秒    contact TOKYO

    01秒    CONTROL contact

    02秒    TOKYO CONTROL

    03秒    134.0

    04秒

    05秒    change frequency

    06秒    134.0

    07秒    and

    08秒

    09秒    keep silent

    10秒    until further adviced.


    17秒 (CAP) あたま下げろ

    18秒 (COP) はい


    48秒 (CAP) パワー


    53秒 (CAP) おもたい


  43分19秒                 

    20秒                  
    21秒

    22秒                 

    23秒 (CAP) あたま下げろ

    24秒

    25秒                

    30秒              


    47秒 (CAP) おもたい

    48秒    もっと もうすこし

    49秒    あたま下げろ

    50秒 (COP) はい


    56秒 (CAP) 下がるぞ


  44分05秒 (CAP) おもたい


    22秒 (CAP) いっぱいやったか?

    23秒 (COP) いっぱい かじ

    24秒    いっぱいです


    43秒 (CAP) あーおもたい


    47秒 (F/E) フラップどうしましょうか?

    48秒    下げましょうか?

    49秒 (CAP) まだはやい

    50秒 (F/E) まだはやいすか

    51秒 (CAP) まだはやい

    52秒 (COP) ギヤおりてますか?

    53秒 (F/E) ギヤおりてます

    54秒 (CAP) えっ

    55秒 (COP) コントロールのほうが


  45分18秒 (CAP) ここでホールド……


    37秒 (YOK) JAPAN AIR ONE

    38秒    TWENTY THREE JAPAN

    39秒    AIR ONE TWENTY THREE

    40秒    YOKOTA APPROACH on guard.

    41秒    If you hear me,

    42秒    Contact YOKOTA

    43秒    129.4

    44秒

    45秒

    46秒 (CAP) ジャパナ123

    47秒    アンコントローラブル

    48秒

    49秒 (ACC) JAPAN AIR 123

    50秒    go ahead.   (F/E) コンタクトしましょうか?

    51秒

    52秒 (CAP) ちょっとまって

    53秒    コントロールだ

    54秒 (F/E) どこへ?

    55秒

    56秒 (ACC) JAPAN AIR 123

    57秒    roger, understood

    58秒    understood and

    59秒    ah--.


  46分03秒 (CAP) あたま下げろ

    04秒

    05秒

    06秒 (COP) えー相模湖

    07秒    まできてます

    08秒 (CAP) はい

    09秒 (ACC) JAPAN AIR

    10秒    123 羽田に

    11秒    コンタクトしますか?

    12秒

    13秒

    14秒

    15秒

    16秒 (CAP) このままでお願いします

    17秒

    18秒

    19秒

    20秒 (ACC) コンタクトしますか?  (YOK) JAPAN AIR ONE

    21秒 (CAP) こ、このままで    TWENTY THREE JAPAN

    22秒    お願いします      AIR ONE TWENTY THREE

    23秒                YOKOTA APPROACH on guard.

    24秒                    If you hear me,

    25秒                    squawk

    26秒                    5423

    27秒 (ACC) はい 了解しました

    28秒    スタンバイ

    29秒    お待ちください

    30秒

    31秒

    32秒

    33秒 (CAP) これはだめかも

    34秒    わからんね

    35秒           

    44秒 (CAP) ちょっと……

    45秒 (COP) はい

    46秒

    47秒 (CAP) もっとノーズダウン下げ

    48秒 (COP) はい


  47分00秒                   
    01秒 (COP) ……しますから

    02秒    エルロン……

    03秒

    04秒

    05秒

    06秒

    07秒 (CAP) Ah, request radar vector to

    08秒    HANEDA ah KISARAZU  (YOK) JAPAN AIR ONE TWO

    09秒                     THREE JAPAN AIR

    10秒 (ACC) Roger,了解しました       ONE TWO THREE

    11秒    ランウエイ22なので      YOKOTA APPROACH

    12秒    ヘッディング090を      on guard.

    13秒    キープしてください       If you hear me,

    14秒 (CAP) Roger.              Contact YOKOTA

    15秒                    129.4

    16秒 (F/E) ハイドロクオンティがオールロスしてきちゃったですからなあ

    17秒 (ACC) 現在コントロール

    18秒    できますか?

