つけもののブロマガ

クローン病と痔瘻と私 その②

2014/01/15 19:15 投稿

  • タグ:
  • クローン病
  • つけもの(絵師)


………しかし、その検査の結果、衝撃の事実が判明するのであった――――



・・・・とか前回思わせぶりに終わりましたが、タイトルからして既にネタバレですよね。

そう。タイトルの通り私はクローン病だと診断されました。



クローン病・・・耳慣れない病名ですよね。実際私もここで初めて知りました。

どうやら近年になって名づけられた病気らしいのですが… 



その症状の主な特徴として

原因不明(遺伝的要因、食生活の欧米化が関係あり?都市部在住に多い)

②胃から腸全域にかけて潰瘍や腸炎、あと痔瘻を高確率で併発する

不治の病である


……だそうです。


私の痔瘻はどうやらこいつが原因だったようですね。




ていうかなんだこの病気。



不治の病とかどういうことなの・・・・

原因が分からないから現代医学では完治させる方法がない、

とうことらしいですが…

なんじゃそりゃぁ・・・・・・・!!



俺が何したってんだよ・・・ひどい・・・ひどすぎる・・

嘘だ‥‥‥夢だろ‥‥これ‥‥夢に決まってる‥‥‥‥‥!


ところがどっこい・・・・夢じゃありません・・・・!現実です・・・!これが現実・・・!



まぁカイジごっこは置いといて、実際のところ完治方法がないので、
食事制限で症状をおとなしくさせとくしか対処法がない。

というのが現在の状況です。

なんだよもうくっそぅ。


まぁ私の場合は程度が軽いほうなので、流動食しか食えねぇ、とかそういう事は
ないのが不幸中の幸いですね。すでに幸いではないけど。


んで、痔瘻の方ですが例のトンネルを塞ぐ手術をすることになりました。
(ちなみにもう1か所小さい痔瘻が見つかり計2か所)

今回行われるのはシートン法という手法です。


簡単に説明しますと、肛門からそのトンネルにゴム紐を通して
キュッと輪っかにして結ぶ、という方法ですね。


んで、それを定期的(2週間ぐらい)にきつく締めていくことにより
トンネルがちょっとずつ短く切れながら治っていく・・・

ということらしいです。



んで最終的にはそのゴム輪部分は極小になって、ポロッと取れてしまう
らしいです。早ければ2か月程度、最長では1年半もかかった人もいるらしい
ですが、1回の処置でゴムをどれだけ締めるかによって変わってきます。


そら痛いからってちょっとしか締めんかったらその分時間はかかるわな。



ここまで何を言ってるかよく分からないかもしれませんが、
私もよくわかってませんでした。(バーン)


いやだってグルッと通してるんだからトンネルがどれだけ短くなっても最後に
肉の壁というかそういう部分(うまい言い方が出てこない;)が残るから
ポロッと取れたりしないんじゃねーの?

とか思ってましたが


この間小さい方のゴムが取れました!(*^▽^*)


おそらくですが、締めることにより切れながら治る、というのは
肉壁的なそういう部分も切れ、「徐々に薄くなっていた」のでは
ないいでしょうか。

それが極限まで切れ薄くなっていたのならば、最終的に輪の内に残るのは
薄皮程度のわずかな部分でしかなく、最後は大きな痛みもなく
取れてしまう、ということだったのではないかと予想します。


いやホント、予想以上にポロッと取れてビックリしました。


もう1か所のほうも近いうちに取れるといいなぁ・・・

いまは多少痛みが増えてきたので、最後の壁が切れかかっているんじゃないかと
予想してるんですが。はよ取れろ!


実際このゴムかなり不便なんですよね。

立ち仕事してると、ゴムの結び目とその先の出てる部分がこすれて超痛いし、
何より座っても痛いので長時間座れないんですよ。



長々と語ってきましたが、この辺が生放送できない要因だったりします。
座れないってのは想像以上にキツい・・・! 絵も描けないしね。


あと普通に暮らしていれば問題ないんですが、ふとゴムに思考を回すとヤバいです。

「異物が自分の中に埋め込まれていて、それを確認できる」

っていう状況は考え出すとかなり精神が不安定になります。すごい気持ち悪い。




例えば自分の腕の表面にコードやボルトなどが埋め込まれていたらどうでしょう?
きっと異物感や嫌悪感がすごいと思います。


おそらく本能的に引っこ抜いてしまいたいと思うのではないでしょうか。



まぁそんな感じで取ってしまいたい気持ちに襲われたことが何度かありますが、
さすがにそんなことをしたら大惨事です。えらいことになるわ。



なのでなるべく考えないようにしてます。こわいこわい。



それ故に、ゴムが1個取れた時はものすごい解放感でしたね。


半分だけですが、まっさらな自分の肉体だけ、というのはものすごい安堵感を
与えてくれました。異物が消えた感覚。
長い間していた手錠を外されたのと同じようなものかもしれません。


知らんけど。


まーともかく、痔瘻に関しては完治も近いので、治ったら本格的に生放送を
やっていこうと思います。よろしければそれまでしばしお待ちを……


クローン病がある限り再発の可能性は高いですが…クローン病に関しては
もう治んないんでね。だましだまし付き合っていこうと思います。



こうなって思ったことは、健康な身体は何にも代えがたい宝だということです。


もしドラゴンボールが手に入ったら「生涯健康な身体」を願うと思います。
不老不死なんて病気になったらキツいだけだし金がないと生活できんよ!




皆さんも健康にはお気を付けください。それでは!(=゚ω゚)ノ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事