音楽プロデューサー 津田直士の 「人生は映画 主人公はあなた」

【新連載】 津田直士エッセイ 『想いのすべて』 010 YOSHIKI CLASSICAL SPECIALを観て・・・②

2016/12/18 19:42 投稿

  • タグ:
  • YOSHIKI
  • WeAreX
  • 想いのすべて
  • XJAPAN
  • 津田直士



Visual Japan Summitに続き、今回 YOSHIKI CLASSICAL SPECIALを観て、僕はある想いをさらに強くした。

その想いとは、エンターテイメントの世界の中ですら突出して見える、YOSHIKIの大きく豊かな人間性だ。

音楽、つまり芸術を生みながら、多くのファンを持つ人気者という期待に応えながら、YOSHIKIが日々何を想い、どこへ向かっているのか、自分とその周りのあらゆる人たちをどう観て、その人たちと、どう接しているのか。

それは、YOSHIKIのパフォーマンスやインタビュー、活動の方針や打ち出す新たな予定などから感じ取ることができる。

例えば、それらの中で特に分かりやすいパフォーマンスの場合なら、ファンにも、あるいは初めてYOSHIKIのパフォーマンスを観る人にも、その人間性はきちんと伝わるようだ。

実際、これまでYOSHIKIの生演奏に触れたことのなかった僕の知人は、コンサートを観たあと、「YOSHIKIさんが神さまみたいに見えた」という感想を話してくれた。

Visual Japan Summitの場合も、ファンだけでなく多くの若いバンドメンバー達にとって、その姿や存在が神さまのようだった、という感想は多く見受けられた。

そして僕の場合は、国内のテレビ番組に出演している姿を観る時、最もその人間性が際立って見えてしまう。
YOSHIKI以外のあらゆるアーティストやタレントとの違いが浮き彫りになるからだ。



その、あたかも神さまのように見える、YOSHIKIが突出して持つ大きく豊かな独特の人間性が、一体どこから生まれたのか・・・。

国際フォーラム公演を観ながら、僕は改めてひたすら考え続けた。

なぜなら、奏でられる美しい音楽と、気さくにありのままを見せてくれるMC、そして演奏と共に心を打つ映像の数々が、今のYOSHIKIの人間性がそのまま投影されていると感じたからだ。

涙を堪えながら、YOSHIKIの半生を音楽と共に感じているうちに、決して色褪せない悲しみや苦しみを抱えながら、YOSHIKIがどのようにして輝く未来に辿り着くことができたのか、その理由をどうしても知りたくなったのだ。
 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

音楽プロデューサー 津田直士チャンネル

音楽プロデューサー 津田直士チャンネル

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細