    19秒 (CAP) アンコント

    20秒    ローラブルです   (ACC) 了解


    25秒                 

    26秒

    27秒                       

    28秒 [客室高度警報音 あるいは 離陸警報音 停止] 

    29秒

    30秒               (ACC) JAPAN AIR 123

    31秒                  contact TOKYO CON

    32秒                  ah TOKYO APPROACH

    33秒                  1197

    34秒 (CAP) ……オッケイ? (COP) はい、119.7

    35秒

    36秒 (CAP) 119.7 ど

    37秒    ラジャー         (STW) ……

    38秒

    39秒 (CAP) おい山だぞ (F/E) はいどうぞ  赤ちゃんづれの方

    40秒

    41秒 (CAP) ターンライト          背に

    42秒                     頭を

    43秒 (CAP) 山だ (COP) はい

    44秒 (CAP) コントロールとれみぎ     座席の背に頭を

    45秒    ライトターン         ささえて……に

    46秒                   してください

    47秒                   赤ちゃんはしっかり

    48秒                   抱いてください

    49秒

    50秒                   ベルトはしています

    51秒                   か?

    52秒 (COP) ライトターンですね

    53秒 (CAP) 山にぶつかるぞ (COP) はい  テーブルはもどしてあり

    54秒                   ますか?

    55秒 (CAP) ライトターン         確認してください

    56秒

    57秒

    58秒 [客室高度警報音 あるいは 離陸警報音 48分26秒迄]

    59秒 (CAP) マックパワー

  48分00秒 (COP) マックパワー

    01秒

    02秒 (F/E) がんばれー

    03秒 (CAP) あーふたりでやらなくていい

    04秒

    05秒 (CAP) レフトターンだ

    06秒

    07秒

    08秒 (CAP) レフトターン (COP) はい 

    09秒 (CAP) パワーあげろ           
    10秒 (CAP) レフトターン こんどは      

    11秒                  
    12秒 (CAP) レフトターン


    16秒 (CAP) パワーちょっとしぼって

    17秒              (STW) ……

    18秒            (YOK) JAPAN AIR ONE

    19秒 (CAP) あーみぎみぎ     TWENTY THREE JAPAN

    20秒    あったま下げろ    AIR ONE TWENTY THREE

    21秒                YOKOTA APPROACH on guard.

    22秒                  If you hear me,

    23秒 (CAP) あったま下げろ      squawk

    24秒                  5423.

    25秒 (COP) いまかじいっぱい

    26秒 [客室高度警報音 又は 離陸警報音 一旦停止]


    32秒 (CAP) じゃ……できる?

    33秒 (COP) ききません

    34秒

    35秒 (CAP) あったま下げろ

    36秒

    37秒 (CAP) よし

    38秒

    39秒

    40秒 (CAP) やまいくぞ (COP) はい

    41秒

    42秒

    43秒

    44秒

    45秒 (CAP) でない

    46秒

    47秒            (YOK) JAPAN AIR ONE

    48秒               TWENTY THREE JAPAN

    49秒               AIR ONE TWENTY THREE

    50秒               YOKOTA APPROACH on guard.

    51秒 (COP) ふかしましょうか?  If you hear me,

    52秒 (CAP) パワーパワー     Contact YOKOTA 129.4

    53秒 [客室高度警報音 あるいは 離陸警報音 記録終了迄]

    54秒 (CAP) ハー (荒い呼吸音)

    55秒    ハー

    56秒    ハー

    57秒    ハー

    58秒    ハー

    59秒 (CAP) パワー

  49分00秒 (CAP) ハー (荒い呼吸音)

    01秒    ハー

    02秒    ハー

    03秒    ハー   (COM) [社用無線呼出音 52分11秒迄]

    04秒

    05秒

    06秒

    07秒         (COM) JAPAN AIR 123

    08秒            JAPAN AIR

    09秒            TOKYO

    10秒            How do you read?

    11秒 (F/E) ふかしましょう

    12秒    ふかしましょう

    13秒 (CAP) ライトターン

    14秒

    15秒 (?) ……     (YOK) JAPAN AIR ONE

    16秒            TWENTY THREE JAPAN AIR

    17秒            AIR ONE TWENTY THREE

    18秒            YOKOTA APPROACH on guard.

    19秒            If you hear me,

    20秒            nine thousands for

    21秒            direct area

    22秒            maintain niner

    23秒            thousands

    24秒            then contact

    25秒            YOKOTA 129.4


    39秒 (CAP) あーだめだ……

    40秒

    41秒 (CAP) ストール

    42秒 (CAP) マックパワー マックパワー

    43秒    マックパワー

    44秒

    45秒 (CAP) ストール             

    46秒 [失速警報音 1秒間] (F/E) はいこうどおちた 
    47秒

    48秒         (YOK) JAPAN AIR ONE

    49秒            TWENTY THREE JAPAN

    50秒            AIR ONE TWENTY THREE

    51秒            YOKOTA APPROACH on guard.

