n.B いぬわし のコメント

n.B いぬわし
No.140 (2013/02/01 03:48)
「バランスブレイカー」という言葉は実に深いものですね。重要なポイントでしょう。

以前ですが、ひろゆきさんは「最適化した状態っていうのが,極端であればあるほど面白い」と言ってます。
(http://www.4gamer.net/games/015/G001538/20080301003/)
スパ帝さんも、『「動作」と「報奨」の不一致こそゲームバランスの穴である。』と言ってますね。
ひろゆきさんも、スパ帝さんも、同じ事を言ってるのでしょうか。
つまり「常に完全なものはない」という。
それでつー助教授さんも 「ルール上許されているあらゆる手段」こそゲームの美味しいところ、と。

「水はひび割れを見つける」。突かれたような気がします。
例えば自分は、シムシティとかプレイして、アルコロジーが打ちあがれば終わりってのは寂しいですね。
『リスクを最小にせよ、どの選択肢が良いか考えろ。』『ゲームの終着点は退屈であり楽しみではない。』
街を作る市長をして、なるほど、と思ったところです。つまり「バランスブレイク」が多ければ多いほど面白い、と。
なので「使えばいい」とか「使わなきゃいい」と、自ら考えるのは思考停止(=終着点)なんだろうと。

このコメントは以下の記事についています