カタツムリ のコメント

カタツムリ
No.45 (2013/01/30 18:50)
縛りプレイが苦しいと感じる人がいるとは思わなかった。

全力でやってぎりぎり勝てる、やりがいのあるゲームはなかなか出会えないけど
ぬるいゲームで敵キャラの力を出し切って勝のは出来のの悪いキャラゲーでもできるから良くやっていた。

PC98のアクションRPGサークで木精相手にぎりぎり勝てるレベルで挑むのが大好きな遊び方だった。
レベルをカンストさせてもなかなか勝てなかった(サークはレベルカンスト後からアクションゲームになる)
サークのラスボスも興奮したけど縛りプレイして見習い勇者になりきった木の精戦もま負けないぐらい印象深い

スパロボで一キャラ集中改造や命中・回避の100%を嫌う遊び方は(演出の結果が予想できるのがいやなのだ)
civ2で感じた面白さと異質なのも確か、俺はゲームではなくRPをやっていたのかもしれないな。

このコメントは以下の記事についています