    52秒            If you hear me,

    53秒            Contact YOKOTA

    54秒            129.4


  50分06秒 (COP) スピードがでてます

    07秒    スピードが

    08秒

    09秒 (CAP) どーんといこうや


    27秒 (CAP) がんばれ (COP) はい

    28秒 (F/E) マック

    29秒

    30秒 (CAP) あたま下げろ (COP) はい

    31秒 (CAP) がんばれがんばれ

    32秒 (COP) いまコントロールいっぱいです

    33秒 (F/E) マックパワー

    34秒

    35秒

    36秒 (COP) スピードがへってます

    37秒    スピードが


    50秒 (CAP) パワーでピッチは

    51秒    コントロールしないとだめ

    52秒 (F/E) パワーコントロールでいいです

    53秒    パワーコントロールさして

    54秒    ください (CAP) はい

    55秒 (COP) スピード

    56秒    220ノット

    57秒 (F/E) はい

    58秒 (CAP) あたま下げるな

    59秒    下がってるぞ (COP) はい

  51分00秒

    01秒

    02秒

    03秒

    04秒 (CAP) 下がってるぞ (COP) はい

    05秒 (CAP) あったま上げろ上げろ

    06秒

    07秒

    08秒 (COP) フラップは?

    09秒 (F/E) 下げましょうか?

    10秒 (CAP) おりない

    11秒 (F/E) いや えー オルタネートで

    12秒 (CAP) オルタネートかやはり (F/E) えーオルタネートです


    23秒 (CAP) あたま下げろ

    24秒

    25秒 (CAP) ほかはいい

    26秒    あんたじぶんとこ

    27秒    やれ

    28秒

    29秒 (CAP) 両手で (COP) はい

    30秒 (CAP) あたま下げろ

    31秒

    32秒 (CAP) はいパワー

    33秒 (F/E) パワーふかします

    34秒

    35秒

    36秒

    37秒

    38秒 (F/E) フラップでてますから

    39秒    いま (CAP) はい

    40秒

    41秒

    42秒 (CAP) あたま下げろ

    43秒

    44秒

    45秒

    46秒

    47秒

    48秒 (CAP) つっぱれ


  52分11秒 (COM) [社用無線呼出音 止まる]


    26秒 (F/E) いまフラップオルタネートで

    27秒    でてますから (COP) ラジャー

    28秒 (CAP) あったま下げろ

    29秒 (COP) はい

    30秒

    31秒        (YOK) ……123……

    32秒

    33秒

    34秒

    35秒

    36秒

    37秒

    38秒

    39秒 (CAP) あたま下げろ (COP) はい

    40秒 (CAP)

    41秒

    42秒

    43秒

    44秒

    45秒

    46秒

    47秒

    48秒

    49秒

    50秒

    51秒 (COP) かわりましょうか?

    52秒 (CAP) かわってやって


  53分09秒        (YOK) ……123……


    15秒 (CAP) あたま上げよ

    16秒

    17秒

    18秒

    19秒

    20秒 (CAP) パワー

    21秒

    22秒 (COP) いれます

    23秒

    24秒

    25秒

    26秒

    27秒 (ACC) JAPAN AIR 123 JAPAN

    28秒    AIR 123 TOKYO.

    29秒

    30秒

    31秒 (CAP) えーアンコントロール

    32秒    ジャパンエア123

    33秒    アンコントロール

    34秒

    35秒

    36秒 (ACC) 123 了解しました

    37秒        (YOK) 123

    38秒           YOKOTA APPROACH CONTROL

    39秒           on guard.

    40秒           If you hear me,

    41秒           squawk

    42秒           5423

    43秒           contact YOKOTA

    44秒           129

    45秒 (ACC) JAPAN AIR 113

    46秒    123

    47秒    JAPAN AIR 123

    48秒    周波数119.7

    49秒    119.7に

    50秒    変えてください

    51秒 (CAP) はいはい 119.7

    52秒 (COP) あっ はい

    53秒    えーナンバー2

    54秒 (CAP) 119.7 (COP) はい

    55秒

    56秒

    57秒

    58秒 (F/E) やろーか?     (APC) JAPAN AIR 123

    59秒 (COP) はい (ACC) JAPAN AIR 123 (COM)
  54分00秒       (ACC) できましたら

    01秒          119.7に

    02秒          変えてください

    03秒 (CAP) はいひだり      (APC) ……mitting.

    04秒    レフトターン        If you reading,

    05秒 (COP) はい            if you reading

    06秒 (F/E) はい119           come up

    07秒 (CAP) レフトターン        frequency

    08秒 (F/E) 119.7です

    09秒          (APC) 1197

    10秒             or,

    11秒             we are already

    12秒             openly any

    13秒             frequency

    14秒             TOKYO

    15秒             APPROACH out.

    16秒          (COM) [社用無線呼出音 停止]

    17秒

    18秒

    19秒 (F/E) ジャパンエア123

    20秒    えー119.7

    21秒    セレクトしました

    22秒 (CAP) リクエストポジション

    23秒 (F/E) リクエストポジション

    24秒

    25秒 (F/E) えージャパンエアー

    26秒    123リクエストポジション?

    27秒

    28秒

    29秒

    30秒            (APC) JAPAN AIR 123 your

    31秒               position 5

    32秒               ah - 5

    33秒               45

    34秒               miles north

    35秒               west of

    36秒               HANEDA.

    37秒

    38秒 (F/E) ノースウエストオブハネダ

    39秒    えー (CAP) ……  (YOK) JAPAN AIR ONE

    40秒 (F/E) あー えー       TWO THREE JAPAN

    41秒    何マイルですか?    AIR ONE TWO THREE

    42秒       (APC) はい  YOKOTA APPROACH on guard.

    43秒               そのとおりです      

    44秒               こちらのレーダーでは

    45秒               55

    46秒 (CAP) あたま下げろ     マイル ノース

    47秒               ウエスト

    48秒 (?) ……          おー

    49秒               熊谷から

    50秒 (COP) かじいっぱい     あー

    51秒               25マイル

    52秒               ウエストの

    53秒               地点です

    54秒               どおぞー

    55秒 (F/E) はい了解

    56秒 (F/E) 熊谷から25

    57秒    マイルウエスト

    58秒    だそうです

    59秒               (YOK) JAPAN AIR ONE

  55分00秒                  TWO THREE JAPAN AIR

    01秒 (CAP) フラップおりるね?     ONE TWO THREE

    02秒          YOKOTA APPROACH CONTROL on guard.

    03秒 (COP) はいフラップ            
    04秒    じゅう            If you hear me

    05秒            (APC) JAPAN AIR 123       
    06秒               日本語で申し上げま

    07秒               す こちらのほうは

    08秒               アー アプローチ

    09秒               いつでも

    10秒               レディになっております

    11秒               なお

    12秒               横田と調整して

    13秒               横田ランディング

    14秒               もアベイラブルに

    15秒 (CAP) あたま上げろ     なっております

    16秒 (F/E) はい了解しました

    17秒 (CAP) あたま上げろ  

    18秒               
    19秒 (CAP) あたま上げろー

    20秒

    21秒

    22秒

    23秒

    24秒

    25秒

    26秒

    27秒 (CAP) あたま上げろ

    28秒              (YOK) JAPAN AIR ONE

    29秒                 TWO THREE JAPAN

    30秒                 AIR ONE TWO THREE

    31秒                 YOKOTA APPROACH

    32秒                 CONTROL on guard.

    33秒                 If you hear me, come up

    34秒 (COP) ずっとまえからささえてます     

    35秒                 121.5

    36秒
    37秒
    38秒  
    39秒

    40秒

    41秒 
    42秒 (COP) パワー                

    43秒 (CAP) フラップとめな      (APC) JAPAN AIR 123

    44秒                    JAPAN AIR 123.

    45秒 (?) あーっ               If reading

    46秒                     your radar position

    47秒 (CAP) パワー  (CAP) フラップ

    48秒    みんなでくっついちゃだめだ     50

    49秒 (COP) フラップアップフラップアップ   miles,

    50秒    フラップアップフラップアップ    correction

    51秒 (CAP) フラップアップ (COP) はい    60 miles

    52秒                      northwest

    53秒                      of HANEDA.

    54秒                     Northwe

    55秒                     ah - 5 mile

    56秒 (CAP) パワー!             50

    57秒 (CAP) パワー!             nautical mile

    58秒 (CAP) フラップ!            north west

    59秒 (COP) あげてます!!!         of HANEDA.

  56分00秒

    01秒

    02秒

    03秒

    04秒 (CAP) あたま上げろ!

    05秒

    06秒

    07秒 (CAP) あたま上げろ!!

    08秒

    09秒

    10秒 (CAP) パワー!

    11秒

    12秒 (火災警報音1秒間)(社用無線呼出音1秒間)

    13秒

    14秒 (GPWS) SINK RATE

    15秒

    16秒 (GPWS) WHOOPWHOOP

    17秒 (GPWS) PULL UP

    18秒 (GPWS) WHOOPWHOOP

    19秒 (GPWS) PULL UP

    20秒 (GPWS) WHOOPWHOOP

    21秒 (GPWS) PULL UP (CAP) ……

    22秒 (GPWS) WHOOPWHOOP

    23秒 (GPWS) PULL UP <<衝撃音>>

    24秒 (GPWS) WHOOPWHOOP

    25秒 (GPWS) PULL UP

    26秒 <<衝撃音>>

    27秒

18時56分28秒 合掌



こんな長文を最後まで真面目に読みたがる貴方にはこちらのページ
http://imholdings.jp/123/index.html

Get Macromedia Flash Player

フィクション小説,プロット,ゴーストライター,論理学, 論理, 演繹, 弁証法, ロジック, 解析, 研究, 調査

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事